テニス リターン

リターン

ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来ると試合で有効。

特に雁行陣のダブルス相手には、サーバーの前のスペースを突いていける良い飛び道具になる。

このショットのコツは、何よりしっかりスライス回転をかけること。

弱く打とうとして力を加減しても、きっと失敗してしまうのです。

 

ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

 


 

■ドロップショットは、ラケットを上から下に振ろう!

スライス回転がしっかりかかってるけど、伸びが無くて少し山なり。

そんな軌道が、理想的なドロップショットです。

逆回転がしっかりかかっているとバウンド後に弾んでいかないので、相手も拾いにくい。

その為には、置きにいくのではなくしっかりスライス回転で振り切ることが大事なんです。

 

■置きにいくようなフォームは、相手にバレバレ

何より、置きにいく、力を加減して弱く打とうとすると相手にバレる。

すごくバレやすいんです。

だからこそ、スライスショットのように見せることは大事。

回転をしっかりかける、上から下に振るけどフォロースルーは前に取り過ぎない。

これで充分、良いドロップショットになるはずです。

 

■ポジションを前にすれば、絶対的にドロップショットは打ちやすい!

リターンのポジションを前にしておくと、安全かつ大胆にドロップショットを打てます。

リターンやドロップショットは、「後ろから打つもの」という意識が強い人、いませんか?

コートの後方から打ったら、それだけ相手が走る時間も長いし狙う距離も遠い。

相手のセカンドサーブであれば、積極的にポジションを前にして攻撃していきましょう!

 

ドロップショットはラリーの中だと、なかなか勇気が要る。

リターンで打つ、と決めておくと迷いが無く実行できるのでオススメです。

もちろんダブルスの試合では、しっかりペアと打ち合わせをしておいて確認しておきましょう。

攻撃のオプションの一つとして、ぜひチャレンジしてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来

    試合の中でのブレイクポイント。これに対して、どういう数の心理、…

  2. テニス 居場所

    リターン

    サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

    何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。こう…

  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパートナーと打ち合わせ…

    ダブルスの試合に出始めたペアの方は、まず攻撃のパターンを増やしていかな…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ノーアド形式でゲームを取れないのは、運が悪い?

    「いやー、運が無かった。ノーアド全部、取られちゃったよー」と、…

  6. リターン

    「何だ、このサーブ楽勝じゃん」と思った試合ほど、危ない

    気が付かないうちに、油断してしまう。これは、テニスの試合でよく…

特集記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    自分の実績を気にしてるのは、自分だけ
  2. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で女性狙い、安易に考えないこと
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事
PAGE TOP