ダブルス

打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

ダブルスの試合をしていて、「このペア、強いな・・・」と感じる時。

それは、配球でこの意図を感じた時、です。

どうしても、ダブルスですから相手2人にボールを散らしたくなる。

でも、よく考えてみると・・・それって、勝つためには非効率的。

徹底的に、打って来た相手を攻撃していく形、で良いんです。

 

打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本

 

1.2人を倒す必要は無い、のがダブルス

テニスのダブルスは、こうですからね。

2人を倒す必要は、そもそもありません。

どちらかの選手を崩して、そちら側でポイントを取って良い。

一人狙い、をどこか嫌うような国民性があるのが日本、ですが・・・試合だとどうですか?

実際に打って来た相手、を攻撃していく方が何倍も効率的で楽。

攻撃という視点に立てば、当たり前の話なんです。

 

2.打って来る相手、の方に隙がある

のがテニス、です。

打った後にしっかり構え直している、ような選手は稀でしょう。

特にアナタ側が攻撃しているなら、苦しい状況のままで打ち終わっているはず。

ポジションだって戻せない、それなのに・・・せっかく相手を追い込んでいるのに・・・もう片方の選手に「参加してもらう」必要はありません。

むしろ、いかに参加させないで2対1、の状況のままで押し切れるのか、を考えることが大事。

打って来た相手には、隙がある。

だから連続攻撃、が効くんですね。

 

3.ダブルスの前衛は、意外と狙い目!

ボレーが苦手そうで、前衛に立っているのに気まずそうな相手・・・。

であれば、私は徹底的に前衛を狙います。

この打ち合わせは、ポイント前にペアで行っておく。

「前衛にリターンアタックするから、前で詰めていこう」という感じですね。

2人で意識を合わせて、前衛を攻撃していく。

後衛には参加させない。

これは一例ですが、色々なポイントをこんな感じで作っていくと良いと思いますよ。

 

4.ただし、意地になってはいけない

ただ、相手が挽回してくる時もある。

こういう時には、維持になってはいけません。

まず、こちらが苦しくなったら相手のもう一人の選手に「逃げる」ことも大事。

ダブルスの試合、組み慣れていない相手はこの逃げ、を許してくれますからね。

前衛、後衛がハッキリしている雁行陣なら、苦しい時は基本的に後衛に逃げて時間を作る。

これも、アナタ自身考えて準備しておきましょう。

 

ダブルスの試合、いかに冷徹になれるか、です。

苦しい方の相手を、どんどん攻撃していく。

そこで押し切ることこそ、ダブルスの基本。

みんなで楽しく、ボールを回す・・・なんて、試合じゃない。

まるで勝てない人が集まったテニススクールのゲーム形式、ですね。

 

【読者のみなさんへのお願い】

お時間のある方は、コチラよりアンケートにご協力頂けると大変嬉しいです。

3分程度で終わる内容ですので、宜しくお願いします!

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの試合では、後ろが見えない前衛に対して「上げる!」の一声は必須

    ダブルスの試合、どうしても厳しいボールはロブを使うことも良い選択。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本的な前衛の動き、「チェンジ」がしっかりできる人は意外と少ない

    ダブルスの試合、ペアの連携力が問われるとき。それはまず、前衛の…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣とは、つまりロブを引き出す陣形です

    ダブルスの試合、並行陣で挑んでいるけど「どうやってポイントを取るのか、…

  5. ダブルス

    ダブルスの雁行陣で、相手後衛をワイドに追い出したらハッキリとストレートケアが基本です

    ダブルスの試合、前衛の基本は「ポーチに出ること」と何度も書いてきました…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識について

    ダブルスの試合、ペアでスコアに応じた作戦、皆さんはどうでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 客観視

    その他

    テニスの大会を運営している人には、感謝の気持ちを忘れずに
  2. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」です
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手い選手は、テニスの試合の中で「相手が打つ前にコースのプランニン…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニス選手として、「目標を口にするだけで満足してはいないか?」という問いかけを自…
PAGE TOP