テニス ストローク

ストローク

シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

目次

テニスのシングルスを戦う選手は、ここぞという場面でしっかりストレートに展開してラリー戦を制したい。

その為に、フォアハンドをしっかり磨いて自信を持っておくことが大事です。

普段の練習の中から、しっかり試合を意識した内容にするために、どんなことが必要か。

ストロークラリーの中からポイント奪取、そこから逆算しながら考えてみましょう。

 

シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習で必要な意識5つ

 


 

1.クロスラリーで押しこんでいけるかが、まず最初の勝負

サーブ、リターンから始まるラリー戦で、まず主体となるのはクロスラリー

フォアハンド、バックハンドにせよ、センターベルト付近を通るボールでしっかり押し込んでいけるかが主導権を握るうえで大事になります。

ここで負けてしまってストレート、ダウンザラインの展開に「逃げて」しまうようでは攻撃的になれません。

普段の練習の中で、クロスラリーでは押し負けない強い意識を持ちましょう。

 

2.前に踏み込む、前足を出して高い打点で

いざ、少し甘いボールが来てダウンザラインに展開するとなるときに、しっかり前足が出て踏み込んでいけているかどうか

このポイントをしっかり意識してみて下さい。

ライジング気味に捕えて、相手に時間も与えたくない。

その為には、常にコートの中には入っていって高い打点でボールを叩けるような心構えが必要です。

 

3.自分の立ち位置と、必要な発射角度を明確に

ダウンザラインに展開するときのショットは、打ちだしの角度が非常に大事。

ラケット面で正確に発射角度をコントロールして、サイドアウトを防ぐ必要があります。

もちろん、コートの内側過ぎて甘くなるのも、もったいない。

自分の立っているポジションから、どういう角度でボールを飛ばすのか・・・をしっかり意識しましょう。

ネットの上に目標を作っても良いですし、もっと手前、自分から2~3メートル前の空間に目標を設けてみても上手くいきますので、お勧めです!

 

4.同じフォームからコースを隠す為には、しっかり肩を入れた状態を長く見せる

肩が入った状態で、しっかり待てる。

これができているうちは、ストローク戦でアナタが優位に展開できているときでしょう。

クロス方向へ、そしてダウンザラインへ同じフォームから打つ為には、練習の中からこのフォームをしっかり意識しましょう。

一緒に練習している仲間には、「今の展開のタイミング、どうだった?」と聞いてみるのも効果的。

実際の試合で相手に効果的に作用しなければ、意味が有りません。

 

5.ノータッチエースよりも、ネットに詰めて決めるイメージで

ストレート、ダウンザラインの展開の後は、ネットに詰めるイメージを持って欲しい。

相手をせっかく追い込んでいるのに、ナイスショットと自分で過信して詰めが甘い選手が何と多いことか・・・。

そんな選手は3回戦止まり。

良いストローク、その展開は、その後の詰めで最終的な実力が問われるのです。

普段の練習の中から、最後までしっかり相手を押し切る、ネットに詰める動きを意識しておきましょう。

 

ダウンザラインを効果的に使えれば、相手は警戒してクロスラリーも甘くなりがち。

ぜひ試合の序盤で、この展開を見せておきたい、つまり「ストレートにも展開する人」になっておくことをお勧めします。

そこからネットプレーへの流れも、しっかり相手に印象付けておきたい。

結果ダウンザラインの一発で決まっても、プロ選手は皆前にアプローチしていってますよね?

こういった細かい部分、ぜひ練習から取り入れて実践していきましょう。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  2. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り方5つ

    シングルスの試合、ミスの少ないテニスでの粘りは必要。何度も書…

  3. テニス 打点

    ストローク

    「チャンスボールが来たっ!」テニスの試合でありがちなミスを減らす考え方

    チャンスが来たぁ!!!相手のショットが短い!!ネットよ…

  4. シングルス

    コートの真ん中に立つ、という概念を捨てよう

    テニスコートは、上手く守らないといけない。どこに立つのか?は…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

    対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。結果的に…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、ゆっくりした遅いボールが苦手な人はコレが原因です

    試合の緊張感がある場面、いつもなら難なく入るボールが入らなくなる・・・…

特集記事

  1. ストローク

    「現代テニスの基本」ストロークのオープンスタンスで攻撃する4つのメリット
  2. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!…
  3. テニス 準備

    その他

    「自分はスロースターター」って、結局は準備不足だってこと
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
PAGE TOP