テニス ストローク

戦術

柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?

強打とタッチプレー、を上手く使い分けて相手を翻弄していく。

こういうプレーが出来ると、「おーー!」となるじゃないですか。

上級者じゃないと、出来ないプレー?

そんなことは、無いですよ。

ちょっとした意識の持ち方で、初心者の方でも使い分けること、打ち分けることは絶対に出来ます。

 

柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

 

1.柔らかいショットが難しい、というのは誤解

私は、そう思います。

例えば、相手コートのネット際に落とすようなショット。

テニスだけじゃなく、バドミントンでも多く使いますよね。

確かに、相手に触られないで2バウンドを奪うようなショットは、難しい。

でも、そんなショットは・・・必要ですか?

柔らかいショットがエースになるなんて、私たち一般の試合ではそう多くないですよ。

草トー会場を見渡しても、ドロップショットがノットアップ=2バウンドでエース、になるケースなんて稀です。

むしろ、相手を走らせて次で展開していく、ケースの方が圧倒的に多いはずです。

柔らかいショットのハードルを、勝手に上げているのはアナタ自身でしょう。

 

2.手先で加減するから、おかしなことになる

ドロップショットにしても、手先で加減しようなんて無理。

チョン、と触って前に落とす、なんて器用なこと、試合では出来ません。

そうじゃなくて、回転をかけるところは一緒なんですよね。

スライス回転を、しっかりラケットを振ってかける。

ラケットを動かす=ボールが飛んでいく、と考えるから、誤解が生じるんです。

ボールの横をしっかり打つ、回転量が多いスライスを打つ、と思えばそれが柔らかいショットになる。

みなさんも、ぜひ練習してみて下さい。

自分の通常のボールと、回転量が多い柔らかいショット。

これをどれだけ、安定して交互に打てるかどうか。

交互に打てるくらいになって、初めて試合で使えると思った方が良いです。

 

3.力強いショットとは、つまり通常のショットである

何も、力んで打つ必要はありません。

アナタ自身が、柔らかいショット、遅いボールを使えていれば、それで充分。

力強いショットとは、いつものアナタの普通のショットです。

相手は、それが速く見えるんですよ。

遅いショット、柔らかいショットを混ぜるだけで、変化が生まれる。

変化が生まれるから、相手は警戒して怖気づいてくれる。

この感覚、みなさんにもぜひ持って欲しい。

普段の練習から、自分の中で緩急を付けることを意識してみて下さい。

 

4.繰り返しますが、「練習から」自分で緩急を付けること

これが大事、です。

練習から、自分で変えていくこと。

まずは、ショートラリーじゃないでしょうか。

ショートラリーから、スライスを使ったり相手を前後に動かしてみる。

通常のショットを速く見せる、にはどうすれば良いのか。

相手が、どう感じてくれているのか、実際の反応はどうか。

この部分、しっかりシビアに見ていく、自分で課題を課していく。

そうすれば、自然と試合でも身体が反応しますから。

いきなり試合でやろうとしても、ガチガチで難しいでしょう。

 

自分のボールの、「遅さ」を調整してみる。

そうすると、速さ、も出て来るのがテニスです。

試合でやり辛い相手って、こんな感じじゃないですか?

柔らかいショット、を磨けばアナタのテニスはもっと拡がるはず。

ぜひ、練習から意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    浅いボールの処理が苦手な人は、「利き腕と同じ足を前」に出しながらボールを触りにいこう

    相手のボールが浅い!のに・・・攻撃に出るどころか、いつも処理に…

  2. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場…

  3. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。…

  4. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない

    試合には、流れがある、とよく言われます。確かにテニスも、それほ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑える20の小技

    テニスの試合、体力勝負になる。それは、この目の前の試合ももちろ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術

    テニスの試合って、もつれるとかなり長時間の戦いになる。俺も5時…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コントロール

    ストローク

    自分の打ったボールで、「相手の選択肢をどう狭めるか?」を考えると、連動性があるプ…
  2. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと
  3. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ
  4. テニス 準備

    メンタル

    「テニスノート」をつけるときに盛り込みたい要素とは?
  5. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ
PAGE TOP