テニス スポーツ

練習メニュー

自分のテニスを成長させたければ、「今日のナイスショット」を「来月は普通のショット」に変えていかないといけない

自分のテニスを成長させる、成長したと実感出来るとき。

皆さんは、どんなときですか?

これを感じる力が無いと、なかなかテニス自体を継続出来ない。

大事なのは、アナタ自身で成長を感じて、また努力しようと鼓舞出来る力、です。

 

自分のテニスを成長させたければ、「今日のナイスショット」を「来月は普通のショット」に変えていかないといけない

 


 

■自分で「ナイスショット!」と思っているショット、試合では使えない

何回か、試合で「これだ!」というショット、ありますよね。

もちろんそれはそれで喜ばしいことだし、嬉しいのですが、実際に試合で使えるショットかと言えばそうでも無い。

きっと、プレッシャーのかからないリードしているような場面、でしか出ないんじゃないですか?

ましてや、「ナイス!」って自分で言っている時点で足が止まっている。

次への反応も、自分に酔って遅れているはずなんです。

そのことに、早く気付きましょう。

 

■「ナイスショット」を「普通のショット」に変えていくには?

アナタ自身のレベルアップ、とはこういうこと。

先月自分でナイスショットと思っていたショットは、もう普通に打てる。

普通に打てるから試合の大事な場面で使えるし、計算出来るようになる。

その為にはどうすれば良いか。

私なら、徹底的に動画に撮って繰り返し見ます。

通学中、練習前、寝る前・・・ちょっとナルシスト気味になっても良い。

いつでも鮮明に、自分の良いときのショットがイメージ出来て身体が自然に動く。

何球もボールを打つより、視覚と聴覚から入った感覚を染み込ませていく方が、私はオススメです。

 

■「普通のショット」になれば、更に上を目指していける

普通のショットのレベルが上がれば、当然ナイスショットのレベルもまた上がる。

心配しなくても、普通のショットレベルが上がれば試合で勝てますし、また勝てない相手が壁となる。

そう、壁を感じているからこそ「ナイスショット」の必要性が生まれてくるんです。

自分より弱い相手には、そもそもナイスショットなんて必要無い。

常に壁を感じ、普通以上のレベルが求められる対戦も、貪欲に求めていきましょう!

 

まずは試合の中で、自分のショットを分析してみる。

「このレベルは、安定して打てるな・・・」というショット、それから数回ある「ナイスショット」。

違いはどこで、どういうカウントで生まれているショットなのか。

プレッシャーがある場面で打てるようになる為に、「普通のショット」レベルを上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー

    シングルスの試合で求められる、丁寧な攻撃とそれを凌ぐボール。走…

  2. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法

    ボレー同士で打ち合う、ボレーボレーの練習。みなさんも、練習のウ…

  3. テニス ロブ

    練習メニュー

    ボレーボレーの練習は、高さを抑えてレベルアップを

    ボレーとボレーを打ち合う、ボレーボレーの練習。これをより実戦に…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  5. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない

    テニスの基本練習、素振り。みなさんも、家や試合前で取り組んでい…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    両手バックハンドストロークを安定させるのに、効果的な「変則ショートラリー」練習とは?

    バックハンドストローク、両手で打っている方はもっとパワーが欲しい。…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識
  3. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど
  5. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業した…
PAGE TOP