練習メニュー

素振りとは、実は振る練習ではない

テニスの基本練習、素振り。

みなさんも、家や試合前で取り組んでいる方も多いと思います。

この練習、ただ振るだけでは実戦的とは言えないでしょう。

あくまで、試合を想定して考えてみて下さい。

ただ振るだけ、ってそんなに無いですからね。

 

素振りとは、実は振る練習ではない

 


 

1.足を合わせて素振り、でいこう!

私は家で素振りをするときも、少しだけ動きます。

といっても、狭い屋内ですので、その場で足踏みをするような感じ。

ストロークの素振り、止まってラケットだけ振るってなかなか無いじゃないですか。

足を合わせて振っていく、そんな素振りが実戦向きだと思います。

意識したいのは、前に踏み込むのか、後ろに踏み込むのか、で攻守を意識すること。

試合では、攻めているのか守っているのか、を自分で自覚することが大事ですからね。

 

2.例えば、右利きの方のフォアハンドなら・・・

右利きの方が、フォアハンドの素振りをするとしましょう。

その時に、止める足のリズムを考えてみる。

右足、左足、と止めて打てば、それは攻撃的なショット。

左足を前に踏み込むイメージですね。

逆に左足、右足、と止めて打てば、それは守備的なショットでしょう。

後ろに足を出して、軸足を作って深いストロークを返す。

こういう想像力、が素振りにもすごく大事になってくるんです。

 

3.攻守の意識は、軸足意識で

攻めるときの軸足、守るときの軸足。

これを考えると、ストロークはすごく分かりやすいです。

最後に踏み込んだ足、に体重を乗せたいので、前か後ろか、軸足はどちらかなはず。

完全なオープンスタンス以外は、必ず体重がどちらかの足に乗っているから安定感のあるストロークが打てる。

これを意識して練習するには、止まって振る素振りよりも少しだけ動いて打つ素振り、が効果的でしょう。

ほんと、数歩で良いと思います。



4.ラケットを振るのは、良い形を作ってから

どんなに良い「振り方」を覚えても、良い入り方が出来ないと辛い。

素振りから、この打点の入り方までイメージしておきたいんですよね。

止まって振るんじゃなくて、テニスの試合は動いて振ることが圧倒的に多いですから。

足を合わせて、ラケットを振る。

この意識付けを、日々の素振り練習から意識しておく。

これだけで、かなり成果は変わるでしょう。

 

5.お勧めの練習法

私はいつも、テレビやYOUTUBEを見ながらラケットを振っています。

どちらかの選手になりきって、来た側のショットで素振り、少しだけ足を動かしながら。

もちろん、家でやる時には大きく動けないですし、ご近所迷惑にもなりますから静かな感じでやってみて下さい。

動画を見ながら素振りをするだけで、結構イメージは変わりますよ。

試合前でも、スマートフォンで見ながら素振り、オススメです!

 

ラケットの振り方自体は、そんなに変な人いないんですよ。

ただ、足を合わせるところ、で差が出来る。

そして、打点に入れないからおかしなスウィングになってしまう。

このギャップを少しでも無くすために、素振り練習から工夫していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  2. 練習メニュー

    テニスの試合に勝てる頭の回転が速い人は、「練習から優先順位」を付けている

    現代テニスは、オールラウンドが基本。それこそ、弱点があればそこ…

  3. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー

    今回は、参考となる動画を元に練習メニューをピックアップ。ネット…

  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  5. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で知らないと恥ずかしい、「後衛の基本的な役割」について5つのポイン…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
  3. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジショ…
  5. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる
PAGE TOP