戦術

テニスの試合、ブーストポイントを作ろう!

試合の中で、「どうしても流れを変えたい…」という場面、ありますよね。

例えば0-3くらいでダウン、厳しいスタートになった時に。

ここ一番という時に、気合いだけではどうしようもないですよね。

自分の中で冷静に、ブーストポイントのようなモノを作ってみましょう。

試合前から劣勢になったらどうするか、イメージを湧かせてから試合に入ると落ち着いて対応できると思います。

ただ1セットマッチだと3ゲーム差くらいが本当に分かれ目、だと思います。

何かきっかけを作るなら3ゲーム差ついたタイミングがベストでしょう!

きっと実力差は、そこまで無い

0-3ダウンでチェンジコート、きっと厳しい場面ですよね。

でも、みなさんもご自身の試合を思い返してみてください。

年間で数試合を除けば、そんなに実力差がハッキリしてる対戦って少ないと思います。

どうしようも無くポイントも取れないような試合もありますが、ある程度ポイントは取ってるのにノーアドを落として0-3になるような試合も多いはず。

そこで、何をするか?です。

自分の中で整理出来ていれば、きっと試合の現場でも冷静に出せるはず。

テニスには、「サービスゲーム」か「リターンゲーム」しかありません。

この2つのパターンの中で、「ブーストポイント」を作るにはどうすれば良いのか?

言葉でイメージが湧かなければ、「チャレンジポイント」「勇気ポイント」など何でも良いです、自分に馴染みのある言葉で設定しておきましょう。

やると決めたら、迷いは不要。

あくまで私の場合ですが、こんな感じです。

サービスゲームなら「ダブルファースト」

え?と思う方もいると思いますが、正確には1.5サーブを2回打ちます。

セカンドサーブを入れにいくようなことだけは、もうしない。

ダブっても良いから、少しでも相手にプレッシャーをかける。

相手リターンを少し弱らせて、次のボールも積極的に展開する。

そう、「強打する」のではなく「展開する」というイメージです。

手がリードしている中で、普通に何となく進めても0-4のスコアになるだけ。

ですから、サーブから積極的にプレーするように意識を大きく変えます。

セカンドサーブもある程度強く打つ、そういうプレーを自分の中でハッキリやる。

これだけで、相手は結構怯んでくれて流れが来るようなことも経験してきました。

サービスゲームでは、こんな感じですかね。

リターンゲームこそチャンス!

正直、リターンゲームで0-3の場面ってかなり厳しいですよね。

もう2ブレイクダウン、ですから。

でも、そういう時こそ相手には隙が生まれやすい。

それに私たちアマチュアはプロ選手ほどサービスゲームのキープ率は高くない、チャンスはあります。

そこでどうするのか?ですが、ダブルスでしたら私は1つ作戦を決めています。

それは、「ストレートアタック&リターンダッシュ」です。

無謀に聞こえるかも知れませんが、相手の前衛にリターンをぶつけて、そのまま前に出てボレー戦に持ち込むようなイメージ。

味方のパートナーにはしっかり作戦を伝えておき、あとは勇気を持ってやるだけ。

ストレートリターンだけでもかなり勇気要りますが、そのまま前に出る…なんてどうでしょう?

相手がきっちり対応してきたら、当然苦しいです。

でも、3-0リードのサーブ側の前衛って、どこか休憩モードだったりしますから。

そこを一気に攻めて、前でプレッシャーをかけて、相手のリズムを崩したい。

こういう考えがあるので、今まで実行してきました。

そしてこれが結構効くんですよ、相手のメンタルも削れます。

3ゲーム差を1セットの中で追いつくなら、ただポイントを重ねていくだけでは厳しい。

1ポイント以上のダメージを相手に与えるような、ブーストポイントが必要!

ぜひ皆さんも、試合の中で試してみてください。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. 【学生限定 先着順!】1,000円で3試合できる T-PRESS CUP 202…
  5. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…

関連記事

  1. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる

    私がテニスの大会のレフェリーをしていた頃、に感じたこと。一般の…

  2. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう

    テニスの試合に、強くなっていくということ。それは、実際にはこう…

  3. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

  4. 戦術

    本当に強い人との試合で、気付くこと

    最近、ご縁があって私自身もテニスの輪が広がっています。その中…

  5. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある

    ショットをミスして、「しまった・・・」と。でも、ちょっと待って…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニス選手であるなら、「必ずしもスペシャリストである必要は無い」と私は思う

    テニス選手として、自分のテニスを考えるとき。みなさんは、「自分…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
PAGE TOP