テニス サーブ

その他

テニスの試合中、「ファーストサーブをフォルトしたボールはどこまでよける?」は、ハッキリさせておくことが一番!

ダブルスの試合で、こんな場面を最近見ました。

試合後、ペアの雰囲気が何だか険悪なムードに・・・話を聞いてみると、「ファーストサーブのボールをよけ過ぎ、間を空けたくなかったのに」と、片方のペアが怒っている様子。

うーん・・・でも避けておかないと、邪魔だし失点にも繋がる気がしますよね。

こういった細かい部分、皆さんはどうしてますか?

 

テニスの試合中、「ファーストサーブをフォルトしたボールはどこまでよける?」は、ハッキリさせておくことが一番!

 


 

■基本的には、自分のコートのボールはしっかりよけておく

ファーストサーブが入らなかった場合、そのボールはしっかり避けておく。

ポケットに入れるのが一番ですが、ネット際や後ろに置いておいてもOK。

この「邪魔にならないであろう」というレベルは、人によって個人差があります。

長年組んでいるペアなら別ですが、まずはハッキリと避けておくと間違いは無いでしょう。

 

■セカンドサーブの間を空けたくない、は誰しも同じ

自分のペアがサーブを打っているときは、ファーストサーブをフォルトしてセカンドサーブを打つ前の間隔はなるべく短くしてあげたい。

そのあたりのサポートは、アナタ自身しっかり行いましょう。

ネットにかかったボールは少しでも早く片づける。

こうした少しの思いやりが、ペアの活躍を生むサポートにもなります。

 

■マナー違反になるような間の取り方はNG

少し話がそれるかも知れませんが、意図的に相手のサーブの間隔を空けようとする人がいます。

これはハッキリ、マナー違反です。

隣のコートにフォルトして飛んで行ったボールは、すぐに取れなければセカンドサーブを打たせてあげましょう。

あまりに間が空くと、ファーストサーブから打てる権利がサーバーにはあります。

セルフジャッジですと難しい部分ですが、しっかり意識して試合に臨んでみて下さい。

 

「こんな細かいことまで、打ち合わせしておくの?」という感じですよね。

これはしっかり、「ペアの好みを感じ取る」という方が大事です。

テニスは人それぞれ、好みや特徴があり、それを気持ち良くプレーで活かしてもらう為に、自分が何をできるか。

ボールの処理の仕方一つですが、テニスは細かい部分が大切なスポーツ。

初対面のペアと組む機会もあるかも知れませんので、ご参考までに・・・。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について

    俺はもともとテニススクールのコーチをずっとやってきたんだけど、その中で…

  2. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

    毎日寒くなってきて、外でやる部活やサークルもちょっと億劫になってしまい…

  3. その他

    一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立ち止まってみる

    普段一緒にテニスを練習している仲間は、アナタから見て上達できていますか…

  4. テニス Q&A

    その他

    テニスの試合で「大声を出して威嚇してくる相手」が苦手・・・という方は、少し視点を変えてみましょう

    学生やジュニアの大会では、1ポイント毎に「大声を出して相手を威嚇する」…

  5. その他

    「君はパワーポジション、を知っているか?」テニスの基本となる姿勢を覚えよう!

    テニスには「構え」の態勢がとても大事。良い「構え」こそ、最高の…

  6. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い
  2. テニス センス

    その他

    「テニス中のBGM」は試合中に流れてますか?
  3. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る
  4. その他

    高校生のテニス部員なら、インターハイより全日本ジュニアより「全国選抜高校テニス大…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か
PAGE TOP