テニス トレーニング

メンタル

テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

テニスの試合の中で、本当に強い選手は見た目のショット、では判別出来ない。

でも、長いラリーを見ているとすぐに分かります。

「あ、この選手はきっと、試合に強いな・・・」という選手。

ラリーの中で、ジワジワ攻撃して相手に反撃させない。

でも、自分はミスするようなショット、は打たない。

つまりは、攻撃に継続性があるんですよね。

理想かも知れませんが、それは今のアナタ自身のテニス、でも出来ることだと私は思いますよ。

 

テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです

 

1.ミスが早いのは、攻撃を継続することに慣れていないから

試合に勝てない人は、ミスが早い。

それも、せっかく攻撃しているのに自分からミスして相手にポイントを献上していく。

こういう選手って・・・どういう心理で、そうなってるんでしょうか?

一つの答えとしては、「攻撃し続けること」に慣れていないんです。

自分の良いショットが、2本、3本と続いただけで、もう自分が「いつも通りじゃない」状態になってしまう。

そこで4球目を相手に返球されると、もうこの慣れない状況に自分が耐えられなくなって、ミスしてしまう。

要は、ミスのようでミスじゃない。

自分で攻撃し続ける、ということに不安を覚えて耐えられなくなっていくこと、が要因なんですね。

 

2.強い選手は、ジワジワと攻撃の精度を上げる

例えばプロ選手で言えば、ナダル選手でしょうか。

長いラリーになればなるほど、ボールの勢いがジワジワ上がっていく。

いつの間にか相手は攻撃される側、になって、しかもすぐにではなくなぶり殺されるように徐々にボールのペースを上げていかれてしまう。

怖いですよね・・・想像するだけで。

強い選手は、1本のショットが凄いんじゃない。

攻撃し続けること、に慣れてるんですよ。

それこそ、10球でも、15球でも、20球でも。

自分が攻撃し続けている限り、テニスはそう簡単には挽回されない。

大事なのは、とにかく冷静に焦らないこと。

長いポイントのラリー、しっかり攻撃し切ること、は大事なんです。

 

3.アナタ自身、大事なのは「速い構え」を繰り返すこと

これは、ストロークでもボレーでも基本です。

意外と、守備しているときは速い構え、が出来る人も・・・自分が攻撃しているときに、これが遅くなる。

テイクバックが遅い、構え直しが遅い、というだけで、もう連続攻撃には黄色信号です。

自分のどこかに隙があると、こういうちょっとした部分に現れる。

そしてその小さいほころびが、致命的なミスにつながるんです。

攻撃的なストロークを続ける、強い選手を観察してみて下さいよ。

もう相手の打ったボールがネットを越える前に、テイクバックを終えて足を決めている。

この構えがあるから、相手もコースが読めないし劣勢を跳ね返せない。

しっかりした理由、があるんです。

攻撃し続ける側、に居続ける選手には。

 

4.10球連続攻撃、イメージ出来ますか?

シングルスの試合なら、充分に有り得ますよね。

10球、連続で自分が攻撃していくこと。

これが、しっかりイメージ出来るかどうか。

「長っ!」と感じた人は、きっと試合でもミスが早い人じゅないでしょうか。

これくらい攻撃していても、11球目がアウトしたらもうポイントは相手のモノ。

残酷ですが、これがテニスです。

攻撃している時間は得点には反映されない。

攻撃し続けて、そのまましっかりポイントを取り切ること。

それが当たり前、くらいに思えるような練習・・・みなさんは出来てますでしょうか?

 

5.テニスの試合、攻め急ぐ必要は全く無い

これは常に、意識しておきましょう。

つい、相手が怖くて攻め急ぐ、ような選手が多いのがテニスの試合。

良い攻撃を、続けていくことに集中してみる。

ボールの深さ、軌道の高さ、を保ってみることがシングルスの試合では大事ですよね。

バックハンドをしっかり回り込む、浅いボールにもしっかり備えておく。

攻め急いでいる自分、に気付ければ、いつでも試合は修正出来ますからね。

10球攻撃し続けること、大歓迎!のスタンスでいきましょう。

まぁ、厳しいんですけどね・・・。

 

テニスの試合は、本当に辛く長いラリーを何度も繰り返さないといけない。

シコラーの考え方?

いや、これはテニスの試合の基本のスタンスだと思いますよ。

攻撃を続けていくこと、その行為自体に慣れること。

これが今のアナタのテニスに大事なステップ、じゃないでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス センス
  2. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!

    試合になると、練習の強気なショットはどこへやら。何度出て経験を…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく

    言い訳が多いテニス選手は、まず試合で結果を出せない。そういう選…

  4. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる

    試合の終盤、私は選手は2つに分かれると思います。1つは、積極果…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意…
  2. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっ…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合中の絶体絶命の場面で、笑うこと
  4. 戦術

    出来そうなことしかやらない、だから勝てない
  5. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること
PAGE TOP