テニス メンタル

サーブ

サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

みなさんが、サーブを打つ前の構え。

それこそ、トスアップ前の雰囲気って、どんな感じでしょうか?

強い選手って、何だかこの段階ではすごくリラックスしていて、ダラーんとしている感じ。

ぜひ、みなさんもココを意識して欲しいんです。

最初から力んでしまったら、入るサーブも入らないですからね。

 

サーブを打つ前の構えから、既に力んでない?

 

1.イメージはフェデラー選手のダラーんとした構え!

これが一番良いお手本、だと思います。

フェデラー選手のサーブの構え、本当に腕を垂らしてダラーんとした感じ。

力は全然入っていないし、トスアップも自然。

何回サーブを打っても、疲れないようなイメージがありますよね。

こういう構え、が出来ると、試合でも有効です。

相手からすると、リラックスしている雰囲気が本当に嫌、なはずです。

 

2.脱力するから、動きが正確になる

力んでしまうと、上手くいかないのがサーブ。

毎回力んでいるとそれだけで疲れるし、毎回違う動作、になりがちなんですよね。

ガッチガチに固めているような腕、肩、を見ると、リターン側にも自信が出て来る。

雰囲気って、本当に大事ですよ。

緊張しているからこそ、脱力することで毎回正確な動きが繰り返される。

だからサーブも安定するんですよね。

打つ前から力んでいる自分、にまずは気付くことです。

 

3.こっそり友達に、撮影してもらおう

試合中の自分のサーブ、でないとダメです。

出来れば試合の緊張した場面、において、どんな感じになっているのかを客観的に把握したい。

きっと、思った以上に硬い動きになっているはずなんです。

これは、撮影して観てみるのが一番。

こっそりと友達に頼んで、後で見てみて下さい。

ダラーんとした動き、でのスタートになっているかどうか。

気付ければ改善出来ますからね。

 

4.良いサーブ、を打つことに集中しよう

力む要因は色々あると思いますが、先のことを考え過ぎているのかも。

前に出る、サーブ&ボレー、コートカバーリング・・・一回、頭を整理しましょう。

全ての作戦は、まず良いサーブを打つことからしか始まらない。

余計なことは考えず、しっかり良いサーブを打つことに集中する。

悪いイメージが浮かんで来たら、一回構えを解いて間を空けましょう。

それくらいの余裕、がある方が良いと思いますよ。

 

サーブを打つ前の構え、意外と見落としがちです。

自分が打っているボールにばかり、関心を奪われてはいませんか?

打つ前の雰囲気作り、リラックスの方法、ぜひ確認してみて下さい。

両腕ダラーん大作戦、有効なはずです!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが安定しない人は、トス低めで調整してみると上手くいく

    最近、私のマイブーム。それは、セカンドサーブのトスの高さを低く…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブが入って、「安心する一瞬の隙」を無くしていこう

    サーブが入って、どこか安心している自分。皆さん、気付きませんか…

  4. テニス 攻撃
  5. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない」選手

    サーブが上手い、キープ率が高い選手。は、試合でもゲームが計算し…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    突き抜けたものを見ないと、実は普通すら分からない
  2. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた…
  3. 戦術

    ダブルスの基本、苦しい時は遠くの相手に返球して時間を作ろう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「スウィングスピードをもっと速くしたいんです!」という人は、テニスの環境を客観視…
  5. テニス 風

    戦術

    男子ダブルスの試合で、「6ゲーム先取の形式で、サービス権を取られた」ペアの戦い方…
PAGE TOP