テニス 練習

その他

テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

3月・4月は出会いと別れの季節。

テニス部でも引退試合から新入生の入部・・・など、色々なことがありますよね。

特に新入生は、一番高いモチベーションで、アナタの部活に入ってくることと思います。

そこで先輩としてぜひ、教えてあげて欲しいことをまとめてみました。

試合で勝つ為には、まず一人のテニス選手として当たり前のことを徹底したい。

アナタ自身を顧みてみる、良い機会にもなるかと思います。

 

テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

 


 

1.用具は大切にする

テニスでは、部活よりも個人で所有する用具が多い。

ラケットにウェア、シューズ、こういった用具を大切に出来ない人は、まず試合で勝てるような選手にはなれない。

しっかりとメンテナンスの方法から、シューズであればコートサーフェスに合ったものがある点まで、教えてあげましょう。

学校での部活、テニスをするにはどうしてもお金がかかってしまう部分はあります。

用具を大切にして、サポートしてくれる人への感謝の気持ちも新入生には教えてあげる必要があります。

 

2.ボール1つを大事にする

練習でよく見かけるのが、部活終了後にボールが拾い切れていないケース。

練習中に遠くに飛んで行ったのに、追いかけていかない・・・ようなチームは、到底試合にも勝てません。

ボール1つ、どれくらいの価値があって、なぜ大切にしないといけないのか。

アナタ自身の言葉で、新入生にしっかり説明してあげて下さい。

 

3.テニスは危険なスポーツであるという意識

どんな競技にも危険は付き物。

特にテニスはサーブやストロークでスピードも出やすいので、練習中にコートから目線を離してはいけません。

球拾いしているときにも、常に注意しておかないと眼に当たって大けがに・・・なんてことも、新入生にはよくあります。

ラケットを振るときに、近くにいるのも危険。

こういった基本も、入部の際にしっかり伝えておくことは先輩部員の役目です。

 

4.部内での競争意識を持つ

楽しく、みんなでテニスをする為にも、大事なのは競争意識です。

当然身体能力や、経験値によって実力差はあるでしょうが、誰もが練習でしっかり頑張ってレギュラーを目指す。

この雰囲気を作って新入生に伝えるのは、入部してすぐが一番です。

入部早々に、「どうやっても試合には出れない、球拾いとランニングばっかり・・・」と思わせては、もったいない。

改めて、部内でのルールや仕組み、雰囲気を確認してみましょう。

 

5.テニスは仲間ありきのスポーツ

よく個人競技だから、「自分が上手くなればそれで良い!」と考えて入部してくる人がいます。

もちろん完全に間違いでは無いのですが、テニスは実は団体競技の側面もあります。

レベルアップには、チーム全体の底上げが不可欠。

その為に、一人一人がチーム全体に貢献する、練習を行うことで影響し合っていることを意識しておくことが大事。

先輩として、なぜその考えが必要なのかを、ぜひ新入生に伝えてあげて下さい。

 

今回は、具体的なことよりも前提の部分で書かせて頂きました。

「そんなの分かってるけど、いちいち教えるのなんて面倒・・・」と思った人、それもそうだと思います。

ですが、テニスの試合に勝ちたいとアナタが考えているのであれば、新入生が成長してくれるのが一番近道かも知れまん。

彼らは、真っさらな状態で入部してきます。

ぜひ、「あの先輩がいて良かった」と思えるようなサポートをしてあげて下さい。

きっとアナタのテニス人生の中でも、財産になるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. + POWER CUP について

関連記事

  1. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようになる簡単な練習方法とは…

    テニスの技術において、「コースを打ち分ける」というのは簡単そうで難しい…

  2. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問われます

    トッププロの試合を観ていると、特に男子テニスなんかはサーブのスピードが…

  3. テニス アップ

    その他

    試合前のウォーミングアップで反応を鍛えるには、「後出しジャンケン」が最高にオススメです

    試合前のウォーミングアップ、皆さんはどんな感じで行ってますか?…

  4. テニス 練習
  5. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう

    試合で激しく体力を消耗したときのこと、アナタは覚えていますか?…

  6. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく

    みなさんの周りにも、いつも人が集まって、テニスも含めて色々なことが「良…

特集記事

  1. 戦術

    実力で勝負、その実力とは?
  2. テニス 評価

    その他

    テニスの世界だけでなく、「自分の評価は、他人が下すもの」という覚悟を持っておけば…
  3. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっ…
  4. サーブ

    テニスのおけるサーブの基本は、「前足は動かさない」からフットフォルトを防げること…
  5. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
PAGE TOP