ボレー

テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと

特に、私がネットプレーで意識していること。

テニスの攻撃って、勢いが大事。

それは、ボールの勢い、じゃないですよ。

人の動き、ネットでの威圧感と連動性。

これこそ、まさにテニスの醍醐味だと私は思います。

 

テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと

 


 

1.速いボールより、速い動きが・・・嫌!

じゃないですか?みなさん。

確かに速いボールを打って来る相手は脅威ですが、試合の後半には慣れます。

でも、ネットプレーで速い動き、が出来る選手やダブルスペアは・・・嫌!

これが一番プレッシャーですし、守備にずっと追われるような気になってしまう。

こういう攻撃の連続性、威圧感って、どこから生まれて来るものなのか。

コツはシンプルだと思いますよ。

 

2.ダブルスなら、パートナーが予測する、決める

連続攻撃が鋭いダブルスは、パートナーが連動している。

Aさんが攻撃していく前に、もうBさんがその攻撃を予測している。

だから必然的に2対1の状況が出来ますし、相手は逃げる場所が無い・・・。

逃げそうな場所、をBさんが消しているようなダブルス、強いですよね。

片方のペアが攻撃しているのに、ポジションを変えないでボーッとしている方、いませんか?

これではどこかで、攻撃は止まります。

連続性、を出していくには、予測とポジションの変化が不可欠ですから。

 

3.ボールを打つ選手、が決める訳じゃない

打つ選手が決める!と思うと、力んでしまう。

私なら、「自分が決めなくても、結果的にパートナーが決めてくれる」と思って打つ。

もちろん、厳しい攻撃はしていかないといけないですけどね。

「自分で決め切るぞ!」と思うと、結果決まらないですからね。

チャンスメイクを繰り返して、美味しいところはパートナーに譲る。

その逆、も試合の中ではありますから。

ボールを打つ選手だけ、が攻撃している訳ではない。

ボールを打っていない選手、がダブルスの試合では大事です。

 

4.基本は、打つ相手の方向に詰めること

難しく考えなくても良いでしょう。

ボールは1つ、です。

ですから、打つ相手に向かって詰めていく。

パートナーが攻撃する選手、を予測してそっちの側に詰めるだけ、でも立派な連続攻撃になります。

勢い、も出ますよね。

相手に対して威圧感のある、スピード感のあるプレーが出来る。

実際、相手は目に入って来ますよ、そういう動き。

プレッシャーに感じてミスしてくれますし、ダブルスらしい動きが出来るはず。

脚力、の問題ではありません。

ポジションを詰めていく、変えていく勇気が持てるかどうかです。

 

決め切れないペア、ネットで決定力が無いペアはこの辺りを強化しましょう。

連続攻撃、攻撃を止めないという意識。

ボールを打っていない選手の動きと予測、勇気が鍵。

ぜひ、ペアで練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの並行陣では、「スライスのボレーで粘る」だけだと、オムニコートでは打ち込まれてしまいます

    ダブルスでサーブ&ボレーから前に出る、並行陣にトライしているけどなかな…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    V字型の動きが出来れば、ネットプレーは劇的に上手くなる

    ネットプレーが苦手な人。この機会に、フットワークから変えていき…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

    ネットプレーでは、後ろでのプレーよりも守備範囲は限られてしまいます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣の時に前衛は、ポーチに出る?出ない?
  2. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ
  3. テニス ダブルス

    その他

    「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?
  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
  5. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ
PAGE TOP