テニス ポジショニング

メンタル

「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。

結局、「良いテニス」とはどういうテニスなのか・・・という、問いかけについて改めて書いてみたいと思います。

色々な人の、色々な考え方があると思いますが、シンプルにかつ、合理的に。

今回は2つの視点で、考えてみたいと思います。

 

「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

 


 

■まず1つ目は、「継続できるテニス」であるということ

まだ若い学生の方はイメージが湧きにくいかと思いますが、テニスは怪我との付き合いが大事なスポーツ。

どんなに良いショット、華麗なプレーが出来ても、結果身体を痛めてしまっては試合でも勝てない。

勝てないどころか、試合が出来ない状態になってしまうテニスは、良いテニスとは言えません。

年齢が10代のうちは筋肉も柔らかく、自然に怪我をし辛い身体になっていますが、30代、40代と年齢を重ねていくにつれて身体も変化してきます。

そこで、テニスをどう変えていけるか、という部分が、良いテニスになれるかどうかの分かれ目だと私は思います。

継続できるテニスは、1日3試合、10時間以上コートに立っても、しっかり同じようなプレーが出来るかどうか。

それが出来るテニスが、良いテニスなのです。

 

■打つコースを隠して、オールラウンドなプレーが出来るテニス

本当は試合に勝てるテニス、と言いたいところですが、今回はより具体的に。

テニスはみな、フォームもプレースタイルも異なっていて面白いスポーツですが、試合に勝つにはある要素が必要になります。

それは、「しっかり打つコースを隠せるテニス」です。

打つコースの選択肢が複数あり、その中から選択して相手に悟られないように攻撃できるかどうか。

そしてそのショット、プレーが、ベースラインでもネットプレーでも、サーブやリターンの場面でもしっかり出来るかどうか。

これが良いテニスの要素としては大事であり、結果試合に勝てるテニスだと思います。

 

■3つ目をぜひ、自分自身で考えて欲しい

「そんなの、言われてみれば当たり前じゃないか・・・」と思った方、多いと思います。

そう、当たり前のことこそ、良いテニスのベースになる。

そしてスパイスの効いた3つ目の要素、ぜひアナタ自身で見つけてみて下さい。

正解はありません。

答えを出すこと自体が、正解であり長いテニス人生の旅のテーマでもあるのです。

「おおげさな・・・」と思うかも知れませんが、ぜひ中学生、高校生の方にも、向き合って欲しい。

良いテニスとは、どんなテニスなのか。

自分なりにぜひ、考えて見て下さい。

 

試合に勝つには、ただひたすら、後ろで粘った方が良いのかも知れない。

でもそれって、良いテニスなのか、自分がやりたいテニスとは違うんじゃないか・・・。

そう考えているうちに、そんな粘りのテニスで結果が出てしまって変えられなくなる。

そんな時期も、長くテニスを続けていればがあると思います。

アナタにとっての「良いテニス」の答えは、今見つからないかも知れない。

だからこそ、探し続けて下さい。

それがきっと、試合で勝てる、強いテニスを作り上げていく基礎になるはずです。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    練習でも試合でも、テニスコートに立てば人格を変えられる人になろう

    「一般とプロ選手の違いって、どこですか?」と、聞かれる機会が多いので最…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    今から始めても遅くない「客観的に自分のテニスを見つめる」為の手段5つ

    もうすぐ4月。何か新しいことを始めたり、自分自身を変えてみたい…

  3. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ

    テニス選手として、最高に嬉しいこと。それはやっぱり、試合に勝つ…

  5. メンタル

    挑戦や失敗を、楽しめるスタンスが大事

    テニスの試合に出ていて、何が楽しいのか。私は、もちろん勝つこ…

  6. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

    何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。で…

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスにおいて、「打った後に戻る」は基本であり絶対では無い
  2. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切
  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本
  4. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳で…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークの基本中の基本、「バウンドの高さに合わせたテイクバック」は、利き腕では…
PAGE TOP