テニス ダブルス

ダブルス

手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?

ダブルスの試合で、みなさんがぶち当たる壁。

それは、手堅い並行陣であることは間違いありません。

ベテランペア、シニアペアで、サービスライン付近で徹底して粘って返球してくるような相手、にどうするのか。

強く打つ、沈めるだけなら、相手の思うツボ、ですよ。

 

手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?

 


 

1.ストロークで打ち抜けるのは、学生トップレベルだけ

私が今まで見てきた感じだと、こうですね。

手堅い並行陣のペアを、ストロークで打ち抜けるのは本当にトップレベルの学生、だけでしょう。

ストロークに相当自信があって、スウィングスピードも速い、そんな選手ならストロークで勝負しても良い。

でも、私たちのような社会人プレイヤーからすると、後ろから強打していくことが得策とは思えない。

相手が並行陣、ストロークで勝負していくのは危険なんです。

あくまで、沈めるボールもセンターへの突き球も、見せ球。

後ろから前へ、というポジションチェンジが私たちにも必要です。

 

2.例えばリターンゲームは・・・どう戦う?

しっかり、考えておきましょう。

相手が並行陣、サーブ&ボレーで前に出て来る。

その時に、アナタ自身はリターンした後、どうしましょう?

そのまま、ベースラインに留まってプレーしますか?

それで未来がある、ポイントが取れるなら良いでしょう。

でも、私ならもう、リターンを沈めて前に出る。

沈まなくても、前に出て4人でボレー戦、に持ち込んでいく。

この方が、勝てる可能性が高いですから。

手堅い並行陣には、ある程度リスクを冒して前で勝負する必要がある、のがダブルスの試合です。

 

3.手堅い相手には、1対1で勝負しない

出来るだけ、こちらが多い2対1、を作ること。

これは、ダブルスの基本です。

相手の1人を、こちらは2人で狙う。

足下に打ったら、パートナーが次のボールでポーチに出て決める。

こういう動き、をしっかり行っていくことが、勝利への最善策。

手堅い相手は、ミスが少ないですから。

ボレーで粘るのも、お手の物でしょう。

だからこそ、1対1のラリーでは分が悪い。

2対1、狙いをしっかり定めていくこと、が大事です。

 

4.対ネットプレイヤー、に目を慣らしておくことも大事

試合で、相手が並行陣で来る。

普段の練習で、みなさん並行陣相手にプレー、出来てますか?

これは、学生のみなさんだと怪しいポイントじゃないでしょうか?

ストローク中心の雁行陣だけの練習だと、試合で面食らってなかなか良いプレーが出来ない。

相手がネットにいる、それだけでプレッシャーになってしまいますからね。

ネットプレイヤー、ボレーヤーに対して、打っていくことが特別なことにならないように。

普段から、しっかり対並行陣、対ネットプレイヤーを意識して、目を慣らしておきましょう。

 

並行陣でしっかりプレーされると、ダブルスは厳しい。

特に、こちらがベースライン付近でプレーが続くとき、ですね。

前で勝負する、それも出来るだけ2対1の状況を作ること。

焦らず、でもしっかり意図を持って工夫して戦いましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 前衛

    ダブルス

    粋な前衛は、ファインプレーをファインプレーに見せない

    ダブルスが上手い人は、組んでいて何だか楽しい。頼もしいし、自分…

  3. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

    「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」「強くな…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て攻撃していこう!

    ストロークが得意な選手がペアを組んだり、相手のサーブが強力なときには、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスにおけるフットワークの基本中の基本、「ボールに近い側の足から反応させる」こ…
  2. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策
  3. テニス 武器

    戦術

    自分自身を知れば、本格派テニス選手以外の道も見えてくる
  4. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
  5. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?
PAGE TOP