テニス ストローク

リターン

リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多くに共通している点で注目すべき点は、スタンス。

相手が打つ前までは両足を前後に開くようにして斜めに構えて、トスアップと同時にスプリットステップで肩幅のスタンスに戻す。

この形を採用している選手が多いのには、どんな理由があるのでしょうか?

 

リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

 


 

■まずは真似してみるところから始めて、何かを感じてみる

まずは何も考えないで、動画を観ながらやってみましょう。

漠然としたイメージを持っているままでOK。

そこでアナタ自身が、何を感じるかが大切です。

普通のスプリットステップと、どんな違いや感触があるのか・・・を、一度練習で試してみましょう。

 

■前に行く意識を持ってリズムを取りやすい

私が考える一番の理由はこれです。

リターンは、上のレベルのテニスなればなるほど、自分からボールを迎えにいかなければなりません。

横に足を開いたスタンスよりも、前後に「揺れ」を作りやすく、前・後ろと体重移動でリズムを作りやすい。

言葉にすると難しいですが、相手の速いサーブにもタイミングを合わせやすくなるのは確かだと思います。

 

■コート外側の足を前に出すと、身体の向きでワイドのコースを塞ぎやすい

ワイドの厳しいサーブに対抗するには、打点を前で取りつつ身体の向きで抑え込む。

その為にはサーバーに対して斜めに、しっかりコースを塞ぐ必要があります。

この向きを作るのにも、前後のスタンスからのリターンは適していると言えるでしょう。

ぜひ、ワイドのサーブに苦戦しているようであれば試してみて下さい。

 

テニスの上達力は、真似する力から。

それは技術的、運動能力的な問題よりは、いかに率直であるかが重要なポイント。

試合で勝てる人ほど、柔軟で色々なことを吸収していく。

勝てない人は、いつまでも自分のこだわりを払拭できない。

アナタは、どちらですか?

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ミス

    リターン

    高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?

    相手のサーブがめちゃめちゃ速い。こういう時に、意識したいことっ…

  2. リターン

    「浅いセカンドサーブは、思い切ってドロップショットでリターン」が実践出来ると試合で効果的!

    リターンを工夫出来ると、試合の中での攻撃の幅はグッと広がる。そ…

  3. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  4. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  5. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  6. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い
  2. テニス チャンス

    戦術

    試合中の自分のリードは、守るんじゃなくて投資に使う
  3. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?
  4. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点
  5. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?
PAGE TOP