テニス 環境

メンタル

強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。

最近ブレイク中の杉田選手ですが、去年のウィンブルドンは・・・覚えている方も多いでしょう。

あの話題になった、地元のテニスコーチとして勝ち上がった「マーカス・ウィリス選手」。

そのシンデレラストーリーのスタート、予選1回戦の対戦相手は杉田選手でしたね。

一部でニュースにもなってますが、この対戦が杉田選手を変えた、と言っても過言では無いと思います。

 

強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

 


 

1.人生には、節目となるテニスの試合は必ずある

私も経験がありますし、皆さんもきっとあるでしょう。

人生には、その節目となる試合が必ずある。

そう、杉田選手はまさに去年のウィンブルドンの予選1回戦、だったのかも知れませんね。

インタビューにも応えてましたが、ここで彼は「テニスコートに立てば、肩書きもランキングも実績も、関係無い」ということを、相手のウィリス選手から学んだ。

そう、強い選手は強い。

強いテニス選手が、勝ち上がっていく。

そこに肩書きやランキング、は何の意味も持たないということを、改めて知ったのだと思います。

 

2.素直さの無い選手は、絶対に強くなれない

ここで杉田選手が凄いのは、しっかり相手の強さを認めたこと。

そして、自分の弱さを受け入れたこと、でしょう。

素直な性格、テニスに対する真摯な姿勢が無い選手は、この節目を逆に捉えてしまって引退してしまうかも知れません。

「こんな選手に負けるなら、もう俺は終わりだな・・・」

「油断しただけで、次やれば・・・」

不思議なもので、こういう選手に神様は次、という機会を与えてくれない。

節目の試合と気付かずに、そのまま低迷期を伸ばしてしまうだけでしょう。

 

3.強い選手を強い、と認められる素直さはあるか?

皆さん、胸に手を当ててみて欲しい。

今までの試合、ネットを挟んで対峙した相手に対して、しっかりと強さを認めることが出来ていただろうか?

格下相手、のような試合で、自分は強い相手を受け入れることが出来ていたのか・・・。

これは、アナタの今後のテニス人生に大きく関わる問題です。

学生も社会人も、ベテランもシニアも関係無い。

対戦相手を認めること、が出来ない選手は結局自分も認められない。

きっと、ここを乗り越えたときに、本当に強い選手に生まれ変わるんだと思います。

 

一皮剥けると、こんなにも強いのか・・・と。

もちろん杉田選手だけじゃありません。

今まで積み重ねてきたことが、花開くときには一気に花開く。

それがテニスというスポーツの面白いところでもあります。

アナタにとっての節目の試合、それはもしかしたら、今週末かも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  2. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう

    ミスを引きずってしまう、自分のメンタルが大嫌いという人。これっ…

  3. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  5. テニス メンタル
  6. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている

    テニスの試合の場で、意識したいこと。私は常に、これを自分なり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    速くて低いショートクロスのストロークは、物理的に入らない
  2. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ
  3. テニス フットワーク

    戦術

    予測が当たったら攻勢に出ること、を忘れないように
  4. テニス

    日々の雑記

    僕らの試合は、オリンピックのそれとは違う
  5. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くな…
PAGE TOP