テニス メンタル

戦術

アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

練習でも団体戦でも、「アイツに任せておけば大丈夫!」と思われている選手、皆さんの周りにはいますか?

そんな選手は、どんなテニスの試合をしているのか。

そこに、アナタが結果を出せるヒント、があるはず。

頼られる選手、にアナタもなってみませんか?

 

アイツに任せておけば大丈夫!と頼られる選手は、どんな選手ですか?

 


 

1.頼られる選手には、理由がある

「アイツに任せておけば、大丈夫!」という選手、は何が違うのか。

具体的なプレースタイル、はもちろんですが、周りから観て「アイツで負けたら、仕方ない」というくらいの積み重ねをしてきているはず。

練習にしても、毎日しっかり周りの模範となるような頑張り、を実践出来ている人は信頼される。

当たり前だと思うかも知れませんが、頼られる選手は強い。

頼られると分かっている、自覚しているから、その選手も期待に応えようと頑張れる。

そしてまた結果を出して、信頼されるという良い循環、がそこにはあるでしょう。

 

2.プレーにブレが無い選手は、周りからも信頼される

ダブルスペア、としてもそうでしょう。

プレースタイルがブレない、しっかり意志がある選手は、味方として組んでいても戦いやすい。

迷いがあって不安そうな選手は・・・ペアとしても頼り無いですよね。

自分のプレーを、しっかり自分で理解しているかどうか。

準備と作戦に基づいて試合を出来ているかどうかは、アナタ自身ぜひ考えてみて下さい。

試合中の軌道修正、は必要な場面もありますが、しっかりブレないテニス、を貫くことが信頼される為の絶対条件です。

 

3.「自分に任せて欲しい」と、言葉にするのも効果的!

もしアナタが部活やサークル、で頑張っているのなら、言葉で伝えるのも有り。

人は、何か意欲を持っている選手に、何かを任せてみたくなる。

実力がそれに追い付いていく、というのがテニスでもよくある話。

「練習内容を任せて欲しい」と、口に出してみるのも信頼される良いきっかけになるでしょう。

口にすることで、人は責任感が生まれ、結果を出せるように本気で努力する。

「任せて欲しい」と言える心意気、アナタにはありますか?

 

人に任せる、というのは勇気が要る。

アナタがキャプテンだとして、団体戦の大事な場面を誰に任せるのか。

そしてその理由は、何ですか?

ちょっと考えてみると、テニス選手として必要な要素が見えてくるはずです。

 

今回のまとめ

日常生活から試合まで、ブレない努力を継続出来る選手が周りからも信頼される選手になれる

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要

    何となく、上手そうに見えないんだけど試合に強い人。そういう人っ…

  2. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の…

  3. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォー…

  4. テニス チャンス

    戦術

    4ゲーム1セット、3セットマッチをやってみよう

    どうも試合に慣れない、練習はマンネリ化している。こういうみなさ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「相手が無理した強引なショット」は捨てる意識も大事

    相手のナイスショットが決まって、ポイントが入る。そのナイスショ…

  6. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

    ダブルスの試合で、いかに前衛として活躍出来るのか。それは、どう…

特集記事

  1. テニス リーダー

    メンタル

    嫌われることを恐れている人は、「真のリーダー」にはなれない
  2. テニス 前衛

    ストローク

    「まだテニスのラリーに慣れない初心者の方」は、バウンド地点への近付き過ぎを止めて…
  3. メンタル

    「1セットマッチ5-2リードは要注意」テニスの試合で挽回されやすい原因を考えてみ…
  4. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利
  5. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです
PAGE TOP