テニス ダブルス

練習メニュー

テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。

そこをしっかりケアする実戦的な練習メニューです。

 

■人数:4~8人

■レベル:初級~上級

■目的:並行陣を相手にしたとき、自分達が雁行陣で浅いスペースを狙われたときの対応を磨く

 


 

【練習方法】

雁行陣対並行陣の形で行う練習。

サービスを打ってサーブ&ボレーから並行陣になったイメージで、雁行陣の後衛の前に浅いボールを返球したところからのラリー形式で行う。

この練習では、並行陣側のサーバーがシャドゥ(素振り)サーブを打って前にダッシュ、そのタイミングでコートの横から球出しをする。

その球出しを並行陣側の選手が浅くボレー、したところからスタートする。

相手側は浅いファーストボレーが来る!と分かっているので、しっかり前に入ってケアする。

そこからは自由にラリーでOK。

 

【発展練習】

①外からの球出しをスライス気味に出す。

ミックスダブルスで狙われがちな、リターン側の後衛が女性のパターンを想定した練習。

1球目からロブもOK、但し基本はクロスへサーバーの足元へ返球すること。

青の後衛が男性の場合、並行陣側は絶対にポイントを落としてはいけない。

ポイント形式の際にはサーバーが男性、リターンが女性の場合、青が負けたら-2点にしてプレッシャーをかけてやりましょう。

 

②外からの球出しを、ドロップショットのように浅く出す。

この際、並行陣側の前衛が取ってもOK。

判断を早く、声をかけて、赤の後衛は任せたらサイドチェンジしてカバーに入る。

ポイントは並行陣側の前衛の判断力。

「行くのか、行かないのか」「追い付いたらどこに打つのか」を意識して練習する。

リターン側のペアは慌てずに対応。

ポイント形式で行い、片方のペアが〇点取ったら全体でローテーション、または〇点先取という形で行う。

球出しの絶妙な精度が、ものすごく大事です。

 

【ポイント】

雁行陣にとって弱点は、後衛の前のスペース。

だからこそココをカバーできる技術は必ず必要になる。

追い付くまでは良いけど、その後にどういうボールを打つかのバリエーションが少ないと相手はとてもやりやすい。

「とりあえず前に打っておけば、こういう返球しか来ない・・・」と思われると、どんどん狙われる。

前を意識すると、深い球に対応できないという悪循環になりかねない。

前に走った後の選択としては、スライスは必須、そして是非スピンのショートクロス、ストレートを磨いてもらいたいです。

 

【メニュー作成者より一言】

「球出し役」を、皆さんはどの程度やったことがありますか?

普段スクールに通っている人はコーチがやってくれるし、サークルでの練習はラリーが中心・・・という方が多いと思います。

でもこの技術は、実はグループで練習するうえでものすごく重要。

特に今回のメニューでは、相手の前衛が取れるか取れないか・・・という微妙なところに出せればすごく良い練習になるが、甘いと簡単に赤の後衛のアプローチの餌食に。

 

この機会に是非、イメージした通りに「球出し」ができるように練習して下さい。

この練習メニューの球出しができるようになれば、そのボールが7割くらいは打てるようになったようなもの。

球出しこそ、実は一番良いショットの基本練習の一つなのです。

ピックアップ記事

  1. その練習を、疑おう
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス リターン

    練習メニュー

    人数が多いときに、「つなぎのストロークとボレーの基礎練習」がを同時に実践する練習メニュー

    人数が多い部活で、ストロークとボレーを両方練習したい。そんなと…

  2. 練習メニュー

    「心技体で練習効率を上げなさい」テニスの練習をいかに試合に近づけられるか工夫しよう

    当たり前だが、テニスの練習は上達に不可欠である。でもだからと言…

  3. 練習メニュー

    テニスの練習を、自らリードしていける選手になろう

    学生時代は、部活やサークルで練習。社会人からは、テニススクール…

  4. テニス 指導

    練習メニュー

    練習中に「ごめん」は、卒業しよう

    サークルでもスクールでも、練習中の口癖になっている方が多い。も…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「必要性を理解していない練習」は、ただの作業である

    人って、同じことの繰り返しが一番楽。慣れて、こなせて、頭も使わ…

  6. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー

    ダブルスの試合、レベルが上がってくると4人全員がネットに出る、4アップ…

特集記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    調子が悪いときのストロークを安定させるには、「速い準備でゆっくり振り切る」ことに…
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている
  3. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  4. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることで…
  5. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす
PAGE TOP