テニス ストローク

戦術

柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

テニスの醍醐味って、これじゃないですかね?

強打とタッチプレー、を上手く使い分けて相手を翻弄していく。

こういうプレーが出来ると、「おーー!」となるじゃないですか。

上級者じゃないと、出来ないプレー?

そんなことは、無いですよ。

ちょっとした意識の持ち方で、初心者の方でも使い分けること、打ち分けることは絶対に出来ます。

 

柔らかいショット、力強いショットを使い分けるにはどうすれば良い?

 

1.柔らかいショットが難しい、というのは誤解

私は、そう思います。

例えば、相手コートのネット際に落とすようなショット。

テニスだけじゃなく、バドミントンでも多く使いますよね。

確かに、相手に触られないで2バウンドを奪うようなショットは、難しい。

でも、そんなショットは・・・必要ですか?

柔らかいショットがエースになるなんて、私たち一般の試合ではそう多くないですよ。

草トー会場を見渡しても、ドロップショットがノットアップ=2バウンドでエース、になるケースなんて稀です。

むしろ、相手を走らせて次で展開していく、ケースの方が圧倒的に多いはずです。

柔らかいショットのハードルを、勝手に上げているのはアナタ自身でしょう。

 

2.手先で加減するから、おかしなことになる

ドロップショットにしても、手先で加減しようなんて無理。

チョン、と触って前に落とす、なんて器用なこと、試合では出来ません。

そうじゃなくて、回転をかけるところは一緒なんですよね。

スライス回転を、しっかりラケットを振ってかける。

ラケットを動かす=ボールが飛んでいく、と考えるから、誤解が生じるんです。

ボールの横をしっかり打つ、回転量が多いスライスを打つ、と思えばそれが柔らかいショットになる。

みなさんも、ぜひ練習してみて下さい。

自分の通常のボールと、回転量が多い柔らかいショット。

これをどれだけ、安定して交互に打てるかどうか。

交互に打てるくらいになって、初めて試合で使えると思った方が良いです。

 

3.力強いショットとは、つまり通常のショットである

何も、力んで打つ必要はありません。

アナタ自身が、柔らかいショット、遅いボールを使えていれば、それで充分。

力強いショットとは、いつものアナタの普通のショットです。

相手は、それが速く見えるんですよ。

遅いショット、柔らかいショットを混ぜるだけで、変化が生まれる。

変化が生まれるから、相手は警戒して怖気づいてくれる。

この感覚、みなさんにもぜひ持って欲しい。

普段の練習から、自分の中で緩急を付けることを意識してみて下さい。

 

4.繰り返しますが、「練習から」自分で緩急を付けること

これが大事、です。

練習から、自分で変えていくこと。

まずは、ショートラリーじゃないでしょうか。

ショートラリーから、スライスを使ったり相手を前後に動かしてみる。

通常のショットを速く見せる、にはどうすれば良いのか。

相手が、どう感じてくれているのか、実際の反応はどうか。

この部分、しっかりシビアに見ていく、自分で課題を課していく。

そうすれば、自然と試合でも身体が反応しますから。

いきなり試合でやろうとしても、ガチガチで難しいでしょう。

 

自分のボールの、「遅さ」を調整してみる。

そうすると、速さ、も出て来るのがテニスです。

試合でやり辛い相手って、こんな感じじゃないですか?

柔らかいショット、を磨けばアナタのテニスはもっと拡がるはず。

ぜひ、練習から意識していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    プレッシャーをかけ続けてこそ、相手は疲労を溜めていく

    長い試合に、決着を着けるとき。その時に、「疲労の度合い」が大き…

  2. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉

    テニスの試合に勝ちたい。競っている試合を、何とか自分のものにし…

  3. テニス メンタル

    戦術

    2回連続で勝ってこそ、実力で凌駕出来たと言える

    みなさんも、「忘れられない勝利」の試合ってあると思います。勝ち…

  4. テニス 指導

    戦術

    テニスの試合前にエネルギーを溜めて挑む、ために必要な準備7つ

    テニスの試合前、開始30分前くらいの時間。ここを、どう過ごすの…

  5. テニス ポジショニング

    戦術

    「緩急打ち分けしたいなら・・・」テニスの試合に出れば分かる、その必要性

    「もっと緩急をつけて!!」テニスのレッスンの中でそう注意するこ…

  6. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう

    試合において、まず最初にやるべきことは・・・何でしょう。私はあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  2. テニス サーブ

    戦術

    試合結果は、目の付け所で価値が変わる
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?
  4. テニス ストローク

    サーブ

    フォルトを正しく分析出来れば、試合中でも修正出来る
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い
PAGE TOP