テニス サーブ

サーブ

ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

サーブについての考え方は、人それぞれ。

一発で決めたいと思う人、まずは入れてラリーに持ち込んで展開する人・・・色々な人がいて良いと思います。

ですがダブルスにおける良いサーブ、については一言。

一発のエースで決めるのも良いですが、2人で決まったポイントが多い方がダブルスの試合は流れに乗っていける。

そんな前衛のプレーを引き出すのも、サーバーであるアナタ次第です。

 

ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

 


 

■1人でポイントを獲ること、2人でポイントを獲ることの違い

ダブルスの醍醐味、それはチャンスメイクとポイントゲッター、両方が別な人ということ。

チャンスを作って決めてもらう、という快感を覚えたら、ダブルスほど楽しいものはない。

そもそも、人それぞれ「楽しい」と思えるポイントが違う。

自分で決めるのが好きな人もいれば、人に決めてもらうのが好きな人もいる。

日本人プレイヤーって、結構後者が多いような気がします。

 

■チャンスメイクに求められるのは、速さでは無い

「サーブは速くないと前衛が決められない?」

本当にそうですか・・・?

速いサーブって、それだけ前衛にも速い反応が求められるし、リターンのスピードも上がる。

それよりは、しっかり打ち合わせ通りのコースに、遅くても良いから打てる、ファーストがしっかり入る。

そういうサーブの方が、試合で前衛が動きやすい。

学生のみなさんも、ぜひ意識を変えて欲しい。

リターンの力を削ぐ為に、速いサーブって本当に必要ですか?

 

■前衛が得意なボレー、スマッシュを引き出すサーブを考える

まずはリターンの特徴を2人で把握したい。

「バックに入れたら、スライスロブが多いね・・・」といった内容を把握しておけば、そこで前衛のスマッシュを活かせる。

ポーチが得意なら、センターへのサーブは必須ですね。

バックボレーは苦手・・・という前衛なら、なるべくそこに来ないにはどんなサーブが良いか?を考えてみる。

リターン側の特徴も踏まえること、もちろん大事です。

前衛への思いやりこそが、試合で求められるサーブを磨く源になります。

 

前衛がチャンスを決める、その一番理想形はサーブの返球。

ポーチで決まる、ストレートロブをスマッシュで決めるポイントが増えると、ダブルスは波に乗ったプレーが出来ます。

せっかくのダブルスですし、「こんなサーブ、打って欲しいんだけど」という意見、伝えてみませんか?

ペアとしっかり、試合に勝つ為の会話をしてこそのダブルス。

遠慮してても、もったいないだけですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

    サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。個人でも練…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で相手の意表を付く「クイックサーブ」を練習して身に付けると、意外なメリットが・・・

    クイックサーブ、と聞いて、アナタはどんなイメージを持ちますか?…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

  4. テニス 構え
  5. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!

    試合でのサーブは、センターへのコース中心。特にダブルスをプレー…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!

    サーブが安定しない人は、ほとんどトスアップからおかしい、安定していない…

特集記事

  1. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ
  2. テニス 戦術

    その他

    試合で着るウェア、自分をコントロールする意味で使い分けてみませんか?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    相手リターンのポジションに、自分のサーブを惑わされてはいけない
  4. テニス フットワーク

    戦術

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる
  5. 日々の雑記

    昔は体育館、今は・・・?
PAGE TOP