テニス サーブ

サーブ

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

サーブは深いのが大前提。

深さがあるから相手も踏み込めないし、リターンも甘くなりやすい。

ですが、ワイドのサーブとなると・・・ちょっと要素が変わって来る。

深さだけ重視していると、本当の意味で良いサーブには辿り着けないかも知れません。

 

ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせない

 


 

■最近錦織選手が一番、得意にしているサーブ

楽天オープンでの戦いが始まった錦織選手ですが、彼のサーブは最近特にバリエーションが増えています。

その代表格が、デュースサイドからのワイドへのサーブでしょう。

良い意味で「浅い」場所に入るので、相手は角度が付いたサーブを追うことが出来ない。

これが深いと、実は触れてしまうのがワイド方向へのサーブ。

その秘密は、一番曲がるタイミング、にあります。

 

■ワイドへのスライスサーブは、バウンド時に大きく変化する

しっかり「厚い」スライス回転がかかっているサーブは、コートにバウンドした瞬間に大きく変化する。

空中でも変化しますが、バウンドした瞬間からクッと切れていくような切れ味、鋭いスライスサーブの最大の武器になります。

であれば、浅い場所、ネットに近い場所でバウンドさせると早くコートの外に逃げていく良いサーブになる。

まるでショートクロスみたいなサーブ、になるので相手は触れないのです。

 

■山なりで少し「遅い」サーブが決め手!

このサーブ、技術的には難しいですが練習すれば必ず打てるようになります。

コツは、少し遅めで良いのでしっかりボールの横を打って、ボールに回転を与えること。

そうすれば、必ずボールは縦に変化してサービスエリアに収まってくれる。

そしてネットの上に作る目標は、センターストラップとシングルスのサイドラインの真ん中、より少しサイドライン寄りに設定しましょう。

ボールが落ちる場所は、ネットとサービスラインの中間よりもネット寄り。

浅くバウンドさせて、相手を前に引っ張り出すイメージで打ってみましょう。

深いポジションで構えている相手には・・・特に有効です!

 

速いサーブが得意な人は、しっかりこのスライスサーブが打てると効きます。

先ほども書きましたが、後ろで構えている相手にとっては打たれると非常に厄介でしょう。

しっかり「浅さ」が出せるように、回転量と落とす場所をイメージしてみて下さい。

楽天オープンを生で観れる方は、ぜひ錦織選手のこのサーブ、観ておいて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある

    皆さんも、経験無いですか?相手リターンがすごく後ろに下がってい…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?

    サーブが安定している人は、打っているフォームに無理が無い。流れ…

  3. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨いて試合で使おう

    左利きの方のサーブは、厳しい。そんな漠然とした先入観があるのは…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です

    日本全国、特に男子高校生が集まれば始まるイベントがあります。そ…

  5. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

    試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つ…

特集記事

  1. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニス 客観視

    メンタル

    自分の敗戦と正面から向き合える人は、実はすごく少ない
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ジョコビッチ選手のような「伸びのある大きなフォアハンドストローク」は、フォロース…
  5. その他

    試合こそが、仲間を創る
PAGE TOP