戦術

決まらなくても、攻め続けることが大事

テニスの試合で、攻め切れない人。

意外と、多いと思いますよ。

大事なのは、この継続する意識でしょう。

テニスの試合、簡単にポイントは決まらない。

攻撃の手を緩めたくなる自分、をコントロールしないと強い相手には勝てないです。

 
 

欲しいポイントこそ、冷静に

冷静に、攻め続ける。

とにかく、簡単に終わらない、と考えておくことが大事です。

私の感覚なら、5回は連続攻撃、がテニスでは基本。

どこか、2~3回というイメージ、ありませんか?

ポイントを取り切るには、もっと長い覚悟が大事。

特に、欲しいポイントでは、ですね。

冷静にテニスをするのが難しい、絶対に取りたいポイント。

ここで攻撃を継続出来れば、試合で強くなります。

相手が折れる前に、自分が折れている

きっと、みなさんもこれだと思うんです。

相手がアナタ自身の攻撃で折れる前に、自分が折れている。

「まだ決まらないのか・・・」と思った瞬間に、ミスになります。

粘る相手からすると、こういう相手は楽ですよ。

攻撃が継続しない、連続攻撃が苦手そうな選手って粘り勝ちが出来る、と思えますからね。

相手が折れる前に、自分が折れていることに気付けるかどうか。

気付ければ、変えていける余地はあるはずです。

なぜ、連続攻撃が難しいのか?

私が思うに、それはポジショングの問題が大きい。

ずっとベースライン、後ろから攻撃していこうとするから、難しいしミスになる。

ちょっとずつ相手を追い込んでいるなら、どこかで前に入る、ポジションを上げないと連続攻撃って難しい。

だって、相手も反撃や挽回のチャンスを狙ってますからね。

同じ場所から強打、では相手も慣れる。

守備力が高い相手ほど、こういう順応する力は持ってますから。


同じショット、同じ場所からだから危険

なんです、この連続攻撃は。

意外と、相手にも効かないですしね。

連続攻撃が出来ない、ポイントが取り切れないのは、アナタのショットが同じことの繰り返しだから。

アナタ自身の自己満、になっている可能性が高いのがテニス。

少なくとも、試合で勝てる人はどんどんポジションを変えて、上げて来ますから。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

   

お勧めの練習法

ダブルスの試合形式で、「5球粘ったら、粘った側の勝ち」というルールで、試合形式をしてみましょう。

粘る側の選手は、絶対に簡単なミスをしない。

攻撃していく側は、5往復以内で仕留めるように連続攻撃をしていく。

ただし、3往復以内に決めることもNG、というルールでやってみて下さい。

つまりは、3~5往復で相手を仕留めることをイメージして、しっかりラリーしていく。

じっくり攻撃していくルール、の中で実戦的な感覚も養えるはずですよ。



ポジションを少しずつ変えながら、攻撃していく。

テニスは連続攻撃が基本、だからこそ、必要なのは意識改革。

同じ攻撃、ポジションからの攻撃は危険。

攻め続けることが大事ですが、これだけは忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、チャンスボールこそ「いつものレベルのショット」で打てば良い

    不思議と、テニスの試合では多くこんな場面を観る。チャンスになっ…

  3. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない

    悲しいですけど、これが現実だと思います。テニスの試合で、トーナ…

  4. テニス 練習

    戦術

    アグレッシブベースライナー、はそもそも難しいプレースタイル

    憧れるスタイル、みなさんもありますよね。ほとんどの人が好きなス…

  5. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう

    試合の中で、ぜひ意識して欲しいポイント。ポイントが終わった時に…

  6. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな

    試合が進んでいけば、勝敗が見えて来る。テニスの試合には、必ず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
  2. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「絶対勝つ!」と気負って挑むより、「良い試合をしよう」と考えて入る方が試合に勝て…
  4. ストローク

    ショートクロスのストローク、打点さえつかめば難しくはない
  5. サーブ

    サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう
PAGE TOP