ダブルス

打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。

それは、配球でこの意図を感じた時、です。

どうしても、ダブルスですから相手2人にボールを散らしたくなる。

でも、よく考えてみると・・・それって、勝つためには非効率的。

徹底的に、打って来た相手を攻撃していく形、で良いんです。

打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

1.2人を倒す必要は無い、のがダブルス

テニスのダブルスは、こうですからね。

2人を倒す必要は、そもそもありません。

どちらかの選手を崩して、そちら側でポイントを取って良い。

一人狙い、をどこか嫌うような国民性があるのが日本、ですが・・・試合だとどうですか?

実際に打って来た相手、を攻撃していく方が何倍も効率的で楽。

攻撃という視点に立てば、当たり前の話なんです。

2.打って来る相手、の方に隙がある

のがテニス、です。

打った後にしっかり構え直している、ような選手は稀でしょう。

特にアナタ側が攻撃しているなら、苦しい状況のままで打ち終わっているはず。

ポジションだって戻せない、それなのに・・・せっかく相手を追い込んでいるのに・・・もう片方の選手に「参加してもらう」必要はありません。

むしろ、いかに参加させないで2対1、の状況のままで押し切れるのか、を考えることが大事。

打って来た相手には、隙がある。

だから連続攻撃、が効くんですね。

3.ダブルスの前衛は、意外と狙い目!

ボレーが苦手そうで、前衛に立っているのに気まずそうな相手・・・。

であれば、私は徹底的に前衛を狙います。

この打ち合わせは、ポイント前にペアで行っておく。

「前衛にリターンアタックするから、前で詰めていこう」という感じですね。

2人で意識を合わせて、前衛を攻撃していく。

後衛には参加させない。

これは一例ですが、色々なポイントをこんな感じで作っていくと良いと思いますよ。

4.ただし、意地になってはいけない

ただ、相手が挽回してくる時もある。

こういう時には、維持になってはいけません。

まず、こちらが苦しくなったら相手のもう一人の選手に「逃げる」ことも大事。

ダブルスの試合、組み慣れていない相手はこの逃げ、を許してくれますからね。

前衛、後衛がハッキリしている雁行陣なら、苦しい時は基本的に後衛に逃げて時間を作る。

これも、アナタ自身考えて準備しておきましょう。

ダブルスの試合、いかに冷徹になれるか、です。

苦しい方の相手を、どんどん攻撃していく。

そこで押し切ることこそ、ダブルスの基本。

みんなで楽しく、ボールを回す・・・なんて、試合じゃない。

まるで勝てない人が集まったテニススクールのゲーム形式、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ダブルス

    前衛にバランス、求めないで良い

    試合で勝ちたければ、激しく、したたかに。無難なプレー、要りま…

  2. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

    何だか、この人と組むと試合がしやすい。勝てない相手でも勝ってし…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう

    テニスの試合で、結果が出せる。周りからも、初めて組んだペアに…

  4. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」

    ダブルスの試合、並行陣のペアってやっぱり迫力がありますよね。サ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと

    ダブルスの試合で、前衛の後ろを後衛がカバー。雁行陣なら、ボール…

  6. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 練習メニュー

    上級者とのラリーのコツ、教えます
  2. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心…
PAGE TOP