練習メニュー

武器を作る、1つに集中してみよう

本気で自分の武器を作りたい、そう考えているみなさん。

私から、一番の上達の秘訣をお伝え出来るとすれば、これ。

とにかく、集中して行うこと、そして試合で使うこと。

これを1ヶ月間でも続けてみて下さい。

きっと、変わるはずです。

 

武器を作る、1つに集中してみよう

 


 

1.普通の練習では、身に付かない

テニスって、基本的にオールラウンドな能力が求められる。

守備も攻撃も、観察も分析も、全て自分一人で行わないといけないですからね。

ですので、練習って広く浅く、になりがちなんです。

これが、普通。

だから、普通の意識では何かを伸ばしていく、本気で武器を作るというのは難しい。

みなさん、分かってはいるけど・・・踏み切れないんじゃないですか?

思い切って集中する、ことが大事なんです。

 

2.ドロップボレーを必死で練習した経験

これが、私にはあります。

ボレー対ストロークのラリーで、普段なら続けるようなボレーも、浅く狙う。

相手にも伝えておきますが、毎回ラリーが途切れるとちょっときまずいですよね。

だから、ポケットがパンパンになるくらい、ボールを持っておく。

自分がドロップボレーを打ったら、もうすぐ、次のボールを出せるように。

ラリーは途切れますが、時間はムダにしない。

徹底して、こういう感じのボレー対ストロークの練習をずっとやる。

やったからこそ、私は今自分の武器が出来ているんだと思います。

徹底するって、なかなか出来ないものなんですよ。

 

3.試合で使うこと、が大事

武器を作ること、に集中している期間でも試合で使う。

私は、これが絶対に大事だと思っています。

なぜなら、練習のモチベーションが続かないから。

必死で特化して練習しても、「これが出来るようになって、本当に試合で勝てるのか・・・?」という疑問が、どうしても毎日湧いてくる。

それを打ち消すのが、試合での経験です。

練習している武器を少し使ってみて、反応を見る。

ポイントが取れなくても、自分の中で新しい兆し、きっかけが見えることがあるんです。

それが見えると、練習は楽しくなる。

集中して、継続していくためにはずっと練習だけではダメ。

早く実戦の場に立たせてあげること、が大事です。

 

4.アナタ自身が「変わる」という意志を持つこと

これが一番、大事です。

何度も書いて来ましたが、技術が上達するということは、「変わる」ということ。

腕力や動体視力、が急激に練習で伸びることは無い。

上手くなる、とはコツを掴んで変える、ということです。

だから、試行錯誤が大事。

ただ数を打つ、だけじゃ厳しいでしょう。

打点にフットワーク、グリップ、手首の角度、色々自分で試してみる。

1つの技術に特化して、自分で研究して初めて、武器が身に付いていくのがテニスです。

 

アナタ自身の身体は、アナタ自身にしか動かせない、感じられない。

周りからのアドバイスは大事ですが、アナタの感覚を一番大事にしてみて下さい。

そして何より、集中して徹底的に1つの技術、を1ヶ月間突き詰めてみること。

これが何より大事、です。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    「速い攻撃」を習慣付ける試合形式の練習メニューとは?

    今年も始まりましたね、ウィンブルドン。この大会の特徴は、何と言…

  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスにおいて「雁行陣の弱点」をケアする為の練習メニュー

    雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

  4. テニス 戦術

    練習メニュー

    上手くなるとは、再現性を高めること

    自分はテニスが上達しているのか、どうか。これを計る基準、みなさ…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    セカンドサーブは、打ち上げる感覚で
  2. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    気持ちが昂るのは良いが、焦っても良いことは無い
  4. テニス 戦術

    ストローク

    「回転掛けて、安定感」テニスの試合で使えるストロークにするために
  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポ…
PAGE TOP