テニス 打点

メンタル

格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?

もし、アナタが大事な試合で勝ち進んだとしましょう。

まさに、上位シード選手を追い詰めて、今勝とうとしている。

でも・・・もしその試合がまだ「競った状態」なら、油断は出来ない。

油断は出来ないどころか、自分は「危ない状況にいる」くらいの気持ちが大事なんです。

 

格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?

 


 

1.競ることは大事、だけど競り続けては危険

強豪相手の試合、競るだけでもかなり厳しい。

色々な作戦や準備、がはまってリードをして、5-4で最後、キープすれば勝ち・・・みたいな試合、一見あと少しのように見える。

でも、そこからの道は、果てしなく険しい。

なぜなら、戦うべき敵はアナタにとって対戦相手だけではないから。

周りの観客、雰囲気含めて、「何かを求める声」に打ち勝たないといけないのです。

 

2.「シード選手が負けて欲しくない」という、周りからの圧力

これを感じたことは、きっと皆さんもあるはずです。

強い選手には、勝ち残って欲しい。

もっと先で、もっと良い試合をして欲しい、無名の選手やペアが勝っても面白くない・・・と、周りの見ているひとが感じている。

そう感じていることを、選手自身も意識していく。

この圧力、アナタが思っている以上に強い、ですよ。

アナタ自身に何も罪はなくても、周りの観客、大きな大会であれば主催者も、シード選手が負けることなんて望んではいない。

という覚悟だけは、ぜひ準備しておいて下さい。

 

3.競る前に、周囲を黙らせて試合を終わらせる覚悟を持とう

「それが出来れば、苦労しないよ!」と思うでしょう。

でも・・・本当に試合に勝ちたい、トーナメントを勝ち抜きたい選手なら、相手と周囲を諦めさせる。

「あ、この試合はもう番狂わせだな」と、決めつけるくらいまで、スコアを離していかないといけない。

1セットマッチ、5-4で勝っているなんて、勝っているうちに入らない。

これくらの強い意志が、格上相手の試合では特に大事。

周りの期待、全てを敵に回しても自分は勝つんだと、心に決めてプレーしていましょう!

 

一度経験すると、癖になりますよ。

周りの期待を、そしてシード選手のプライドを打ち砕くような勝利。

テニスの試合って、実力差以上にこういう「雰囲気に負けてしまう」試合が多い。

テニスで這い上がっていくなら、番狂わせを興せるように。

そんな選手を、このT-PRESSを通じてどんどん送り出していきたいと思っています!

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちで負けないって、難しい

    言うは簡単、行うは難し。テニスの試合で、強い相手と対戦するとい…

  2. メンタル

    修羅場を避けていたら、真実からは遠くなる

    技術はありそうなのに、試合では結果が出ない。メンタルの問題?…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

  4. テニス サーブ

    メンタル

    「いつも入っていたショットが、入らない」のなら、いつもが異常だったのかも知れない

    よく高校生の男性の方から頂くのが、「試合になると、全てが入らなくなる」…

  5. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく

    テニスの試合、メンタル勝負。でも、言ってみれば試合の現場で強い…

  6. メンタル

    テニスの試合中、「緊張した場面では口角を上げて」、意図的に自信を取り戻そう

    試合の緊張した場面、アナタはどんな形で解消していますか?緊張す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK
  3. テニス ストローク

    リターン

    「死んだようなサーブ」をリターンミスする人の特徴5つ
  4. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動
  5. テニス 雑記

    日々の雑記

    「当たり前のことを、何回も言うなよ・・・!」と思ったら
PAGE TOP