テニス 客観視

メンタル

テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。

毎年開催されるウィンブルドン、イギリスの色が強いスポーツなのかも知れないが、確かに他スポーツと比べてもシードダウン、格上選手が負ける機会は少ないように感じる。

いつの間にかそのテニスの悪しき部分、に私たちも染まってはいないか。

そう、出会って間もない人、相手選手を、格付けしていないかという自問自答は大事です。

 

テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

■出身校、ランキング、実績、が何を意味するだろう

テニスは対戦相手、の情報を得るのが容易い。

今ではインターネットもあり、スマフォで簡単に選手名とテニス、で検索すると実績が出てくる。

またトーナメントでは肩書となる所属、が表示されていますので、その選手がどういう環境でテニスをしているのかも把握できる。

これって、「先入観を持って下さい」と言われているようなもの。

試合に臨むにあたって、マイナスになることはあってもプラスになることは無い・・・のではないでしょうか。

 

■一番の敗因になり得るのは、試合前の先入観

テニスの試合に勝つにしろ、負けるにしろ、それはアナタが試合前に想像していたことに近いのかも知れない。

テニスって、そういう機会が多いと思いませんか?

極端な話、勝てると思った試合は勝てるし、負けると思った試合は負ける。

相手を外枠で決めつけて、勝てるか負けるかを先に自分の中で決めてしまっている。

ようなこと、よくありませんか?

 

■「外枠」は間違った情報も容易に与えてくる

人は何かを「知らない」というのが怖い。

だからこそ、外枠で得た情報で「分かった状態」を作りたくて必死になる。

テニスでも同じです。

「○○高校なら、きっと強いな・・・」

「第○シードだから、勝てないだろうな・・・」

「次の相手はネットで検索しても良い戦績が出てこないから、きっと勝てるな・・・」

こんなこと、考えて試合に臨むこと、ありますよね。

必ずしも悪いことばかりではありませんが、あくまでそれは一つの情報でしかない。

実際にはコートの上に立って、ボールを打ちあってみて分かること、得る情報のほうがよっぽど貴重です。

 

相手をよく調べる、研究することはとても大事。

ですがそれは、アナタ自身の眼で見て肌で感じること、得る情報が一番優先されるべき。

肩書きやネット上の情報、はあくまで外部の情報でしかない。

外枠で決めつける、ことほどテニスで怖いことは無い。

階級や外枠なんて、コートに立てば何の意味も無い。

アナタ自身、相手の真の実力を観る眼を、養っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること

    試合は競ったまま終盤に、4-4で、デュースに入って…。正直、…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスは逃げない、逃げるのはいつも自分だということ

    試合に出ていれば、辛いことばかり。テニスを真剣に続けていれば、…

  3. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  5. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

    最近、改めて感じることがあります。アンケートやお問合せ、twi…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手を見て、「あいつらは別」と考えるのか、「自分と変わらない」と考えるのか
  2. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合、強い相手と対戦するときほど、「ラリーを避けよう」と考えてはいけない…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について
  4. テニス 指導

    メンタル

    なぜ、アナタには執着心が身に付かないのか?について、そろそろ考える時です
  5. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人
PAGE TOP