テニス リターン

リターン

ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。

それは、どこかで「割り切れていない」からかも知れません。

相手のサーブがすごく良い、それなのに自分も「すごく良い」リターンで対抗しとうとしていませんか?

ブロックリターンというオプションがあると、シングルスの試合のリターンゲームは変わります。

 

ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

 


 

1.相手のサーブが手に負えないときに使える

相手がどうしようもないくらいに、ノリノリにサーブを打って来る、入って来るときありますよね。

そんなときに、どうするか。

まずはスライスで、しっかり相手コートに入れる、だけでも相手は嫌なはず。

サーブを打って、その次に1回触らせることが出来るかどうか。

ポイントを取られても、この小さい一歩が試合の後半には効いてくるはずです。

 

2.コースを突かれたサーブでも、態勢を戻せる

きっと、厳しいコースを突いたサーブの後、アナタは苦しい態勢なはず。

やっと触れるようなリターンなら、滞空時間を長くして相手が打つ前に構え直したい。

そうなる為に、ブロックリターンでコンパクトに打ち終わり、次に備えること。

コースを突かれたサーブは、ラケットで合わせてブロックで返球する。

これだけで、シングルスの試合のリターンゲームにしぶとさ、が出るはずです。

 

3.攻撃的な予測が出来るようになる

リターンでも、攻撃的にいく場面は必要です。

そのときには、しっかり予測を立てて、山をはるような場面もあるでしょう。

でも・・・逆を突かれるのは怖い、だからこそこういったブロックリターン、を準備しておくのです。

予測と逆を突かれても、ブロック出来るという技術があれば大丈夫。

より攻撃的なプレーも、リターンから展開出来るはずです。

 

4.ドロップショットリターンだって打てる

リターンからドロップ?

これが意外と、効果的なんです。

特にシングルスの試合に、女性の方もぜひ試して欲しい。

軽く止めたラケットで、リターンする、自然に浅くなって相手は慌てる。

しっかりサーブの軌道のその先、にラケットをセットしてブロックしてみましょう。

コツは、ちょっと強めにラケットのグリップを握ること。

これで勢いを殺せるはずです。

 

5.相手をイライラさせることが出来る

考えてみて下さい。

ビッグサーバーの人って、ちょっと短気で感情的な人も多い。

だからこそ、ブロックリターンでまず山なりな返球、が出来ると、きっと相手は勝手にイライラする。

感情的な相手をイライラさせてあげることが出来れば、サーブも乱れてくれるでしょう。

ビッグサーブをブロックして返球することの大切さは、シングルスの試合こそ大事です。

 

ブロックリターンはかっこ悪い?

そんなことはありません。

ビッグサーブを無理に返球しようとして強引になってミスをする、方がカッコ悪い。

シングルスの試合、2回に1回はリターンゲーム、ですからね。

練習してオプションの一つとして、磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. リターン

    精度の高いストレートリターン、のコツは?

    ダブルスの試合で、勝ち上がりたいなら必要な技術。リターンでス…

  2. テニス ストローク

    リターン

    試合前のサーブ練習こそ、本番のリターン練習である

    試合前のサービス練習。よくあるのが、4本だけ打って試合開始、と…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  4. リターン

    ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

    レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。…

  5. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  6. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

特集記事

  1. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない
  2. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
  3. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう
  4. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!
  5. テニス 準備

    日々の雑記

    悩める歓び、感じよう
PAGE TOP