テニス 環境

メンタル

強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

杉田選手も、見事に初戦を突破してくれましたね。

最近ブレイク中の杉田選手ですが、去年のウィンブルドンは・・・覚えている方も多いでしょう。

あの話題になった、地元のテニスコーチとして勝ち上がった「マーカス・ウィリス選手」。

そのシンデレラストーリーのスタート、予選1回戦の対戦相手は杉田選手でしたね。

一部でニュースにもなってますが、この対戦が杉田選手を変えた、と言っても過言では無いと思います。

 

強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手

 


 

1.人生には、節目となるテニスの試合は必ずある

私も経験がありますし、皆さんもきっとあるでしょう。

人生には、その節目となる試合が必ずある。

そう、杉田選手はまさに去年のウィンブルドンの予選1回戦、だったのかも知れませんね。

インタビューにも応えてましたが、ここで彼は「テニスコートに立てば、肩書きもランキングも実績も、関係無い」ということを、相手のウィリス選手から学んだ。

そう、強い選手は強い。

強いテニス選手が、勝ち上がっていく。

そこに肩書きやランキング、は何の意味も持たないということを、改めて知ったのだと思います。

 

2.素直さの無い選手は、絶対に強くなれない

ここで杉田選手が凄いのは、しっかり相手の強さを認めたこと。

そして、自分の弱さを受け入れたこと、でしょう。

素直な性格、テニスに対する真摯な姿勢が無い選手は、この節目を逆に捉えてしまって引退してしまうかも知れません。

「こんな選手に負けるなら、もう俺は終わりだな・・・」

「油断しただけで、次やれば・・・」

不思議なもので、こういう選手に神様は次、という機会を与えてくれない。

節目の試合と気付かずに、そのまま低迷期を伸ばしてしまうだけでしょう。

 

3.強い選手を強い、と認められる素直さはあるか?

皆さん、胸に手を当ててみて欲しい。

今までの試合、ネットを挟んで対峙した相手に対して、しっかりと強さを認めることが出来ていただろうか?

格下相手、のような試合で、自分は強い相手を受け入れることが出来ていたのか・・・。

これは、アナタの今後のテニス人生に大きく関わる問題です。

学生も社会人も、ベテランもシニアも関係無い。

対戦相手を認めること、が出来ない選手は結局自分も認められない。

きっと、ここを乗り越えたときに、本当に強い選手に生まれ変わるんだと思います。

 

一皮剥けると、こんなにも強いのか・・・と。

もちろん杉田選手だけじゃありません。

今まで積み重ねてきたことが、花開くときには一気に花開く。

それがテニスというスポーツの面白いところでもあります。

アナタにとっての節目の試合、それはもしかしたら、今週末かも知れませんよ。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ

    まだまだ、こういう意識が強い人が多いみたいですので、改めて。特…

  2. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

    練習と試合の違い。私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  4. メンタル

    努力に必要なのは、勝算

    「テニスを頑張りたいけど、どうも続かない」「モチベ―ションが落…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選

    テニスは個人種目であり、メンタルトレーニングが重要なスポーツと言われて…

  6. テニス サイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. スマッシュ

    グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう
  2. テニス 上達

    戦術

    本当に疲れたときに出来るテニス、がきっとアナタの武器になる
  3. テニス 居場所

    サーブ

    「8割はダブルフォルトで崩れていく」ことを自覚出来てる?
  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    フォアハンドボレーでパンチ力を出したければ、「後ろではなく上」にラケットをセット…
  5. テニス ダブルス

    水分補給

    「夏本番!」になる前にテニスと汗の関係をしっかり覚えて対策しよう!
PAGE TOP