テニス ストローク

ストローク

ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

ストロークに安定感がある人は、打ち終わりが違う。

打ち終わりが違うからこそ、しっかり他の人との差を作れるんですよね。

試合慣れしていない、出ていない人は、この部分を見ればすごくよく分かりますよ。

打った後にフラフラ、フラついているようだと、試合では戦えない。

アナタは、どうでしょうか?

 

ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?

 

1.例えば1球打って交代、みたいな球出しで・・・

テニススクールでも、よくある練習だと思います。

ウォーミングアップでの球出しで、1球打って後ろの人と交代。

こういうときに、打ちながらもう横に流れていく、ような人いませんか?

打ちやすい球なのに、しっかり打ち終わることが出来ない。

これでは、ラリーになったらもうお手上げでしょう。

実践を想定していない証拠、なんですよね。

球出し練習は打ったら終わり、交代。

でも試合ではそうはいきませんから。

 

2.なぜ、ストロークで横に流れてしまうのか?

まず大きな要因は、しっかり止まれていないから。

ストロークは、基本は両足を決めて止まって打つ、もの。

でも、それが中途半端になってランニングショット、になってしまう。

これでは試合で、打った後に戻ることが出来ない、左右の振り回しにすごく弱くなってしまう。

もちろん、ギリギリで打ったりランニングショット、必要なときもありますよ。

でも、球出し練習のような余裕を持った状態、からフラフラしていてはダメ。

しっかり先に動いて止まる、待ち構えるタイミングを自分で作ることが大事です。

 

3.ボールの軌道の後ろに入る、イメージで

ストロークで攻撃的にコントロールしたいなら、ボールの後ろから入る。

フラフラしている人は、横から入って何となくで打っている。

前に踏み込むスペース、余裕、無いんじゃないですかね?

しっかりボールの後ろに入って、前に踏み込むボールを増やしたい。

これは、どのレベルの選手にも必要なポイントです。

相手からすると、どっしり構えられるとストロークで左右に振り回すのが辛くなる。

より厳しい所を狙ってサイドアウトする。

そうやって自滅した試合、一つや二つでは無いはずなんですよ。

 

4.外が側の足をしっかり作る、のがオープンスタンスの基本

試合の中で、左右に走らされることも多くなる。

そんなときは、オープンスタンスも増えますよね。

ここで意識したいのは、外側の足。

右利きの方のフォアハンドなら、外側に出していく右足。

この右足がしっかり、壁のようになってみなさんを土台から支えないとダメ。

それ以上、身体が右に流れないように、しっかり支える。

軽く膝を曲げて、打ったらまたすぐに左側に戻らないといけませんからね。

 

5.姿勢良く、腹筋背筋を意識してストロークを

そもそも、フラフラしがちな人は上体が高い。

人間は頭がすごく重いので、動くとその頭の重さで流されていってしまうんですよね。

みなさんも、身に覚え有ると思います。

しっかり自分の重たいパーツ、である頭を支える。

腹筋と背筋を意識して、姿勢良く、重心を低く。

この意識は、ストロークで左右に振られたときにすごく大事。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

 

ボールを追う時に、頭から突っ込まないこと。

何も考えないと、人間頭が重いのでバランスが悪くなる。

左右に走らされたときこそ、バランス重視で崩れないようなフットワークを。

意識して、フラフラと打ち終わる自分を越えていきましょう。

シングルスなんかは特に、これが出来るだけでかなり安定感が増すと思います!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう

    自分のフォアハンドストローク、しっかり攻撃的に打っていきたい。…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る

    皆さんも、必ず経験があるはず。試合中、ビビッてラケットが振れな…

  3. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  4. テニス スライス

    ストローク

    「覚えておいて損はない、スライスショット」コンパクトに抑え込むとテニスの試合では有効です

    ストローク・・・と言えばどういうショットを思い浮かべるか。だい…

  5. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上がれば…

  6. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・

    ストロークのグリップはどうやって決まるのか。特にフォアハンドス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 守備

    シングルス

    シングルスの試合で有効な練習メニュー、「半面対全面のラリー形式」で、徹底したバッ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに同じ軌道で強弱をつけられると、試合慣れしていない対戦相手は必ず…
  3. フットワーク

    ネットプレーにメリハリを付ける「つなぐボレーと決めるボレー」は、足の使い方を分け…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で、「何でも後衛にお任せ」状態になっている前衛は、責任感が無さ過ぎ…
  5. その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?
PAGE TOP