テニス 雪

メンタル

メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである

メンタルが弱い、試合に勝てない。

だからこそ、何かを変えないと・・・と思っている人も多いはず。

一度小手先、の話やテクニックを一切削除して考えてみませんか?

メンタルの強化って、やはり簡単な話では無いのですから。

 

メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである

 


 

1.小手先のテクニック、でメンタルは強くなる?

きっかけ、にはなるかも知れません。

メンタルトレーニング、メンタル強化のテクニック、テニスだけでなく色々は本やノウハウが世の中には溢れている。

でも、それはある意味きっかけにしか過ぎない。

自分のメンタル、心の強さを身に付けたいなら、まず「強い意志」が必要。

テニスとどう向き合うのか。

自分を変えていく覚悟があるのか・・・を、考えてこそのメンタル強化です。

 

2.アナタの生活そのものが、メンタルトレーニング

良い生活は、良いテニスを作る。

コートを離れた時間こそ、アナタの強いメンタルを養ってくれる。

テニスの試合に勝ちたい、そのメンタルを身に付けたいなら、何かを断つ、止めるという勇気も必要でしょう。

食生活や遊びの時間、何かをしっかり断つ、その時間をテニスに充ててみる。

その為には、強い意志が必要ですよね。

強い意志・・・が無いと、何も続かないし小手先だけのテクニック、で終わる。

それがほとんどの選手の、中途半端なメンタルトレーニングなはずです。

 

3.強い意志はテニス、を変えていく

上手い選手から、強い選手へ。

このステップアップは、アナタ自身でしか出来ない。

強い意志をもった選手になれるかどうか、は、そのままアナタの実力となり結果となるでしょう。

メンタルが弱い、と嘆いているなら意志を持つこと。

意志の無い選手に、強いメンタルは宿らない。

意志を持って、育てていく。

強く育てていく為に、明日からまた頑張っていきましょう!

 

メンタルトレーニングは、意志のトレーニング。

テニスの試合で本当に勝ちたい、強くなりたいなら、強い意志を持つこと。

何事にも・・・です。

自分の考え、をしっかり言葉に出来ること、周りに話せること。

それが大きな、第一歩になるはずです。

 

今回のまとめ

自分の意志を持つことは、強いメンタルへの第一歩

 

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ

    テニスを頑張る人、色々な性格のタイプがある。しゃべるのが本当に…

  3. テニス 客観視

    メンタル

    試合に負けた後のことなど、試合中に考えてはいけない

    試合で勝ち切れない人、に共通すること。私はプロの試合も審判台の…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の感情中心でテニスをしている人は、試合で勝てる選手にはなれない

    冷静に試合を進めているつもりでも、客観的に思い出してみると結構、こうい…

  5. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す

    今日の自分は、イマイチだ。そう感じたら、試合はどうですか?…

  6. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だということ

    「弱気は最大の敵」という言葉を残した、元プロ野球選手がいた。広…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    ショートラリーからライジングショット、が現代テニスの基本
  3. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない
PAGE TOP