テニス メンタル

ストローク

ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

テニスの世界では、時に言葉のイメージが先行してしまう。

これって、ものすごく怖いことだと私は思うんですよね。

ポジショニングの重要性は何度も書いてきましたが、やはりこの部分、まだまだプレーに抵抗がある方が多いと思います。

テニスの試合、シングルスでもダブルスでも、結果的に差になりやすいのはこの部分、ですよ。

 

ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

 

1.デッドゾーンという考え方の古さ

ベースラインとサービスラインの間の空間。

このスペースは、俗にデッドゾーンと呼ばれています。

確かに、ストロークもボレーもやり辛い、中途半端なポジションと見られがちですね。

でも、思い出してみて下さい。

試合では、後ろでの打ち合い、前でのボレー、以外の部分で差が出ると思いませんか。

後ろから前に出る、その途中、またはロブに対して下がってのカットボレーやスマッシュもこのゾーンですよね。

ただ避けている、だけだとダメ。

デッドゾーンという言葉を恐れていては、いつまで経ってもこのエリアで精度の高いプレーが出来ないでしょう。

 

2.プレーが出来ないのは、そこに意志と目的が無いから

「デッドゾーンにいちゃダメでしょ!」

というアドバイスは、ちょっと違うと思います。

私自身は、ドロップショットを拾う脚力が無いなら、デッドゾーン推奨派です。

ただし、「意志の無い、デッドゾーンでのプレー」は止めましょうと言います。

だって、ストロークもボレーも難しいのは事実ですから。

深いボールをどう処理するのかを決めて、しっかり待ちかまえておく。

それが出来れば、何も怖くありません。

深いボールはボレーで返球したり、しっかり意志を持っておく。

当然、デッドゾーンの場所のまま、ずっと居続けることは無い。

しっかりと相手を攻撃して、自分も前に出る。

その中間のプレーとして、デッドゾーンをドリームゾーンとして考えておくことが大事です。

 

3.シングルスでは攻撃に移行するポジション、として考えておこう

シングルスの試合なら、アナタ自身が良いボールを打った後、ですね。

相手が必死に返球して来るときに、そのボールは間違い無く浅くなる。

それを、ベースラインで待っていてはもったいない。

少しでも高い打点で打てるように、しっかりポジションを前に取っておく。

シングルスの試合では、こういう小さいポジションの調整、が大事。

何せ、前衛がいませんからね。

後衛で作ったチャンスを決める、のも前衛である自分なんです。

この意識、は強い選手ほど、攻撃の後にデッドゾーンで待つ、という基本が出来ているはずです。

 

4.言葉からのイメージ、変えていこう!

デッドゾーン、だけではないと思います。

テニス界の言葉、勝手にイメージだけで先入観を持ってしまうのはもったいない。

みなさんも無意識に使っている言葉、がどこかで上達を阻害している可能性も高い。

それくらい、ぜひ周りの言葉を客観視してみて欲しいんです。

結局、誰かが付けた言葉、ですから。

アナタ自身の解釈に変えていく、そこに意志と根拠を持って。

さぁ、どんな言葉がありますかね。

 

私自身も、長くテニスをやっていると色々なことを先入観で見てしまうことが多い。

でも、歳を重ねて身体が動かない、走れないことで、たくさん気付くこともあります。

こういうのに気付けるかどうか、がテニスの上達のカギを握っているはず。

ぜひ、みなさんも新鮮な気持ちで、色々な「当たり前」を再度考え直してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

    高校生の皆さん、大学生の皆さんの中には、「シングルスで結果を出したい!…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「コースを打ち分けられないとね」テニスの試合で安定したストロークで攻めていく為に

    ラリー練習をしている時は、飛んできた方向へそのままボールを返すことが多…

  3. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に付く!

    色んな学校の部活へ行ってテニスを教えているけど、毎回最初はショートラリ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    何度でも声を大にして言いたい、試合に勝ちたければ、「ライジングでストロークを!」

    ライジングでストロークが打てないとどうなるか。深いショットが飛…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    「ストロークで緊張して自分のショットが打てない…」と感じている人は、打った打点に1.0秒間、顔を残し…

    ストロークのフォームが安定しない、軌道もばらけてしまってミスが多い・・…

  6. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!
  2. テニス メンタル

    ボレー

    苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう
  3. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるように…
  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について
  5. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です
PAGE TOP