テニス サイト

日々の雑記

自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるように

いつも、サイトをご覧頂きありがとう御座います。

コメントやTwitterでのメッセージ、アンケート、たくさんのご意見を頂いていて、嬉しい限りです。

 

さて、今日はよく頂くご質問、「どんな基準でネタを選んでいるんですか?」ということについて、書いてみたいと思います。

あ、先に言っておきますと・・・大した内容ではありません。

 


 

私は、皆さんに読んで頂きたい記事を、選んで書いているつもりです。

そう、読んで頂きたい、というのが基準になっています。

ですので、非常に難しいのが「耳が痛い内容」や「問題定義だけで終わる内容」の記事も、たくさんあると思います。

後から自分で読み返してみても、結局テニスだか何だか、何が言いたいんだ・・・!と、自分で言いたくなるような記事も多い。

ですが、これだけは言えると思います。

 

「読者の皆さんから、共感だけを得ようとしてはいけない」と、いつも心がけています。

なぜなら、読者の皆さんに好かれようと思って書いた記事は、内容が薄いし実は本質を突けていない、ことが多いと思っています。

また、以前に記事でも書きましたが、僕自身は高校時代に県大会に出るのが精一杯の選手でした。

それなのに大学で体育会のテニス部に入り、下手なりに考えてアルバイトでテニスコーチを始め、審判やディレクターまでさせて頂くことになった。

だからこそ、皆さんに伝えたいことはたくさんあるのです。

「テニスって、やり方考え方次第だよ」と。

 

私はあえて、テニス界のアウトサイダーでいたいと思っています。

王道、ではなく、言い方を悪くすれば別な道。

今のテニス界の常識、の逆をいってみたい。

常識を疑うことから、私のテニスに対する考えは始まり、今も続いているように思います。

 

ですので、たくさんのご意見の中にはご批判の声も多いです。

「人を騙すようなテニスで、勝って何が楽しい?」

「お前は、どれだけ勝ってきた選手なんだよ?」

「テニスの基本を否定している、外道な考え」

こういった皆さんの声、とてもありがたく感じています。

何かを発信すれば、色々な意見が出てくるのが当たり前です。

 

今までのテニス界は、こういった意見自体少なかった。

何となくみんなに人気で、錦織選手もいるし、高齢化社会でもテニスの未来は明るい・・・と考えている人も多いでしょう。

 

私は、違う。

このままだと、本当にテニスというスポーツを出来る環境、始める人が、少なくなってしまうという危機感があるのです。

試合に出るきっかけも大会も足りないし、そもそも都心にはコートが足りない。

テニススクールはあるけど、高い割に上達はしない。

みんな、どこか危機感が感じられない。

 

一人のテニス人として、何が出来るのか・・・を考えると、私はまず自分の考えを記事に書いていきたい。

それを読んで、すぐには分からない、時には反発する方がいても、数年後に「あ、このことってサイトで読んだことあるな・・・」と思ってもらえれば、それで嬉しい。

そしてテニスを続けてもらって、「自分にテニス一つ、あって良かったな・・・」ってしみじみ思ってもらえれば、これほど嬉しいことはありません。

T-PRESSも、2,500記事を超えました。

まだまだ、これからも精進していきます。

皆さんに「成長しろ!」と言っている、本人が一番先頭を切って、成長していかないといけないですからね。

テニスも、もちろん試合で勝てるように頑張ります!

 

3月はもう新春の季節。

新しい風に乗せて、自戒も込めて。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?

    それにしても、「前からこんなだったっけ?」と、思ってしまう。高…

  2. 日々の雑記

    大坂なおみ選手、全米オープン優勝の偉業に寄せて

    昨日の日曜日の朝、飛び起きてみると嬉しいニュースが。もう、みな…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    身近になれば、それは掴める

    改めまして、大坂選手おめでとう御座います!という声、みなさん…

  4. 日々の雑記

    昔は体育館、今は・・・?

    テニスを始める前は、バレーボール少年でした。小学校の6時間目が…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする

    昨日のマスターズの決勝、TVでご覧になっていた方も多いと思います。…

  6. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます

    何かを決めるのって、難しい・・・と、最近つくづく思います。私自…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「また同じミスをするのか・・・」と不安になる人は?
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?
PAGE TOP