テニス ボレー

メンタル

テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。

それを見せてもらったときには、凄いな・・・と思うと共に、この選手は大変だな・・・とも少し思いました。

自分を責める内容は非常に立派ではありますが、でも敗因を分析し過ぎてもキリが無い。

何にでも理由を無理やり付けていってしまうような感じに、アナタもなってはいませんか?

 

テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

 


 

■試合の敗因の分析は、ほどほどに・・・

試合に負けた原因を探ることは、もちろん大事。

ですが、きっとその敗因は、突き詰めていくとどんなことにも当てはまる。

食事の準備、トレーニング、作戦の失敗・・・もっと言えば機能性の高いウェアがあれば体力の消耗が防げたかも・・・という部分まで。

本当にキリが無いでしょう。

大事なのは、アナタ自身が敗因の本質を絞って見極めること、です。

 

■問題の本質は、シンプルな1点に辿り着くはず

私の場合、試合に負けた敗因を分析してみるとこんな感じの内容が多かった。

・大事なポイントで、守りに入った

・序盤に何となくで試合に入って、フワッと0-3になってしまった

・ガッツポーズなどの、自分を盛り上げる工夫が無かった

これらの敗因は、まとめると「自分で自分を動かす、勇気が無かった」ということ。

普段の練習から、どこか周りの目ばかり気にして、アグレッシブに自分から攻撃的なプレー、言動が出来ていないから試合に負けたということ。

つまり、敗因はすべてつながっていることのほうが多いんだと、私は思います。

その根本となる「本質」の部分を気付いて、改善していくこと。

これが一番、テニスの上達には重要な部分だと思います。

 

■実際に良かった部分まで、「敗因」にしてしまうこともある

チャレンジしている部分、皆さんの中でもたくさんあるはずです。

ネットプレーが苦手だからこそ、今トライしている方は、敗因とは分けて考えたい。

つい敗因の分析に力が入ると、実際に良かった部分まで「敗因」に見えてきてしまうのが怖い。

敗因の中には、根本的に変えていくべき本質につながる敗因と、無視しても良い敗因、があることを覚えておいて下さい。

 

敗因の根本となる部分、にメスを入れていくのは大変な作業です。

私自身、自分の弱い部分をいまだに、克服出来ているとは言えません。

ですが、少なくとも自分で弱い部分を知れているので、最大限敗因にならないような努力は出来る。

アナタも試合後の敗因分析は、シンプルに本質となっている部分を探してみる。

そこから始めてみませんか?

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. + POWER CUP について
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にしたい

    いつものテニスの練習、皆さんはどんなメンバーで行っていますか?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの練習でストレスを溜めない」為に必要な4つの考え方

    テニスの試合に勝ちたい。そう考えると、練習にも緊張感が生まれる…

  4. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

    先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。「先輩との試合では…

  5. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている

    テニスの試合の場で、意識したいこと。私は常に、これを自分なり…

  6. メンタル

    テニスで変わりたいなら、モノと環境に頼れ

    テニスが強くなりたい、過去の自分から変わりたい。そう考えてい…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合では、打った瞬間に「自分のボールと決別する」強い意志が必要!
  2. その他

    「こらぁ!!水、飲むなぁ!!」時代の部活も今や昔・・・
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「高いバウンドで繋ぎは任せろ!」と言えるようになれば、確実に強くなる!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと
  5. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ため…
PAGE TOP