テニス ポジショニング

サーブ

サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

サーブを打つときに、どうしても落ち着きが無い、自信が無い、という方。

改めてこの基本、見直してみてはどうでしょうか?

サーブを打つ前に、しっかり対戦相手、リターンの選手のポジションを観る。

自分がどこに向かって、どういうボールを打つのかをイメージするためには、必ずこのルーティンは必要です。

「いつもやってるよ・・・」という人も、再度その目的とポイントを確認してみましょう!

 

サーブを打つ前に、「冷静に相手のポジションを確認する」ことで、精神的に楽になれる

 

■相手と目を合わせると、精神的に優位に立てる

サーブから試合を始める限り、テニスはサーバー側が精神的に優位に立つ。

これはサーブ力が弱い・・・と感じている人でも、一緒です。

「サーブは入れるのがやっとで、相手を気にするどころじゃない!」という方も、まずは落ち着いて、しっかり相手を観てみましょう。

特に、セカンドサーブの前が大事。

以外とポジションに隙があったり、思わぬ発見があるかも知れませんよ。

 

■相手を観て、軌道をイメージして仮想の線を引いてみる

自分の場所から、サーブを打ちたいコース、バウンド地点に仮想の線を引いてみる。

この線をイメージしながら、サーブは打つというよりその線に乗せてあげるような感覚で打てると、コントロールが改善するでしょう。

そのためにも、しっかり自分が打ちたいコースを事前に観ておく、というのは大事です。

じっくり、打ちたいコース、なんとなくではなくしっかりと凝視すること。

まずはこれを意識してみて下さい。

 

■ボールを下にポンポンと突く、相手を観る、トスアップという一連の流れをリズム良く

ほぼ全てのプロ選手は、この一連の流れを持っています。

それぞれこだわりがある選手が多いのですが、アナタなりに、自分のルーティンを確認してみましょう。

普段、どんな感じでプレーしているかな・・・というのを思い出しながら、「相手を観る」という動作に、もっと重きをおいてほしい。

ほとんどの場合、相手が構えているかどうか、くらいの確認になってはいませんか?

それだと良いサーブは打てません。

しっかり相手の眼を見て、その後に打ちたいコースを観る。

多少ばれても良い、と私は思います。

目線でばれているようであれば、ボールを突く前に観て仮想の線を引く、というのもアリですね。

ぜひ色々と、工夫してみて下さい。

 

サーブは苦手意識があるほど、早く終わらせようという感じで、セカセカしてしまう人が多い。

もっとゆったり、相手を観ましょう。

そこにたくさん、キープにつながるヒントがあります。

そしてはっきり、ゆっくりで良いのでサーブのコースは打ち分けられるようにしておくこと。

最低限、ファーストサーブは狙いを明確にしましょう。

相手を観て、狙いを定める、という基本動作だけで、アナタのサーブはきっともっと良くなります!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  3. テニス 構え
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える夢に挑戦したい

    テニスを始めたときの動機、皆さんはどんな感じでしたか?「何とな…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレーの基本は、「しっかり打ってから前に出る」で良い

    サーブを打って前に出る、サーブ&ボレー。このハードルを高めてる…

  6. テニス 走力

特集記事

  1. メンタル

    「なぜアイツはいつも、強いのか‥?」と考えたときに、勝利への飢えが差になっている…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、後半負け始めてからギアを上げても遅い件
  3. テニス 練習

    ストローク

    粘り強い選手には、どこか丁寧さがあるから試合に勝てる
  4. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法…
  5. 戦術

    「相手の動きを止める3つの方法」テニスの試合で有効な攻撃パターンを考えてみる
PAGE TOP