テニス メンタル

ダブルス

苦しい時こそ、動ける前衛に

ダブルスの試合で、今年こそしっかり強くなりたい。

結果を出したい、という方にこそ、改めて書いておきたい。

実際に、私はこの意識を変えてから、ダブルスの試合で結果が出始めました。

そして、試合自体が楽しくなった。

そう、ちょっとしたことで、前衛でのプレーって見違えますよ。

 

苦しい時こそ、動ける前衛に

 

1.「前衛が嫌い」な自分、を卒業しましょう

実際に、7割の方がそうじゃないでしょうか。

「前衛が苦手」。

ダブルスの試合、これに尽きると思います。

ボレーが苦手・・・というよりも、きっと前衛という役割に苦手意識がある方が、まだまだ多い。

攻撃しないといけないのに、出来ない。

怖がっているうちに、相手にストレートを抜かれる、ロブはスマッシュミス、みたいなイメージしか持てない方は、どうすれば良いでしょう。

そのヒント、実は逆転の発想でつかめると思います。

前衛が活躍するのは、自分の後衛が「押されている」ような厳しい時です。

 

2.苦しいときこそ、前衛が動こう!

だって、普通に考えてみて下さい。

後衛同士のラリーで押されているなら、そのまま前衛が関与しないでも失点の可能性が高い。

だったら、ポーチに出て勝負したい。

同じ失点でも、動いたうえでの失点は相手も嫌なもの、ですから。

それに、苦しいときは相手も正攻法で攻めて来る可能性が高い。

どんなに強力なストロークも、前衛のスタートが早く切れれば、必ずボレーで触ることが出来る。

苦しいときに動けるかどうか、が大事。

こういう行為が、強い意志が、試合を動かしていくんです。

 

3.相手が攻勢だったポイントなら、ミスも気にしないで良い

私は、こう考えて試合をしています。

自分たちが苦しいポイント、で前衛の自分が動いて失点したとき。

この失点を、恥じる必要は全く無い、と。

だって、そもそも相手が優位なポイントですから、自分のミスでは無いですしね。

自分の実力以上のことをやろうとした、と思えば良いんです。

相手が攻勢に出ていたときに動いた自分、をまず褒める。

攻撃的な守備ですから、エラーではない。

これくらいのメンタルでないと、試合は動かしていけないですよ。

 

4.苦しいときに動けるかどうか、はアナタの人生につながる

ただの前衛プレー、ではないと思っています。

ダブルスの前衛で、苦しいときに自分から触りにいく。

これこそ、私はテニスのプレー1つのようで、実は違う。

もっともっと、先につながっていくもの、になるはずです。

誰だって、弱いボール、チャンスは勇んで仕留めにいきますからね。

ダブルスの前衛のプレー、自分を変えたいと思っている方。

騙されたと思って、苦しいラリーのときにこそ、積極的にポーチに出て欲しい。

試合だけじゃなく、自分の人生も変わっていくと思いますよ。

 

苦しいときにこそ、動く。

ほとんどの選手が、動けないまま終わるんですよ、テニスの試合って。

動いてみてもしダメったら、しょうがないじゃないですか。

動けずに終わる試合、そこに後悔は残ってしまう。

ダブルスの試合、前衛の自分、動きたくなりましたか?

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 「第3回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト

    ここぞ、という場面でのリターンでのストレートアタック。アナタ自…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない

    「きっと○○だろう」「○○は大丈夫だと思う」ダブルスペ…

  3. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?

    「あぁ・・・今のポーチ行けたよな・・・」と、何度も試合で後悔する。…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  5. ダブルス

    【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

    皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出…

  6. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でコートの外に追い出されたら、「まずはセンターロブ」で時間を作ろ…
  3. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった
  4. テニス 客観視

    メンタル

    苦しんだ人じゃないと、テニスは楽しめない
  5. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
PAGE TOP