テニス 練習

その他

テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

3月・4月は出会いと別れの季節。

テニス部でも引退試合から新入生の入部・・・など、色々なことがありますよね。

特に新入生は、一番高いモチベーションで、アナタの部活に入ってくることと思います。

そこで先輩としてぜひ、教えてあげて欲しいことをまとめてみました。

試合で勝つ為には、まず一人のテニス選手として当たり前のことを徹底したい。

アナタ自身を顧みてみる、良い機会にもなるかと思います。

 

テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

 


 

1.用具は大切にする

テニスでは、部活よりも個人で所有する用具が多い。

ラケットにウェア、シューズ、こういった用具を大切に出来ない人は、まず試合で勝てるような選手にはなれない。

しっかりとメンテナンスの方法から、シューズであればコートサーフェスに合ったものがある点まで、教えてあげましょう。

学校での部活、テニスをするにはどうしてもお金がかかってしまう部分はあります。

用具を大切にして、サポートしてくれる人への感謝の気持ちも新入生には教えてあげる必要があります。

 

2.ボール1つを大事にする

練習でよく見かけるのが、部活終了後にボールが拾い切れていないケース。

練習中に遠くに飛んで行ったのに、追いかけていかない・・・ようなチームは、到底試合にも勝てません。

ボール1つ、どれくらいの価値があって、なぜ大切にしないといけないのか。

アナタ自身の言葉で、新入生にしっかり説明してあげて下さい。

 

3.テニスは危険なスポーツであるという意識

どんな競技にも危険は付き物。

特にテニスはサーブやストロークでスピードも出やすいので、練習中にコートから目線を離してはいけません。

球拾いしているときにも、常に注意しておかないと眼に当たって大けがに・・・なんてことも、新入生にはよくあります。

ラケットを振るときに、近くにいるのも危険。

こういった基本も、入部の際にしっかり伝えておくことは先輩部員の役目です。

 

4.部内での競争意識を持つ

楽しく、みんなでテニスをする為にも、大事なのは競争意識です。

当然身体能力や、経験値によって実力差はあるでしょうが、誰もが練習でしっかり頑張ってレギュラーを目指す。

この雰囲気を作って新入生に伝えるのは、入部してすぐが一番です。

入部早々に、「どうやっても試合には出れない、球拾いとランニングばっかり・・・」と思わせては、もったいない。

改めて、部内でのルールや仕組み、雰囲気を確認してみましょう。

 

5.テニスは仲間ありきのスポーツ

よく個人競技だから、「自分が上手くなればそれで良い!」と考えて入部してくる人がいます。

もちろん完全に間違いでは無いのですが、テニスは実は団体競技の側面もあります。

レベルアップには、チーム全体の底上げが不可欠。

その為に、一人一人がチーム全体に貢献する、練習を行うことで影響し合っていることを意識しておくことが大事。

先輩として、なぜその考えが必要なのかを、ぜひ新入生に伝えてあげて下さい。

 

今回は、具体的なことよりも前提の部分で書かせて頂きました。

「そんなの分かってるけど、いちいち教えるのなんて面倒・・・」と思った人、それもそうだと思います。

ですが、テニスの試合に勝ちたいとアナタが考えているのであれば、新入生が成長してくれるのが一番近道かも知れまん。

彼らは、真っさらな状態で入部してきます。

ぜひ、「あの先輩がいて良かった」と思えるようなサポートをしてあげて下さい。

きっとアナタのテニス人生の中でも、財産になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

  2. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  3. その他

    1人1,000円の、学生草大会の意義

    Twitter上では、アンケートと告知をさせて頂きました。今…

  4. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

  5. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  6. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です

    テニスというスポーツは、常に相手と駆け引きしながら進めていく競技。…

特集記事

  1. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドを極めたいなら、パッシングショットは避けて通れない
  4. サーブ

    今のサーブは「センター?ワイド?」が中途半端な人は・・・?
  5. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!…
PAGE TOP