テニス メンタル

メンタル

テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ

試合の中で、相手を観察していると「おっ」と思うことがあります。

何気ない相手の仕草の中に、「弱さ」や「隙」が見えると、試合の中で勝つ自信が生まれてきます。

逆に、本当に試合で強い相手はそういった細かい隙が無い、仕草一つにも意志がある。

感情をコントロールして、自分の見た目や雰囲気もコントロールする。

テニスの試合で勝つ為には、「やってはいけない行動」があることを覚えておきましょう。

 

テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ

 


 

1.カウントを忘れる

試合中に、今現在のカウントを忘れてしまう人がいます。

自分が何ポイント獲ったのか、相手が何ポイントかを覚えていないということは、状況の整理が出来ていないということ。

つまり、作戦も何も考えていない、という風に思えてしまいます。

相手に、「今、いくつでしたっけ・・・?」と聞いているような選手は、試合で勝ち抜ける訳がありません

普段の練習の中で、過去にどういうポイントを積み重ねてきて、今どういう作戦で動いているのかをしっかり意識しましょう。

 

2.セルフジャッジが遅い、声が小さい

テニスの試合のほとんどはセルフジャッジで行われます。

その声や精度で、大体のテニスの実力は分かる。

しっかり声とジェスチャーで、自信を持ってセルフジャッジをすることは、相手に対して「勝つ自信あるよ」という意思表示になります。

ジャッジを小さい声でやったり、遅れたようなジャッジをしている選手は、試合で勝つのは難しい。

自分で良い流れをもってくる意味でも、改めて見直してみましょう。

 

3.試合前のトスやルール確認に消極的

試合前の相手との打ち合わせにも、見せてはまずい行動があります。

しっかり準備ができているのに、モジモジして相手がラケットを回すのを待っている。

ルールの確認、ノーアドバンテージ形式か等は全て相手任せ。

こんな意識では、試合開始直後から相手の主導権でスタートしています。

試合はその開始前から、始まっているのです。

 

4.ポイントを失ったときの落ち込んだ姿

1ポイント失っただけなのに、必要以上にがっくりしているような選手が多い。

特に学生の方は、ダブルフォルトで失ったポイントに、必要以上にショックを受ける人が多いように思います。

攻撃的なミス、しっかりした意図の元に打たれた結果の失点であれば、落ち込む必要は全くありません。

その姿を見て、相手は何を思うのか。

むしろ堂々として、しっかり前を向いて次のポイントに進むようにしましょう。

メンタルコントロールが難しいですが、後ろ向きな姿勢は、どんなときであれ試合中に見せるべきでは無いのです。

 

5.必要以上のガッツポーズ

あくまで持論ですが、ガッツポーズが必要な場面もあります。

大事なポイントを獲ったときには、流れを持ってくる、ここからいくぞ!という意味も込めて、派手なアクションも必要でしょう。

ポイントは、全て自分の「意図的な作戦に基づいて」行われるということ。

思ったより良いショットが入って、「やったー!」と喜ぶようなガッツポーズは、あまり相手に見せるべきではない。

「この選手、こんなことで喜んでいるのか・・・」と思われて、実力が疑われてしまいます。

試合中に自分が繰り出すショットは、全て計算済のものであるべき。

想定外の良いショットでポイントを獲れても、それは結果オーライというだけで危険。

それくらいの意識を持って、冷静に試合を進めましょう。

 

勝ちたい・・・と考えるほど、テニスはもしかすると「楽しい」ものでは無くなるかも知れません。

ですが、勝つ為に冷静に自分をコントロールして、試合を遂行していくことが、実は本当のテニスの楽しさ。

相手に見せてはいけない・・・と、難しく無理に考えると頭も身体が固くなりますが、まずは「堂々と、明るく」試合に臨むこと。

普段の練習の中から、少しだけ意識してみて下さい。

周りに自分が、どういう風に見られ、感じられているのか・・・ということを。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

    テニスが強くなる人、それって特別な人?でしょうか?私はそうは思…

  2. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ

    今日もどこかのテニス大会の会場で、聞こえて来そうなセリフばかり。…

  3. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とは、「決して何か特別なことをする場では無い」ことだけ、覚えておいて欲しい

    「試合」・・・特に公式戦と聞くと、何か特別なものという響きがある。…

  5. テニス 居場所

    メンタル

    テニスの試合で、「マナーが悪い選手に対して感情的になる」のは、トレーニングと準備で改善できる

    これは最近私も経験しましたので、改めて。テニスの試合では、残念…

  6. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    何かを変える時期は、とことん結果を無視すること
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    なぜ、テニスではサイドステップを使うんだろう?
  3. テニス ストローク

    ストローク

    試合でストロークを置きにいってしまう人は、「打点をなるべく身体から離してみる」と…
  4. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使え…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう
PAGE TOP