テニス トレーニング

練習メニュー

「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。

特に学生の皆さんは、部員数も多いチームでは打てるボールの数も限られる。

自宅で簡単に出来る練習を習慣化させてしまえば、アナタは確実に強くなれます。

続かない・・・と思っている人も、1日どれか2つくらい、5分間でOK。

ぜひ今夜からでも、初めてみて下さい。

1.サーブのトスアップを基礎練習

テニスボール一つあれば、トスアップの練習ができます。

オススメは、椅子に座って下半身を固定した状態で行うこと。

ボールの握り方や、腕の動かし方など、色々工夫してみて下さい。

スマートフォンをセットして、動画を撮影してみるのも良いですね。

良いトスアップは、客観的に見ても安定感があります。

ぜひ、自分が見て安定感が感じされるようなトスアップになるよう、練習を重ねてみて下さい。

2.リターンのステップからの素振り

リターンは、なかなかオンコートで練習する機会が少ないショット。

ですがこのリターンが入らないことには、試合になりません。

まさに、素振りの出番です。

相手サーブをイメージしながら、ぜひ前に踏み込んでいくフットワークのステップから、ラケットの素振りまで行って下さい。

なかなか広いスペースが無い・・・人は、ラケットを持っていなくてもOK。

薄い雑誌を丸めてでも良いので、持っているテイで練習してみましょう。

3.攻守に使える2種類のスプリットステップ

スプリットステップは、普段のラリーの中ではどうしても「何となく」になってしまいがち。

しっかりとスタンスを広く、重心を落としたステップは、練習しないと身に付きません。

また細かい部分では、攻撃的なスプリットステップは「つま先だけで着地する」ことで、前に向かっていくような感じも大事。

逆に、相手の攻撃に耐えるには、「沈み込むような守備的なステップ」も求められますよね。

試合の場面場面を想定して、しっかり練習を行いましょう。

マンションに住んでいる方は、下の階の方の迷惑にならない程度に・・・。

   

4.コーディネーションの基本、ジャグリングを3つのボールで

これは難易度が高いんですが、ジャグリングを出来るようになるとテニスは強くなります。

まず、2つのボールを片手だけで出来るように、試しに外の公園等でやってみて下さい。

軌道を安定させれば、必ず出来るようになり、これはトスアップの精度アップにも有効です。

3つを両手でジャグリングできるようになるには、まず2つのボールを片手で、から挑戦してみて下さい。

コツは両手はあまり動かさずに、ボールを投げる、キャッチするを繰り返すことです。

5.テニスノートを読み返したイメージトレーニング

自分のテニスノートは、ただ記録するだけではあまり意味がありません。

しっかり時間を取って、読み返すこと。

それも、1ヶ月前、1年前と、かなり前の時期の内容も読み返すことで、新しい発見が必ずあります。

後から読み返すと、書いていくスキルもアップします。

文字と向き合う、自分と向き合うこともテニスの大事なトレーニングです。



1日5分、例えば寝る前にルーティン化してみて下さい。

寝る前に、歯を磨かないと気持ち悪くて眠れない・・・それくらいまで、このトレーニングを習慣化させたい。

やらないで寝ると、どこか気持ち悪い、みたいな。

そこまでくれば、きっとオンコートでのテニスも変わっているはずです。

↓負荷を調整出来る便利なチューブトレーニング器具はコチラ

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

  2. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習

    「良い練習とは、どんな練習ですか?」と、たくさんの方からご質問で頂きま…

  3. 練習メニュー

    周りの仲間から、「悪い影響」を受けやすいのもテニス

    一生懸命、練習しているつもりなのに、なかなか上達しない。試合で…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

  6. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

特集記事

  1. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ
  2. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?
  3. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ
  4. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる
  5. テニス サーブ

    戦術

    連続ポイント、は意図的に
PAGE TOP