テニス ストローク

フットワーク

シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

左右のフットワークはテニスの基本。

しっかりした守備力には体力が必要ですが、それよりも「ちょっとした意識」を変えていくことで、フットワークは変わる。

そう、意識の改革は何歳になっても、体力が衰えてきても、誰でも実践できるのです。

 

シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

 

1.「走らされている」のではなく「自ら走っている」

走らされている、という言葉は非常に怖い。

まるで相手の攻撃に自分が翻弄されているような印象を持ってしまい、精神的にも負荷がかかってきます。

テニスはあくまで自分から、主体的に打点に入る為に走っている、という意識が大事。

獲物を追い、仕留めるような感覚で左右に動くようにしてみましょう。

 

2.守備に戻る時間を作る

左右に走って、非常に苦しい状況であれば軌道を高くする。

高くすれば、少なくとも落ちてくるまでは自分が戻る時間が稼げます。

相手が打つ瞬間には、その場所から飛んでくるボールに対してしっかり守備がしやすいポジションにいたい。

自分の状況を冷静に把握して、軌道を高くする為の打ち方を普段から出来るように。

ただがむしゃらに走って、破れかぶれなショットになってはダメです。

 

3.スライスのショットで球速を遅くする

プロ選手の試合でも、スライスショットでしのいでチャンスを待つという場面は多い。

スライスの良いところは、何と言っても「遅い」ボールで深く打てること。

2.のように戻る時間も稼げますし、相手の打点も低くなるので連続攻撃を繰り出されにくくなります。

多少打点が後ろ、になっても返球出来るのもスライスの魅力ですよね。

フォアハンド、バックハンド共に、しっかり打てるように練習しておきましょう。

 

4.迷ったらとにかくクロス!に頑張って返球

ストロークの基本、迷ったらクロス方向に返球しましょう。

バックハンド狙い、ドロップも使う、前に出る・・・色々考えている作戦もあるかと思いますが、試合中は無我夢中なときもある。

そんなときに間違ってストレートに無理に展開すると、ミスになりやすいしカウンターを食らいやすい。

クロス方向へのショットは、時間も稼げるし次に攻撃されても守備がしやすい、という利点があります。

迷ったらクロスへ高く、深く、の意識が大事です。

 

シングルスの試合は、左右に激しく動いてこそ楽しい。

そう、楽しいと思えるくらい、走って止まって打つことに慣れて欲しい。

練習ではなかなか広くコートを使う、ことは難しいかも知れません。

だからこそ、返球意識を磨いて効率的な練習が出来るように頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    打つコースを2つ用意しながら、ボールを追いかけるのが試合の基本

    試合で走りながら、自分が打つコースを考える。これが、ちゃんと出…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスで守備力が高い選手は、「キャッチ力が高い」だけでは無い強さがある

    守備力が高い選手は、何が上手いのか?ラケットでのキャッチ力?…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  4. フットワーク

    コートをリカバリー出来るフットワーク、秘密は膝とつま先の向きに有り

    素早くコートを動いて、しっかり止まって打つこと。これが、なかな…

  5. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

    テニスでは、自分が打ったら次は相手。つまり、自分が2回連続でボ…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  2. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン
  3. テニス 練習

    その他

    「テニスの腕はイマイチでも練習に誘いたくなる人」に共通する5つの習慣
  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう
  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合でゴチャゴチャ動いた後は、「相手がつないで来るボール」が絶対にチャ…
PAGE TOP