テニス メンタル

メンタル

先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる

試合でコンスタントに結果を出していく人、まさにトップランナー、ですよね。

それが市内、県内、全国であろうと、私は勝ち続ける人はこういう特徴があると思います。

無意識にでも、自分でルールを作って、実践している。

習慣、ともまた違う、独特の自分独自のルール。

あくまで自然体に、自分らしく。

でも、無理しない。

皆さんも、ちょっと意識してみると、行動が変わり結果が変わるでしょう。

 

先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる

 

1.自分で決める、行動する

テニスって、結構「用意された環境」でやりがちなスポーツ。

サークルでも部活でも、まずは学校に入って入部、しますよね。

自分で一から作る、というケースは稀でしょう。

「自分でテニスをやるぞ!」と決めた後は、どこか他人任せ、環境任せ、だと思いませんか?

自分で決めて行動するのは最初だけ?

きっと、それってもったいない話。

組織やチームに入っても、自分で「テニスをやるぞ!」と決めた意志を忘れないで欲しい。

その意志こそ、行動に変わっていく源になるでしょうから。

 

2.自分のルールって、何だろう?

例えばテニス以外でも、アナタなりのルールはもうあるはずです。

寝る前に歯を磨く。

その歯の磨き方だって、実は人それぞれ違う。

どこかに必ず、自分らしさ、自分らしいルールを入れて過ごしているのが人間、ですからね。

ちょっとテニスで何か、自分なりのルールが無いか考えてみて下さい。

無意識に、意識して続けていること。

自分なりの流儀、みたいなもの。

そこにアナタが強くなるヒント、があるはずです。

 

3.先頭を走ることを、恐れてはいけない

これが難しい。

マラソンでも、先頭は一番風を受けるし体力の消耗も激しい。

道が乱れていたら、一番最初につまずくのは先頭を走っている人ですからね。

でも、先頭の人は一番先に、一番遠くの景色を見ることが出来る。

これって、実はテニスでも大きいんですよ。

新しいことに、慣れることが出来る。

何が起きても慌てない、自分が先頭を走っている特権だと思うことが出来る。

チャレンジが苦じゃなくなる、という気持ちにもなるかも知れません。

普段の練習、球出し練習を先頭で並んだり、ランニングで先頭を走ったり、一番最初に練習コートに到着してみたり。

そういう小さい行動から、変わっていくはずです。

 

4.自分でルールを作るから、メンタルが安定する

試合前の準備、試合中、試合後の整理。

自分なりのルール、作り始めてみませんか?

きっと試合が特別なこと、じゃなくなると思うんですよ。

そうなると、きっと結果も良い方向に向いて来るはず。

何でも良いと思います。

試合前の準備は2日前に終える、試合中はチェンジコートで時間を使う、試合後はすぐにテニスノートを付ける・・・。

「これはやった方が良いことかな?」と思っていることを、少しずつ始めてみる。

そして、続けてみる。

この行動こそ、アナタのルール、になっていくんだと思いますよ。

ルールに沿って行動するから、メンタルも安定するし試合も勝てるようになるでしょう。

 

5.試合に勝つことだって、ルール化出来る

これは極論ですが、強いテニス選手はこういう感覚を持っている。

自分のリズムを持っていて、ルールに沿って1回戦、2回戦と勝ち上がる。

押さえないといけないポイント、だけしっかりルール化しておいて、いつも通り安定感のある試合が出来る。

「いや、それは上手い人、経験がある人だけだって」と、思う方も多いでしょう。

本当にそうでしょうか?

敏感な人、センスがある人って、初心者の頃からこういうルール化を意識しているはず。

アナタ自身も、型から入ってみるのが良いでしょう。

騙されたと思って、やってみて下さい。

 

きっと、試合に出ること、そして勝つこと。

これをいかに「普通のこと」に出来るかがポイントだと思います。

毎回、私自身も緊張しますけどね・・・。

最初から良いルール、最高のルールなんて作れない・・・けど、ちょっと先頭、走ってみませんか?

きっとそれだけで、成長の速度、早まると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思います

    試合に負けた後に、びっしりとテニスノートに書かれた分析。それを…

  3. テニス トレーニング

    メンタル

    逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

    テニスの試合で、大逆転を経験する。される方も、する方も、きっと…

  4. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう

    つい、感情的になってしまう。それが、テニスの試合です。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない

    試合の中で、自分で勝手に自分のショットを評価する人。それも、大…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

    全豪オープンもここからが佳境!今日、今まさに錦織選手の試合も始…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
  2. テニス メンタル

    ロブ

    自分のロブが安定しない人は、ゆっくりラケットを振ってみよう
  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    前衛のプレッシャーに耐える、実戦的な並行陣のボレーを磨く練習メニュー
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!
  5. メンタル

    ノンプレッシャーのテニス、面白い?
PAGE TOP