テニス ダブルス

戦術

「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

どこか、勘違いしている人も多いんじゃないでしょうか。

自分のプレースタイルに個性が欲しい、自分らしいプレーがしたい。

その考え方自体は大事ですが、この大前提、があってこそです。

じゃないと、結果的に勝てるテニスに育てられない、ですからね。

 

「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

 


 

1.これしか出来ない、のにそれがスタイル?

サーブが速い、フォアハンドが凄い・・・というのも、立派な特徴。

でも、それが自分らしさ、と言えるでしょうか。

「サーブしか武器が無い」のであれば、それはサーブを中心としたプレーが自分のスタイル、とは言えないでしょう。

だって、返されたら終わり、じゃないですか。

自分の特徴を磨いていくこと、は大事ですけど、同時に「オールラウンドな技術を磨く」という意識も強く持って欲しい。

じゃないと、結果的に勝てる選手になれないんです。

 

2.攻略されたら厳しい、そんな「らしさ」は要らない

どんなレベルでも、これで負けていく選手はたくさんいます。

自分の武器、自分らしさを封じられて、負けていく人。

「まぁ、自分らしく戦って負けたから、仕方ないか」で、済ませていては成長は無い。

何回やっても、その相手には勝てないですよ。

自分らしいテニス、を活かしたいなら、その真逆のテニスのスタイルにも磨きをかけないと。

限られた特徴、武器しかない選手って、本当に戦いやすいのがテニス、ですから。

 

3.オールラウンドな技術、にスライスは欠かせない

ここで必要なのは、スライスのショット。

ストロークでもボレーでも、このスライスが使えればテニスコートの上、様々な場所でプレー出来ます。

ボレーにしても、長い、短い、それからロブにも変えられる。

オールラウンドって抽象的な言葉ですが、基本は「コートのどこに立っても、どの位置にも配球できる」能力だと思います。

何も、全てのショットを平均以上に揃える必要は無い。

アナタ自身の中で、迷いの無いプレーが出来るように準備しておけば良いんです。

 

4.武器の磨き方、を間違えてはいけない

正直、私たちはもうサーブのスピードを200km/h以上、にすることは難しい。

でも、130km/hのサーブを速く見せる、ような技術は磨けるはずです。

遅いサーブを混ぜる、コースを散らす、回転を分ける。

つまりは幅を持たせることで、元々力があったボールもより相手にとっては脅威になる。

反対側、を上手く見せることで、表のショットがより威力を増す。

こういう発想、じゃないと武器を磨くのってしんどいですよね。

サーブだけじゃない、全部の技術、がそうです。

裏を磨くから、表が強くなる。

この発想が、私たちのテニスにはすごく大事だと思います。

 

自分らしいテニス、求めることはすごく大事です。

だからこそ、オールラウンドなテニスをベースに育てて欲しい。

そうすれば、相手にとっては本当に脅威ですよ。

「これしか出来ない」ではなく、「これが出来て、更にあれも出来るから、これがすごく活きる」みたいな感じですかね。

強いテニス選手って、そんな感じじゃないですか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ

    テニスの試合に勝ちたい、勝ち上がれる選手になりたいなら。これ、…

  2. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している

    そんなに強く無さそうなのに、なぜか試合で勝てない相手、いませんか?…

  3. 戦術

    センスとは、即ち合理性

    テニスを続けていると、何度となく「センス」という言葉を耳にします。…

  4. 戦術

    人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

    テニスに自信が生まれる、強くなっているという実感がある時。それ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

    今はまさに、日が長い時期。日照時間が長いので、テニスの試合も結…

  6. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?

    テニス選手にも、同じ環境でもスピードの違いに差が出るのが面白いところ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく
  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ダブルスの前衛に絶対必要なのに、実践出来ている人が少ない「前方向へのスプリットス…
  3. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?
  5. テニス シングルス

    サーブ

    サーブを打つ位置、「自分が打ちやすい場所から」って安易な発想
PAGE TOP