テニス 大学

メンタル

オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

日本では、どうしても練習と試合の中心はオムニコート。

ですが重要な全国大会は有明や関西のうつぼなの、ハードコートでの試合が多い。

このギャップは普段から意識して埋めておかないと、試合で勝ち抜くことが難しくなります。

 

オムニコートでの練習に慣れていると「ハードコートでの重いボール」に苦労することになります

 


 

■オムニコートではどうしてもフラット系ストローク主体になってしまう

オムニコートではバウンドが弾まない、吸収されてしまうので、フラット系のストロークが有利になりがち。

世界では重いトップスピンが主流なのに、日本独特の文化が弱さを生んでしまいます。

サーブもハードコートではより強力に・・・。

アナタ自身、しっかりスピンで相手を押し込んでいく意識を常に持たないといけません。

フラット系のショットも時には必要ですが、安定感が劣ってしまうのは事実なのです。

 

■スライディング技術に頼り過ぎないこと

オムニコートやクレーコートでは、足を滑らせてボールに入るフットワークが使えます。

もちろん大事な技術ですが、ハードコートではより細かいフットワークが求められ、脚力も必要なってきます。

しっかりコートを蹴ることで、ハードコートではよりボールに力を伝えることもできる。

普段のオムニコートでの練習でも、地面から力をボールに伝えるような下半身の動き、働きは意識しましょう。

 

■打点を落として打つことに慣れていると、ハードコートでは押され続けて勝てない

オムニコートでは粘り強い選手が勝ち上がることもできる。

だからこそ打点を落とす、返球確率を高くすることで安定感を保っていますが、ハードコートではそういった対応が難しい。

少しでも待ってストロークしていると、バウンド後のボールに押されて打点も遅れてしまいます。

だからこそ、普段から打点を前、ライジングショットも打てるような意識を強く持っておく必要があります。

 

やはり、意識してハードコートでの練習機会を増やすことが一番大事。

外部の草トーナメントに出たり、少し遠い公営コートでも月に1回くらいは仲間と確保して練習しましょう。

こういった準備をしている、という自信は試合でも大きな助けになってくれるはずです。

大事な試合は、ハードコートであるもの。

底での勝利を常に意識して、日々準備しておくようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ボレー

    メンタル

    「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

    最近ではオムニコートがだいぶ増えてきましたが、元々日本に多かったのはク…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  3. メンタル

    コンプレックスしか、本物のエネルギーには成り得ない

    みなさんが今、何かに苦手意識を持っているのなら。それは、大きな…

  4. テニス 時間

    メンタル

    目の前で崩れていく相手に、「自分はそうならない」という強い意志を持てるかどうか

    試合の中で、自分自身を強く持てるかどうか。それは、こういう場面…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い

    私は、断言します。テニス選手として必要なこと。それは、…

  6. メンタル

    テニスの試合、「自分が苦しいときは、相手も苦しい」のだから、乗り越えた選手が勝つのは当たり前

    テニスの試合、弱い人は思考に特徴がある。「苦しいのは、自分だけ…

特集記事

  1. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバラ…
  3. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になること…
  4. テニス ストローク

    ロブ

    試合で使えるロブはもっと、ラケットを振って良い
  5. テニス 練習

    ストローク

    ライジングショットをふかさない為には、「ラケットを持つ腕の肘の位置を高く」意識す…
PAGE TOP