テニス ストローク

ストローク

ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

試合で一番落ち込むのって、何でしょう。

ダブルフォルト?

もちろん、落ち込みますね、それも。

でも結構多いのが、「ストロークを振り切れないで、モヤモヤしたまま終わった・・・」ような試合、じゃないですか?

これは、しっかり考えて対策しないとまた同じ試合、を繰り返してしまう。

さぁ、一緒に原因を考えていきましょう。

まずチェックすべきは、足、じゃないですかね。

 

ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない

 

1.ちゃんと、止まれてますか?

これがまず、怪しい人が多い。

動きながらストロークを打つのって、かなり危険。

オープンスタンスで踏み込みながら、とか、例外はありますけどね。

ストロークの基本は、今も昔もしっかり「止まって」打つということ。

この部分が、怪しい人が多いんですよ。

特に、相手の攻撃を受けて走らされているとき。

気持ちが受け身になってフワフワしてしまうと、足元まで浮ついてしまう。

これでは、打点も定まらないし振り切れないのは当然、なんです。

 

2.振り切るには、止まって土台を作らないと

シンプルです。

止まれば土台が出来る、振り切れる。

止まれないから、最後まで調整しようと思ってボールに合わせるようなスウィング、になってしまう。

心当たり、ありませんか?

プロ選手が動きながら打っているように見えるのは、止まった上でジャンプして打ったり、下半身からダイナミックにパワーを与えているから。

基本はまず、しっかり先回りして止まって待つ。

止まってしっかり構えるポイント、が出来れば、みなさん必ず振り切れるはずなんですよ。

これが、試合の怖さですよね。

相手に動かされて、受け身になると止まれない。

最後まで走りながら、動きながら打っている。

まずはその自分、に気付くことが大事です。

 

3.自分は、どこで打つのか?を瞬時に決めよう

相手が打った瞬間、ネットを超える前。

に、アナタ自身はどこに走って、止まって打つのかを決める。

この覚悟、が大事ですよ。

この覚悟が足りない人が、あまりに多いんですよね。

止まる場所を、早く決めること。

この決断が遅い人が、ラケットを振り切ったストロークが打てない。

振り切れない、というよりも、決め切れない。

そんなテニス選手、試合では勝てないでしょう。

どこかモヤモヤしたまま、負けていくのが現実です。

 

4.止まって振り切るストロークこそ、アナタ自身のストローク

素振り、で確認してみましょうか。

しっかりと足が止まって、振り切れるストローク。

アナタ自身、良い感じじゃないですか?

これを、何回試合で打てるか、です。

先回りして、早いテイクバック、しっかりと引き付けて振り切る。

言葉では簡単ですが、初めて対戦するような相手に、このショットを繰り返すのは容易ではないでしょう。

だからこそ、アナタが出来れば勝てる。

振り切るストロークは、いつだってシンプルさが基本にあるのですから。

 

フォアハンドでもバックハンドでも、同じです。

まずは速く土台を決める、そこからしっかり、振り切っていく。

ブンブン振りたいなら、しっかり止まらないと。

これがテニスの基本。

忘れやすい基本ですので、ぜひ試合前に確認しましょう。

ストロークは、止まって打つから振り切れるんだ、と。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる

    トップスピンロブ、打ちたいですよね。錦織選手は今年、このショッ…

  2. テニス スライス

    ストローク

    ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?

    試合が始まってみて、やりにくい相手。色々あると思いますが、リズ…

  3. テニス ダブルス

    ストローク

    試合で実践してみて効果的だった、「ストロークで自分らしさを取り戻す3つの事」

    俺が現役時代の頃、試合の出来を左右するものはストロークだった。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    ティエム選手の片手バックハンド、は私たちにも真似出来るのか?

    クレーコートでも抜群の威力を発揮する、ティエム選手。錦織選手の…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    両手バックハンドストロークでは、「ボールをインパクトしたときのラケット面」をしっかりチェックしてみよ…

    両手バックハンドストローク、もっとパワーアップしていきたいと考えている…

  6. ストローク

    浅いボールで崩すから、ストロークも崩せる

    相手のストロークに安定感がある、調子が良さそう。こういう時に、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「強い対戦相手には、強いサーブが必要?」の質問に、お答えします
  2. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
  3. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう
  4. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう
  5. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず…
PAGE TOP