テニス ストローク

リターン

リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多くに共通している点で注目すべき点は、スタンス。

相手が打つ前までは両足を前後に開くようにして斜めに構えて、トスアップと同時にスプリットステップで肩幅のスタンスに戻す。

この形を採用している選手が多いのには、どんな理由があるのでしょうか?

 

リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

 


 

■まずは真似してみるところから始めて、何かを感じてみる

まずは何も考えないで、動画を観ながらやってみましょう。

漠然としたイメージを持っているままでOK。

そこでアナタ自身が、何を感じるかが大切です。

普通のスプリットステップと、どんな違いや感触があるのか・・・を、一度練習で試してみましょう。

 

■前に行く意識を持ってリズムを取りやすい

私が考える一番の理由はこれです。

リターンは、上のレベルのテニスなればなるほど、自分からボールを迎えにいかなければなりません。

横に足を開いたスタンスよりも、前後に「揺れ」を作りやすく、前・後ろと体重移動でリズムを作りやすい。

言葉にすると難しいですが、相手の速いサーブにもタイミングを合わせやすくなるのは確かだと思います。

 

■コート外側の足を前に出すと、身体の向きでワイドのコースを塞ぎやすい

ワイドの厳しいサーブに対抗するには、打点を前で取りつつ身体の向きで抑え込む。

その為にはサーバーに対して斜めに、しっかりコースを塞ぐ必要があります。

この向きを作るのにも、前後のスタンスからのリターンは適していると言えるでしょう。

ぜひ、ワイドのサーブに苦戦しているようであれば試してみて下さい。

 

テニスの上達力は、真似する力から。

それは技術的、運動能力的な問題よりは、いかに率直であるかが重要なポイント。

試合で勝てる人ほど、柔軟で色々なことを吸収していく。

勝てない人は、いつまでも自分のこだわりを払拭できない。

アナタは、どちらですか?

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!

    リターンミスの、一番の要因。私は、一般や学生さんのレベルだと「…

  3. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになっている可能性大

    試合において、リターンは重要。これが入らないと、ラリーに持ち込…

  4. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ

    試合で気になるのは、自分のサーブの調子。でも、それだけじゃな…

  5. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

  6. リターン

    サーブが強力な相手、にダブルスの試合で対抗する戦術について

    サーブが強力な相手と、ダブルスで戦う。これって本当に厄介ですよ…

特集記事

  1. テニス トレーニング

    日々の雑記

    小さな積み重ねを、必ず陰から見ている人はいる
  2. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    自分でコントロール出来ていないファーストサーブ、入ってもポイントにつなげられます…
  4. メンタル

    「チャンスボールを打つときに、カッコつけてスカしている」選手は、大事なポイントで…
  5. 戦術

    先を読むのは難しくない、行動することが難しい
PAGE TOP