テニス メンタル

メンタル

やってきたテニスに、影響を受けない人なんていない

どうにも、何かを変えようにも難しい・・・。

いや、それって当然なんです。

今までのテニス、自分がやってきたり触れてきたテニス、が真剣だった証拠ですから。

しっかり強い意志を持たないと、そう簡単に自分を変えるなんて無理でしょう。

だからこそ、なんですけどね。

 

やってきたテニスに、影響を受けない人なんていない

 

1.自分の過去を、整理してみる

これって、大事です。

自分の今のテニス、はなぜこういう感じになっているのか。

誰かから教わったから?

でも、そのテニスを選択してきたのはアナタ自身ですからね。

特に、学生時代ではなく社会人になってからテニスを始めたみなさんも、自分が何に影響を受けてきたのか・・・を、一旦整理してみることはすごく大事。

そこに、アナタ自身らしさだったり、意志があるはずですから。

そして、そうやって整理した自分のテニス、を少しずつ変えていけば良いんです。

 

2.過去の自分に影響される、のは当たり前

何かを考えるにしても、そうじゃないですか。

「前に出てネットプレー、入れましょう!」と言われても、蘇る記憶は過去にチャレンジして抜かれた経験ばかり。

もちろん、上手くいったケースもあるはずですが、人は失敗した、負けたことを強く印象として残していますから。

しっかり整理しないと、いつまで経ってもその記憶が足かせになってしまう、のがテニスだと思いますよ。

自分は常に、過去の自分に影響されているんだと。

まずはそこを認識するだけでも、きっと変わるはずです。

 

3.私自身が、衝撃的だった大学入学時の「スマッシュ」概念の破壊

スマッシュは、チャンスを決めるショット。

私はそう考えていました。

でも大学入学のときに、同級生がベースライン近くからでもバンバンスマッシュを打っていく、チャンスじゃないボールも動いてチャンスに変えていく姿勢に衝撃を受けたのを覚えています。

今までは、自分の過去でしか計れていない、見れていなかった世界が一気に広がった衝撃、忘れられません。

その後は、何かあるごとに過去の自分を整理して、引き出すように意識してきました。

そのおかげで、だいぶ先入観が消えて今がある。

私はそう考えています。

 

4.私たちはあくまで先、未来のことを考えよう

でも、それも過去の話。

私たちは、どんどん未来のことを考えて、挑戦していきたいですからね。

その為にも、過去の自分としっかり向き合う、整理しておかないといけないですよね。

先入観を持ったり、劣等感を持つ人、テニス界では多いじゃないですか。

影響を受けること自体、当たり前。

でも当たり前のことに、右往左往する人、メンタルがやられていく人が多い。

自分を越えていく、卒業していくきっかけになっていくのがテニス、だと最高ですね。

 

考えないつもりでも、過去のことを考えてしまう。

それはみなさんも、経験あることだと思います。

いつも書いているように、こういう時こそテニスノートの出番です。

書き出してみるだけで、きっとアナタ自身の過去も整理出来ると思いますよ。

自分が一番、テニスが楽しかった時期、伸びた時期、落ち込んだ時期・・・。

全てアナタ自身の財産、ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?

    絶対獲りたい1本、試合の中でありますよね。4-4、30-30 …

  2. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる

    練習と試合の違い。私は、結構こういう目に見えない問題が大きいと…

  3. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    闘志を見せない相手には、必ず奥底に隠している強さがある

    皆さんは、試合で戦い辛い相手って、いますか?私はこんな選手。…

  5. テニス 練習

    メンタル

    正統派以外を、どこかでアナタは見下してはいないだろうか?

    先日私が対戦した相手は、かなり特殊な感じのダブルスペアでした。…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツではありません

    日本人は、「途切れること」「途絶えさせること」に対してどこか拒否感を持…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「相手のチャンスの場面」こそ、強気でいこう!
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「下半身を使ったストローク、よく分からない…」人は、まず骨盤を意識して反応させて…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!
  5. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
PAGE TOP