テニス ストローク

リターン

リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多くに共通している点で注目すべき点は、スタンス。

相手が打つ前までは両足を前後に開くようにして斜めに構えて、トスアップと同時にスプリットステップで肩幅のスタンスに戻す。

この形を採用している選手が多いのには、どんな理由があるのでしょうか?

 

リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

 


 

■まずは真似してみるところから始めて、何かを感じてみる

まずは何も考えないで、動画を観ながらやってみましょう。

漠然としたイメージを持っているままでOK。

そこでアナタ自身が、何を感じるかが大切です。

普通のスプリットステップと、どんな違いや感触があるのか・・・を、一度練習で試してみましょう。

 

■前に行く意識を持ってリズムを取りやすい

私が考える一番の理由はこれです。

リターンは、上のレベルのテニスなればなるほど、自分からボールを迎えにいかなければなりません。

横に足を開いたスタンスよりも、前後に「揺れ」を作りやすく、前・後ろと体重移動でリズムを作りやすい。

言葉にすると難しいですが、相手の速いサーブにもタイミングを合わせやすくなるのは確かだと思います。

 

■コート外側の足を前に出すと、身体の向きでワイドのコースを塞ぎやすい

ワイドの厳しいサーブに対抗するには、打点を前で取りつつ身体の向きで抑え込む。

その為にはサーバーに対して斜めに、しっかりコースを塞ぐ必要があります。

この向きを作るのにも、前後のスタンスからのリターンは適していると言えるでしょう。

ぜひ、ワイドのサーブに苦戦しているようであれば試してみて下さい。

 

テニスの上達力は、真似する力から。

それは技術的、運動能力的な問題よりは、いかに率直であるかが重要なポイント。

試合で勝てる人ほど、柔軟で色々なことを吸収していく。

勝てない人は、いつまでも自分のこだわりを払拭できない。

アナタは、どちらですか?

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 【先着申込開始します】2月11日(金/祝) @東京都西葛西 現役男子プロ特別レ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう

    リターンでミスが多い、ネットやアウトが多い方は、伸び上がっているケース…

  2. テニス ストローク

    リターン

    キックするサーブを、抑えるリターンのコツ5つ

    スピンサーブがバウンドして、キックして飛んで来る。こんなサーブ…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスのリターン、男性は女性サーブこそコンパクトに振っていかないと

    ミックスダブルスで、もったいないポイント。それは、男性が女性サ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  6. リターン

    相手に差を見せる、ことがリターンゲームでは大事

    差を作って、相手に意識させること。これが、リターンゲームでは…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  2. サーブ

    スネをラケットで打ったなら、それは「変えろ」のサイン
  3. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良く…
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い
  5. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう…
PAGE TOP