テニス メンタル

練習メニュー

テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?

「あの人、ボールタッチが柔らかいな~」と、テニスをしていて感じることはありませんか?

この「柔らかさ」は、正直今の日本のジュニア選手、学生プレイヤーに一番欠けているものだと私は思っています。

ではこの「タッチの柔らかさ」って、一体どんな技術を指すのでしょうか?

なんとなく、ボレーやドロップショットが上手いとか・・・くらいに、曖昧になっている方もいると思います。

この機会に、一緒に考えてはみませんか?

 

テニスに必要な、「柔らかいボールタッチ」を身に付けるのに必要な練習とは?

 


 

■「柔らかいショット」とは、回転量が多いショット

回転量が多いスライスは、自然に「柔らかい」という表現がマッチします。

ドロップショットやアングルショット、スライスが効いたボレーもそうですね。

テニスボールの回転量が増えると、自然にボールは遅くなる。

遅くなるからこそ、相手の足元にボールを沈めたり出来て、ゲームメイクが出来る。

柔らかさの要素の一つとして、まず回転をかけたテニスがあるということは覚えておいて下さい。

 

■じゃあその回転、どうやってかける?

ボールに回転をかける、スライスのショットを打つ時に大切なことは何でしょうか?

まずは手首の角度をしっかり保つことと、ボールの「どこをラケットで触るのか」を明確にしておくこと。

スライスショットが苦手な人は、ボールの下を切りすぎたりして力が伝わっていかない。

下ではなくしっかりボールの後ろを潰すこと、そして高い・低いボールは横を捉えて横回転のスライスをかけるようにしてみて下さい。

その為に、グリップはストロークから持ち替えて、薄いコンチネンタルグリップにしておくことが大前提です。

コンチネンタルグリップが良く分からない人は、画像を検索したり人に聞いたり、まずは自分で調べてみることをオススメします!

 

■部活でも出来る、練習メニューは?

まずは短い距離からのラリーで、スライス回転をしっかりかけることを徹底しましょう。

ワンバウンドのラリーで慣れてきたら、その後は短い距離でのボレー対ストロークの練習もオススメです。

ストロークがベースライン近くにいると、距離も長く難しくなりますので、ストローカーがサービスラインの少し後ろでラリーをしてみる。

このとき注意したいのは、ボールスピードが速くならないこと!

「遅すぎる」くらいの感覚で、丁度良い。

その遅さは、フラットで当てるだけで遅くするのでは無く、あくまでスライス回転、打てる人はスピンの回転量を多くすることでコントロールできるようにしましょう。

 

一朝一夕には、なかなか身に付きません。

ですが「アナタ自身が必要として、変わりたい」と考えれば、きっとこういった柔らかいショットも打てるようになります。

ぜひ、チーム全体での目標として「柔らかいテニス」の練習を、しっかり行うことが大事。

速いテニスも良いですが、怪我も多く試合で使えるテニスがどれだけ身に付くのか・・・。

アナタ自身がどう考えるかを、まずは真剣に考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

  2. テニス 部活

    練習メニュー

    テニスの技術で壁を感じる人は、「向いていない」と決めつけるのが早過ぎる

    テニスは難しい。ラケットを使ってボールを打つ、やっていない人か…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  4. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している

    テニスの上達において、本当に必要なものは何なのか。極論を言えば…

  5. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    「慣れない技術に積極的にチャレンジする」ために、ポイント練習を工夫する方法とは?

    普段の部活や練習の中で、「ポイント練習」をする機会も多いと思います。…

  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

    テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。テニススク…

特集記事

  1. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
  2. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
  3. 日々の雑記

    テニスの試合に出ている方から、必要とされる為に
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる
  5. テニス 楽天

    ストローク

    テニスの試合に勝てる選手は、「ラリーの中で、プレーとプレーを繋げる攻撃」が上手い…
PAGE TOP