テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で、「丁寧なスライスからのアプローチを覚える」と、ネットプレーへのつなぎがグッと楽に

スライスでのアプローチショット、ベースラインから打っていく選手は減ってしまいました。

プロ選手の試合を観ていても、浅いボールをしっかりアプローチしたのにパッシングであっさり抜かれる・・・。

こういう映像を見ていると、「前に出るのは、危険なんだ・・・」と思ってしまうのも無理はない。

ですが、実際の草トーナメントの大会はどうでしょうか?

一般社会人の皆さんは、実にスライスアプローチが上手い。

なぜなら、そこからネットプレーにつなげやすいから。

改めてこのメリットを見直して、学生の皆さんにもぜひ練習してもらいたいと思います。

 

テニスの試合で、「丁寧なスライスからのアプローチを覚える」と、ネットプレーへのつなぎがグッと楽に

 


 

1.グリップチェンジが必要無い、素晴らしさと快適さ

スライスショットとボレーのグリップはほぼ同じなので、このグリップチェンジが必要無いのは魅力です。

スピン系のアプローチだと、ボールも速いから速く準備しないといけないに、大きなグリップチェンジを求められる。

実はすごく、難しい技術なんです。

その点スライスアプローチはボールスピードもゆっくりで、準備も楽。

これをネットプレーへのつなぎに、使わない手はありませんね!

 

2.ボレーに自信が無い?自信なんてなくてOK!

ボレーに自信が無いと、アプローチショットを打つ気にもならない、という方がいます。

良いスライスショットを持っていても、それを活かす場所が無いのではもったいない・・・。

ボレーで決めようと思っているから、自分にプレッシャーをかけてしまう。

スライスアプローチの良いところは、相手に追いつかせて低い打点から「無理」をさせること。

アナタは簡単なボールだけ処理できればOK。

厳しいパッシングショットが来たら、それは相手のナイスショット。

どっちの確率が高いか・・・ぜひ、一度考えてみて下さい。

 

3.テニスコートを前後に動くと、身体全体で良いリズムが生まれる

試合の中で、相手が前に出てきてポイントが決まる・・・と、ものすごく嫌な気分になりませんか?

特に試合の序盤。

ネットに出てきた相手は、そのプレー1つでかなり乗っていけるはず。

アプローチショットの精度に拘らず、スライスで相手に追い付かせてプレッシャーをかけるところをゴールに設定しましょう。

ボレーは基本に忠実に、その為にも、グリップをそのままで打てるスライスアプローチはオススメです。

 

さぁ、あとは実際にスライスの練習です!

フォアハンドでもバックハンドでも、まずはボレーのときのグリップ、薄いコンチネンタルグリップで、しっかり打点に対して上から抑え込むようにして打ちましょう。

下をこするのではなく、上から抑える意識が大事です。

後はしっかり、横向きを作って打点に顔を残すこと。

まずはこの2つを意識して、普段からスライスのストローク練習を増やしてみて下さい。

そしてどんどん、実戦で使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る

    スピンストローク、攻撃に最適!なのはもちろんですが、実は守備に…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?

    ストロークのコースの打ち分け、テニスの基本中の基本。それでも上…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    バウンド地点を瞬時に判断、出来るようにトレーニングしましょう

    ストロークの基本、だけどあまり意識されていない部分。それは、「…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる

    トップスピンロブ、打ちたいですよね。錦織選手は今年、このショッ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う

    相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?もち…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

特集記事

  1. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本
  2. ダブルス

    ポーチに出られないコツは、シンプルに〇〇
  3. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!
  4. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」
  5. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?
PAGE TOP