ボレー

テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと

特に、私がネットプレーで意識していること。

テニスの攻撃って、勢いが大事。

それは、ボールの勢い、じゃないですよ。

人の動き、ネットでの威圧感と連動性。

これこそ、まさにテニスの醍醐味だと私は思います。

 

テニスのプレーで大事なのは、攻撃の勢いを止めないこと

 


 

1.速いボールより、速い動きが・・・嫌!

じゃないですか?みなさん。

確かに速いボールを打って来る相手は脅威ですが、試合の後半には慣れます。

でも、ネットプレーで速い動き、が出来る選手やダブルスペアは・・・嫌!

これが一番プレッシャーですし、守備にずっと追われるような気になってしまう。

こういう攻撃の連続性、威圧感って、どこから生まれて来るものなのか。

コツはシンプルだと思いますよ。

 

2.ダブルスなら、パートナーが予測する、決める

連続攻撃が鋭いダブルスは、パートナーが連動している。

Aさんが攻撃していく前に、もうBさんがその攻撃を予測している。

だから必然的に2対1の状況が出来ますし、相手は逃げる場所が無い・・・。

逃げそうな場所、をBさんが消しているようなダブルス、強いですよね。

片方のペアが攻撃しているのに、ポジションを変えないでボーッとしている方、いませんか?

これではどこかで、攻撃は止まります。

連続性、を出していくには、予測とポジションの変化が不可欠ですから。

 

3.ボールを打つ選手、が決める訳じゃない

打つ選手が決める!と思うと、力んでしまう。

私なら、「自分が決めなくても、結果的にパートナーが決めてくれる」と思って打つ。

もちろん、厳しい攻撃はしていかないといけないですけどね。

「自分で決め切るぞ!」と思うと、結果決まらないですからね。

チャンスメイクを繰り返して、美味しいところはパートナーに譲る。

その逆、も試合の中ではありますから。

ボールを打つ選手だけ、が攻撃している訳ではない。

ボールを打っていない選手、がダブルスの試合では大事です。

 

4.基本は、打つ相手の方向に詰めること

難しく考えなくても良いでしょう。

ボールは1つ、です。

ですから、打つ相手に向かって詰めていく。

パートナーが攻撃する選手、を予測してそっちの側に詰めるだけ、でも立派な連続攻撃になります。

勢い、も出ますよね。

相手に対して威圧感のある、スピード感のあるプレーが出来る。

実際、相手は目に入って来ますよ、そういう動き。

プレッシャーに感じてミスしてくれますし、ダブルスらしい動きが出来るはず。

脚力、の問題ではありません。

ポジションを詰めていく、変えていく勇気が持てるかどうかです。

 

決め切れないペア、ネットで決定力が無いペアはこの辺りを強化しましょう。

連続攻撃、攻撃を止めないという意識。

ボールを打っていない選手の動きと予測、勇気が鍵。

ぜひ、ペアで練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

    強いダブルスペアはポーチに積極的で、しっかりポイントに繋げていく。…

  2. テニス ポジショニング

    ボレー

    シングルスの試合で使えるネットプレーは、「相手を左右に走らせるだけ」で充分なケースがほとんど

    ネットプレーは状況によって求められるものが大きく違う。特にシン…

  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレイヤー対策の「9点狙い」出来ますか?

    相手がネットに出てくる、または前衛に立っている。そんな相手に、…

  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    ダブルスの試合の前衛で、「ストレートも守れてポーチにも出れる」魔法のフットワークとは?

    ダブルスの前衛で、結局ポーチに出れないし、ストレートも抜かれる・・・。…

  5. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    味方のペアをカバーする、という概念がアナタを弱くする
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!
  5. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている
PAGE TOP