テニス メンタル

メンタル

テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ

試合の中で、相手を観察していると「おっ」と思うことがあります。

何気ない相手の仕草の中に、「弱さ」や「隙」が見えると、試合の中で勝つ自信が生まれてきます。

逆に、本当に試合で強い相手はそういった細かい隙が無い、仕草一つにも意志がある。

感情をコントロールして、自分の見た目や雰囲気もコントロールする。

テニスの試合で勝つ為には、「やってはいけない行動」があることを覚えておきましょう。

 

テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ

 


 

1.カウントを忘れる

試合中に、今現在のカウントを忘れてしまう人がいます。

自分が何ポイント獲ったのか、相手が何ポイントかを覚えていないということは、状況の整理が出来ていないということ。

つまり、作戦も何も考えていない、という風に思えてしまいます。

相手に、「今、いくつでしたっけ・・・?」と聞いているような選手は、試合で勝ち抜ける訳がありません

普段の練習の中で、過去にどういうポイントを積み重ねてきて、今どういう作戦で動いているのかをしっかり意識しましょう。

 

2.セルフジャッジが遅い、声が小さい

テニスの試合のほとんどはセルフジャッジで行われます。

その声や精度で、大体のテニスの実力は分かる。

しっかり声とジェスチャーで、自信を持ってセルフジャッジをすることは、相手に対して「勝つ自信あるよ」という意思表示になります。

ジャッジを小さい声でやったり、遅れたようなジャッジをしている選手は、試合で勝つのは難しい。

自分で良い流れをもってくる意味でも、改めて見直してみましょう。

 

3.試合前のトスやルール確認に消極的

試合前の相手との打ち合わせにも、見せてはまずい行動があります。

しっかり準備ができているのに、モジモジして相手がラケットを回すのを待っている。

ルールの確認、ノーアドバンテージ形式か等は全て相手任せ。

こんな意識では、試合開始直後から相手の主導権でスタートしています。

試合はその開始前から、始まっているのです。

 

4.ポイントを失ったときの落ち込んだ姿

1ポイント失っただけなのに、必要以上にがっくりしているような選手が多い。

特に学生の方は、ダブルフォルトで失ったポイントに、必要以上にショックを受ける人が多いように思います。

攻撃的なミス、しっかりした意図の元に打たれた結果の失点であれば、落ち込む必要は全くありません。

その姿を見て、相手は何を思うのか。

むしろ堂々として、しっかり前を向いて次のポイントに進むようにしましょう。

メンタルコントロールが難しいですが、後ろ向きな姿勢は、どんなときであれ試合中に見せるべきでは無いのです。

 

5.必要以上のガッツポーズ

あくまで持論ですが、ガッツポーズが必要な場面もあります。

大事なポイントを獲ったときには、流れを持ってくる、ここからいくぞ!という意味も込めて、派手なアクションも必要でしょう。

ポイントは、全て自分の「意図的な作戦に基づいて」行われるということ。

思ったより良いショットが入って、「やったー!」と喜ぶようなガッツポーズは、あまり相手に見せるべきではない。

「この選手、こんなことで喜んでいるのか・・・」と思われて、実力が疑われてしまいます。

試合中に自分が繰り出すショットは、全て計算済のものであるべき。

想定外の良いショットでポイントを獲れても、それは結果オーライというだけで危険。

それくらいの意識を持って、冷静に試合を進めましょう。

 

勝ちたい・・・と考えるほど、テニスはもしかすると「楽しい」ものでは無くなるかも知れません。

ですが、勝つ為に冷静に自分をコントロールして、試合を遂行していくことが、実は本当のテニスの楽しさ。

相手に見せてはいけない・・・と、難しく無理に考えると頭も身体が固くなりますが、まずは「堂々と、明るく」試合に臨むこと。

普段の練習の中から、少しだけ意識してみて下さい。

周りに自分が、どういう風に見られ、感じられているのか・・・ということを。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス 指導

    メンタル

    絶対に勝たないといけない試合、がアナタを強く育てていく

    試合に出ているみなさんが、避けて通れない試合。それは、間違いな…

  2. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ

    一昨日は広島カープがセリーグでの優勝を決め、一つの節目の日となりました…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

    テニスを続けていると、色々な人と出会う。高校、大学までは部活や…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要

    私が試合を見ていて、「この人強いな」と思う人。そういう人って、…

  5. テニス 試合

    メンタル

    意識高い系、しかテニス界では生き残れない

    「相変わらず、意識高い系ですね」年末年始に、久しぶりに会った…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    試合の後には反省だけでなく、「ポイントが獲れたパターン」も客観的に確認して次につなげましょう

    試合後に、皆さんの話を聞いていると反省の弁が多い。すごく意識高…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「やってみたら、勝てる可能性アップ!」シングルスの試合でサーブ&ボレーが有効な対…
  2. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について
  3. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「相手が2人いるから、第3の手段」が選択肢として必要
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく
PAGE TOP