テニス 感覚

その他

「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ

今回は少し趣向を変えて、開幕した近畿インターハイ会場について。

私自身が行ってみて、「良かった!」と感じたことをまとめてみました。

会場は大阪府にある「北村マリンテニスパーク」。

これから観戦される方に、少しでも参考になれば嬉しいです!

 

「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ

 


 

1.熱中症対策に「スポーツドリンクのサンプリング」を実施

参加者だけでなく、観客にも配布されるポカリスウェットは助かりました。

何度ももらうのは少し気が引けましたが、それでも笑顔で配ってくれる高校生には癒されます。

会場の自動販売機は午前中で売り切れ続出なので、本当に助かります。

 

2.会場内に隣接するコンビニが便利

駅からは遠い会場ですが、ローソンが会場に隣接しているので便利です。

それでも大変な混雑ですが、駐車場でも臨時の販売所を設けて一生懸命対応してくれています。

それでも昼食の準備は、事前に買い出しをして会場に向かうようにしましょう。

 

3.通路には臨時の屋根とミストサウナのサービスが!

陽射しをよける為の臨時の屋根だけでなく、通路にはミストサウナを噴射。

これが本当に助かります・・・。

通路に人が多くなってしまいますが、火照った身体を適度に冷やしてくれて気分もリフレッシュ!

選手も観客にも、とても好評だったと思います。

 

4.オーダーオブプレイが手描きではなく印刷されている

どの試合をどのコートで進行しているか、今後進行予定かを示すオーダーオブプレイ。

手描きだと読み辛かったりもしますが、しっかり印刷されていて男女で色分けもされていて見やすかったです。

この掲示が見にくいと選手も観客も混乱してしまいますが、比較的スムーズに皆さん動かれていたと思います。

 

5.スタッフ、審判団が礼儀正しくしっかり仕事をしている

インターハイでは毎年地元の高校生が大きな役割を担います。

色々な会場に行きましたが、この大阪の高校生はとてもキビキビ動き、笑顔で仕事をこなしているように感じました。

スタッフの方もテントの下でだらけることもなく、なるべく現場に立つように動き回るので好印象。

ジャッジで揉めている場面もありましたが、こと運営面では非常に気持ちの良い大会だと思います。

 

大会は、今日で団体戦の1・2回戦が終了し、明日から佳境に入っていきます。

皆さんもぜひ一度、足を運んで生の高校生の戦いを観戦してみて下さい。

とにかく、熱中症対策だけは、ご自身で・・・。

そこで感じるものも、きっとアナタ自身のテニスに活かせるはずです!

 

■関連記事
「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた!」

■インターハイの公式ページはコチラ

 

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. その他

    「テニスコーチとして一番重要なこと」に気付かされた先輩コーチからの相談ときっかけ

    テニスコーチなんて簡単だ。誰でも出来るよ。テニスの技術…

  2. テニス 練習

    その他

    テニスの試合では、「ミスは責めないで、プロセスを責める」ことで失敗を繰り返さない選手になれる

    試合を通じて、色々な反省や課題が出てくる。ですが、ここで問題な…

  3. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本

    当たり前といえば、当たり前の話。でも、テニスではこれをしっか…

  4. テニス 試合

    その他

    「ダブルスよりもシングルス!?」テニスの試合で成長する為に必要な考え方

    俺が現役で選手をやっている頃、周りの選手はシングルスで何とか結果を出そ…

  5. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」

    自分のテニスを劇的に変えてくれる、強くしてくれるきっかけ。それ…

  6. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

特集記事

  1. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである
  2. ストローク

    テニスの試合で、「自分よりも実力は下」と判断したら徹底したバックハンド攻めで序盤…
  3. テニス リターン

    ストローク

    騙されたと思って、「試しにドロップショットを打ってみて欲しい」そうすれば、世界が…
  4. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦…
PAGE TOP