テニス メンタル

戦術

前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。

それは、「前衛が好きかどうか」です。

ボレーが得意で、動いて来るような相手、なら警戒しないといけない。

でも、実際はどうでしょう。

みなさんの周りにも、こういう人・・・多くないですか?

 

前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

 

1.苦手なところ、を突いていくのは試合の基本

前衛が嫌い、苦手・・・・な人、多いですよね、実際。

苦手なところ、を突いていくのが試合の基本。

ボレーが苦手そうな雰囲気って、すごく見て分かるじゃないですか。

ここを突いていく、のはダブルスの基本。

なぜか、ダブルスってボレーが苦手でも何となく「前衛にいないといけない・・・」と思って、みなさん前に来ますからね。

居心地が悪そうな人、がいたらどんどん狙っていきましょう!

 

2.「試合に参加させる」ことが大事

でも、相手だって試合に出てくる相手、ですから。

前衛にいるときに、狙われるのは慣れている可能性も高い。

あからさまに狙っても、意外と守備力は高いかもしれませんね。

ですので、有効なのは無理やり「参加させる」ということ。

例えば、ちょっとだけ前衛寄りに、後衛に返球してみる。

手を伸ばせば、ポーチ出来そうだけど・・・というようなボールで、誘ってみるんです。

前衛が苦手な人は、こういうボールは基本スルーする感じ、でしょう。

何度もスルーしているようなら、ちょっとずつコースを前衛寄りに変えてみる。

すると必ず、どこかで我慢できなくて触り出して来ますから。

そうなったら、波状攻撃のチャンスです。

 

3.触ったら、次のボール、その次も前衛の選手へ!

こちらの誘いに乗って来たら、後は集中攻撃!

とにかく、前衛にボールを集めて、連続攻撃を仕掛けていきましょう。

そして、「やっぱり、自分は参加しない方が良いな・・・」と、思わせる。

それでも、まだまだ誘いは続けていく。

すると・・・どうでしょう。

相手はきっと、仲間割れして雰囲気が悪くなってくると思いますよ。

 

4.遠慮なくセンターを狙うこと、が出来るから楽に戦える

こうなると、もうセンター狙い放題、ですよね。

相手の前衛がセンターのボールを触らない、というだけで、すごく楽。

試合の序盤にこれを使っておく、相手前衛の自信を喪失させておくこと、が大事なんです。

前衛が苦手な人、にはどんどん、ボレーで参加させる。

自分は関わらない・・・と思っている相手、をそのまま放置しておく手はありません。

ぜひ、みなさんのダブルスでも使ってもらいたい作戦です。

 

結構、女性に多いような気がします。

ボレーが苦手、とにかく前衛が嫌・・・という人。

こういう人を見つけたら、どんどん誘い球を使いましょう。

これだけでも、楽に勝てる試合、増えると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について

    テニスの戦術、作戦が、頭に入らない・・・という人は多い。これっ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り切れる

    テニスに戦術って、必要なの?というご質問も、よく頂きます。…

  3. 戦術

    得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレー…

  4. 戦術

    攻めたミスは気にしない、を本気で意識しよう

    ミスが許されない国、日本。それはテニスでも、例外ではありませ…

  5. テニス テニスノート

    戦術

    相手のナイスポイント、の後に間を空けて考えることは・・・?

    試合の中で、みなさんしっかり「間」を取れていますか?ポイント間…

  6. 戦術

    テニスの試合で洞察力を鍛えるには、「まずは相手のグリップにあるヒント」を見逃さないことが大事!

    テニスの試合で洞察力が鋭い選手は、どこをまず見ているのか。相手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう
  3. スマッシュ

    スマッシュの素振りは、「実際の試合の中で何回でもやっておく」と、大事な場面でも自…
  4. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
PAGE TOP