テニス サーブ

サーブ

ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

サーブについての考え方は、人それぞれ。

一発で決めたいと思う人、まずは入れてラリーに持ち込んで展開する人・・・色々な人がいて良いと思います。

ですがダブルスにおける良いサーブ、については一言。

一発のエースで決めるのも良いですが、2人で決まったポイントが多い方がダブルスの試合は流れに乗っていける。

そんな前衛のプレーを引き出すのも、サーバーであるアナタ次第です。

 

ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

 


 

■1人でポイントを獲ること、2人でポイントを獲ることの違い

ダブルスの醍醐味、それはチャンスメイクとポイントゲッター、両方が別な人ということ。

チャンスを作って決めてもらう、という快感を覚えたら、ダブルスほど楽しいものはない。

そもそも、人それぞれ「楽しい」と思えるポイントが違う。

自分で決めるのが好きな人もいれば、人に決めてもらうのが好きな人もいる。

日本人プレイヤーって、結構後者が多いような気がします。

 

■チャンスメイクに求められるのは、速さでは無い

「サーブは速くないと前衛が決められない?」

本当にそうですか・・・?

速いサーブって、それだけ前衛にも速い反応が求められるし、リターンのスピードも上がる。

それよりは、しっかり打ち合わせ通りのコースに、遅くても良いから打てる、ファーストがしっかり入る。

そういうサーブの方が、試合で前衛が動きやすい。

学生のみなさんも、ぜひ意識を変えて欲しい。

リターンの力を削ぐ為に、速いサーブって本当に必要ですか?

 

■前衛が得意なボレー、スマッシュを引き出すサーブを考える

まずはリターンの特徴を2人で把握したい。

「バックに入れたら、スライスロブが多いね・・・」といった内容を把握しておけば、そこで前衛のスマッシュを活かせる。

ポーチが得意なら、センターへのサーブは必須ですね。

バックボレーは苦手・・・という前衛なら、なるべくそこに来ないにはどんなサーブが良いか?を考えてみる。

リターン側の特徴も踏まえること、もちろん大事です。

前衛への思いやりこそが、試合で求められるサーブを磨く源になります。

 

前衛がチャンスを決める、その一番理想形はサーブの返球。

ポーチで決まる、ストレートロブをスマッシュで決めるポイントが増えると、ダブルスは波に乗ったプレーが出来ます。

せっかくのダブルスですし、「こんなサーブ、打って欲しいんだけど」という意見、伝えてみませんか?

ペアとしっかり、試合に勝つ為の会話をしてこそのダブルス。

遠慮してても、もったいないだけですよ。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ボレー

    サーブ

    「今の時代だからこそ、シングルスでサーブ&ボレーで挑む」ことのメリット4つ

    サーブ&ボレーの選手が勝てなくなって久しいと言われていますが、…

  2. テニス 客観視

    サーブ

    「テニスのマナー、しっかり分かってるな…」と思われる、相手サーバーへの配慮のポイント5つ

    テニスは紳士のスポーツ、と言われます。相手を敬い、お互いが気持…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  4. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

  5. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサーブの大前提

    サーブの打ち方は人それぞれですが、良いサーブを打てる人に共通しているの…

  6. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

    シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。特にセカンドサーブ…

特集記事

  1. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件
  2. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    大したことじゃないけど、新しいこと始めます
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう
  5. テニス 準備

    戦術

    意外と大事な試合で多い、「8ゲームマッチ」の戦い方について意識したいこと4つ
PAGE TOP