テニス サイト

日々の雑記

自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるように

いつも、サイトをご覧頂きありがとう御座います。

コメントやTwitterでのメッセージ、アンケート、たくさんのご意見を頂いていて、嬉しい限りです。

 

さて、今日はよく頂くご質問、「どんな基準でネタを選んでいるんですか?」ということについて、書いてみたいと思います。

あ、先に言っておきますと・・・大した内容ではありません。

 


 

私は、皆さんに読んで頂きたい記事を、選んで書いているつもりです。

そう、読んで頂きたい、というのが基準になっています。

ですので、非常に難しいのが「耳が痛い内容」や「問題定義だけで終わる内容」の記事も、たくさんあると思います。

後から自分で読み返してみても、結局テニスだか何だか、何が言いたいんだ・・・!と、自分で言いたくなるような記事も多い。

ですが、これだけは言えると思います。

 

「読者の皆さんから、共感だけを得ようとしてはいけない」と、いつも心がけています。

なぜなら、読者の皆さんに好かれようと思って書いた記事は、内容が薄いし実は本質を突けていない、ことが多いと思っています。

また、以前に記事でも書きましたが、僕自身は高校時代に県大会に出るのが精一杯の選手でした。

それなのに大学で体育会のテニス部に入り、下手なりに考えてアルバイトでテニスコーチを始め、審判やディレクターまでさせて頂くことになった。

だからこそ、皆さんに伝えたいことはたくさんあるのです。

「テニスって、やり方考え方次第だよ」と。

 

私はあえて、テニス界のアウトサイダーでいたいと思っています。

王道、ではなく、言い方を悪くすれば別な道。

今のテニス界の常識、の逆をいってみたい。

常識を疑うことから、私のテニスに対する考えは始まり、今も続いているように思います。

 

ですので、たくさんのご意見の中にはご批判の声も多いです。

「人を騙すようなテニスで、勝って何が楽しい?」

「お前は、どれだけ勝ってきた選手なんだよ?」

「テニスの基本を否定している、外道な考え」

こういった皆さんの声、とてもありがたく感じています。

何かを発信すれば、色々な意見が出てくるのが当たり前です。

 

今までのテニス界は、こういった意見自体少なかった。

何となくみんなに人気で、錦織選手もいるし、高齢化社会でもテニスの未来は明るい・・・と考えている人も多いでしょう。

 

私は、違う。

このままだと、本当にテニスというスポーツを出来る環境、始める人が、少なくなってしまうという危機感があるのです。

試合に出るきっかけも大会も足りないし、そもそも都心にはコートが足りない。

テニススクールはあるけど、高い割に上達はしない。

みんな、どこか危機感が感じられない。

 

一人のテニス人として、何が出来るのか・・・を考えると、私はまず自分の考えを記事に書いていきたい。

それを読んで、すぐには分からない、時には反発する方がいても、数年後に「あ、このことってサイトで読んだことあるな・・・」と思ってもらえれば、それで嬉しい。

そしてテニスを続けてもらって、「自分にテニス一つ、あって良かったな・・・」ってしみじみ思ってもらえれば、これほど嬉しいことはありません。

T-PRESSも、2,500記事を超えました。

まだまだ、これからも精進していきます。

皆さんに「成長しろ!」と言っている、本人が一番先頭を切って、成長していかないといけないですからね。

テニスも、もちろん試合で勝てるように頑張ります!

 

3月はもう新春の季節。

新しい風に乗せて、自戒も込めて。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    有明テニスの森公園、今年はやっぱり足を運んでおきたい

    昨日はある大会の応援で、有明テニスの森公園に行って来ました。言…

  2. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?

    小さいことですが、気遣いが出来ると「お!?」と感じること。テニ…

  3. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手

    最近ふと、気になった言葉。お子さんがテニスをやっていて、その成…

  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私が記事を書き続ける理由、について

    すっかり寒くなって、もう年の瀬ですね。怪我が多い時期ですので、…

  5. 日々の雑記

    インカレ会場で感じた、レベルに関係無く大事なテニスの基本について

    今年のお盆休みは、久々にインカレの試合を岐阜まで観戦に行って来ました。…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    皆さんアンケートのご協力、ありがとう御座います!

    アンケートにご協力頂いた皆さん、ありがとう御座いました!現在5…

特集記事

  1. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」こ…
  3. テニス ミス

    メンタル

    「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる
  4. テニス ミス

    ボレー

    「ダブルスの前衛として良いプレーが出来ているかどうか」、それは対戦相手が決めるこ…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスでセンスの良い前衛は、「後衛の状況」を後ろを見ないでも把握出来る
PAGE TOP