テニス メンタル

テニススクール

テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人

テニススクールのクラスの練習、参加していると大抵流れは決まっている。

レッスンの序盤にはコーチが説明、基礎的な練習をコーチの球出し練習からスタートしますよね。

そんな何気ない風景の中に、実は上達が早い人がすぐに分かるあるポイントがある。

スクールに通っている皆さんは、どうでしょうか?

 

テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人

 


 

■誰だって最初は「様子見」をしたい

日本人て、特に失敗に対して恐怖心がすごい。

それも、上手くいかなかったミス、というよりは「理解出来ていない」ように思われるのを極端に怖がっている。

私だって、そうです。

ですが、実際の試合では知らないことにどんどんトライしたり、ということが求められますよね。

球出し練習、本当は最初「どんな具合なのか?」を、後ろから様子見をしたい。

そんな人がほとんどの中で、先頭に立って自分から「試しにやってみよう」という感じの人は、絶対に試合でも強くなるでしょう。

 

■ただの「出しゃばり」や「図々しい人」と、何が違うのか?

先頭に立って、ミスしてしまっても良い。

ですが、根本的にコーチの話を聞いていなかったり理解不足、となるとそれはただの図々しい人。

周りにとっても時間のムダだし、迷惑。

当たり前ですが、先頭に立って練習を引っ張っていくには、一番その練習を理解していないといけない。

コーチの説明、練習の意図を、一語一句漏らさず聞いて自分で理解しないといけない。

先頭で頑張っていこうという人は、自然とそういう姿勢が身に付いていくもの。

この覚悟がある人が、テニススクールでも上達が早いのです。

 

■ほとんどの人が、コーチの説明なんて聞いていない

私の感覚では、ほとんどの生徒さんはコーチの説明を聞いていない。

聞いていない・・・と言えば語弊がありますが、聞こえているだけで心から聞いて、テニスを変えていこうとはしていない。

テニススクールには、色々な目的を持った生徒さんが集まります。

アナタ自身、もしその場でしっかり上達したいと考えているのであれば、もっと貪欲にならないと。

周りの雰囲気、後ろから様子見をしていたい人たちに紛れてはダメなんです。

 

先頭で練習を先導していく姿勢、はテニスにも必要。

個人競技だからこそ、私は必要な要素だと思っています。

考えてみれば、先頭って自分自身にも一番プレッシャーがかかる。

そうやって負荷をかけて、自分を鍛えていく。

これこそ最高の、テニスにおけるメンタルトレーニングでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニススクール

    テニスが上手い人は、コーチに向いている?

    「将来テニスコーチになりたいんですが、何を勉強しておけば良いですか?」…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    コーチや先輩に「本音」を伝えられなければ、アナタのテニスは変わらない

    テニスは自分で考えること、工夫することが大事。このサイトで何度…

  3. テニススクール

    「テニススクールの通い方」本当に試合で強くなるには生徒自身の主体性が不可欠

    18歳で上京してテニススクールコーチの会社に就職。そこで10年…

  4. テニス 計算

    テニススクール

    テニスを習っているけど、「アドバイスが多過ぎて混乱してしまう」という人は、どうすれば良い?

    私が10年以上前、テニススクールでアルバイトコーチをしていた頃は、こん…

  5. テニス サイト

    テニススクール

    「多分こういうことだろう」を、レッスンでは捨てよう

    テニススクールでのレッスン、この発想になったら要注意です。確か…

  6. テニス メンタル

    テニススクール

    「誰かから指導されている」というレールを、外れる覚悟を持とう

    テニスは誰かから、習うもの。もちろん、最初はそれで良いと思いま…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は…
  2. テニス 団体戦

    メンタル

    試合になると、相手が気になり過ぎる方へ
  3. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  4. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
PAGE TOP