テニス メンタル

ストローク

ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

テニスの世界では、時に言葉のイメージが先行してしまう。

これって、ものすごく怖いことだと私は思うんですよね。

ポジショニングの重要性は何度も書いてきましたが、やはりこの部分、まだまだプレーに抵抗がある方が多いと思います。

テニスの試合、シングルスでもダブルスでも、結果的に差になりやすいのはこの部分、ですよ。

 

ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう

 

1.デッドゾーンという考え方の古さ

ベースラインとサービスラインの間の空間。

このスペースは、俗にデッドゾーンと呼ばれています。

確かに、ストロークもボレーもやり辛い、中途半端なポジションと見られがちですね。

でも、思い出してみて下さい。

試合では、後ろでの打ち合い、前でのボレー、以外の部分で差が出ると思いませんか。

後ろから前に出る、その途中、またはロブに対して下がってのカットボレーやスマッシュもこのゾーンですよね。

ただ避けている、だけだとダメ。

デッドゾーンという言葉を恐れていては、いつまで経ってもこのエリアで精度の高いプレーが出来ないでしょう。

 

2.プレーが出来ないのは、そこに意志と目的が無いから

「デッドゾーンにいちゃダメでしょ!」

というアドバイスは、ちょっと違うと思います。

私自身は、ドロップショットを拾う脚力が無いなら、デッドゾーン推奨派です。

ただし、「意志の無い、デッドゾーンでのプレー」は止めましょうと言います。

だって、ストロークもボレーも難しいのは事実ですから。

深いボールをどう処理するのかを決めて、しっかり待ちかまえておく。

それが出来れば、何も怖くありません。

深いボールはボレーで返球したり、しっかり意志を持っておく。

当然、デッドゾーンの場所のまま、ずっと居続けることは無い。

しっかりと相手を攻撃して、自分も前に出る。

その中間のプレーとして、デッドゾーンをドリームゾーンとして考えておくことが大事です。

 

3.シングルスでは攻撃に移行するポジション、として考えておこう

シングルスの試合なら、アナタ自身が良いボールを打った後、ですね。

相手が必死に返球して来るときに、そのボールは間違い無く浅くなる。

それを、ベースラインで待っていてはもったいない。

少しでも高い打点で打てるように、しっかりポジションを前に取っておく。

シングルスの試合では、こういう小さいポジションの調整、が大事。

何せ、前衛がいませんからね。

後衛で作ったチャンスを決める、のも前衛である自分なんです。

この意識、は強い選手ほど、攻撃の後にデッドゾーンで待つ、という基本が出来ているはずです。

 

4.言葉からのイメージ、変えていこう!

デッドゾーン、だけではないと思います。

テニス界の言葉、勝手にイメージだけで先入観を持ってしまうのはもったいない。

みなさんも無意識に使っている言葉、がどこかで上達を阻害している可能性も高い。

それくらい、ぜひ周りの言葉を客観視してみて欲しいんです。

結局、誰かが付けた言葉、ですから。

アナタ自身の解釈に変えていく、そこに意志と根拠を持って。

さぁ、どんな言葉がありますかね。

 

私自身も、長くテニスをやっていると色々なことを先入観で見てしまうことが多い。

でも、歳を重ねて身体が動かない、走れないことで、たくさん気付くこともあります。

こういうのに気付けるかどうか、がテニスの上達のカギを握っているはず。

ぜひ、みなさんも新鮮な気持ちで、色々な「当たり前」を再度考え直してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. ストローク

    今一度確認しておきたい、「ドロップショットのメリットとデメリット」についてまとめてみます

    試合の中で有効に使っていきたい、ドロップショット。シングルスで…

  2. ストローク

    重たいスライス、で気付いたこと

    今年の2月、まだコロナウィルスで自粛の前に練習した、重たいスライス。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

  4. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる

    相手のストロークに安定感がある、調子が良さそう。こういう時に、…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの基本、「振り切って軌道を高く」の意識は試合でこそ活きる

    試合の中で、ストロークが入らなくなったとき・・・もうどうしようも無いく…

  6. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでラケットを振り抜くのが怖い人は、ゆったり振り抜くことを覚えよう

    試合になると、怖くてストロークが振れなくなる。これは、誰でも何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で前衛のときには、「自分のプレッシャーがどれくらい効いているのか?…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?…
  3. ストローク

    どうすれば、格上相手に戦えるのか?
  4. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します
  5. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
PAGE TOP