テニス ポーチ

フットワーク

相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

テニスでは、自分が打ったら次は相手。

つまり、自分が2回連続でボールを打つことは出来ない、というルールになっています。

でも、自分が打ったボールに対して、次に打つまでに動くことは出来る。

この時間を使って、相手を揺さぶるフェイント、有効ですよね。

みなさん、どのタイミングで相手を惑わすような仮の動き、を入れてますか?

相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう

1.例えば、リターンをストレートに誘ってみるときは・・・?

どうでしょう?

相手がリターン、味方がサーブでアナタは前衛にいる。

このときに、ポーチに出るフリをして、実は戻ってストレートに呼びこむ。

これが出来ると、サーバーを助けることも出来て良いですよね。

このフェイント、実際にどのタイミングで入れるのが効果的でしょう?

味方がサーブを打った後・・・?

本当にそうだと思いますか?

2.実はそれだと、全然遅い

私は、遅いと思います。

味方のパートナーがサーブを打った後に、一度ポーチに出るフリをして戻る。

実は、それほど動けません、時間的に。

だから、動ける幅が少ないから、フェイントとしても効果が薄い。

相手リターンの選手も、そんなにポーチに出てくるようなプレッシャー、になり得ないんですよね。

それ以上に動こうとすると、今度は戻るのが間に合わない。

どうでしょう、きっとこんな感じのシーンって、みなさんも経験あるんじゃないですか?

大事なのは、「大胆に早めに動く」ことです。

3.私だったら、味方のパートナーがボールを下に突いている時に動く

少し、挑発の意味も兼ねて。

味方のサーバーがボールを下に突いている、まだ準備段階のときからネットに近付きます。

センターストラップあたりまで動いて、戻る。

実際に、トスアップしてからも上半身を揺らして、相手リターンの選手に主張していく。

実際にサーブを打った音が聞こえたら、後は戻るだけ。

これだけやれば、かなりの確率でストレートに飛んで来ますから。

後は待ちかまえて、仕留めるだけ。

つまり、フェイントって味方が打つ前、くらいで良いんですよ、前衛の時には。

打ってからは、戻るという動作に専念する。

そうすることで、相手はすごくプレッシャーに感じると思いますよ。

4.自分はそんなに、速く機敏には動けない

ことを自覚しましょう。

レベルも上がって来ると、ラリーのスピードも上がって来ます。

ですから、簡単に動いて戻る、というのが難しくなる。

一歩間違えば、相手も前に詰めて来て時間を短縮される、可能性があるのがテニスですからね。

フェイント、つまりは相手を誘う仮の動きは、出来るだけ先に終えておきましょう。

相手に印象付け、が終わればそれで充分。

フェイントを入れて、戻って仕留めて・・・を、一瞬でやろうとするのは難しいですよ。

きっと自分を苦しめるだけ、です。

ダブルスの前衛では、ぜひ持っておきたいスタンス。

フェイントを入れて、なるべく自分の方にボールを誘う。

だって、アナタ自身は前衛、ですからね。

待っているだけじゃなく、しっかり呼び込んで勝利に貢献する。

そんな前衛のプレーに、フェイントは欠かせない技術です。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス スライス

    フットワーク

    身体を内側に向けることが出来ないと、テニスで必要な視野は身に付かない

    「上手い人って、何であんなにコート全体が見えてるんだろう?」って、思い…

  2. テニス メンタル
  3. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

    テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。…

  4. テニス ストローク
  5. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ

    左右に走らされた時に、どう対応するのか。これこそ、試合に出る…

  6. フットワーク

    反応が遅れる人が、注意したいポイント

    今回の浅見選手の練習の中で、印象深かったポイント。自分が打っ…

特集記事

  1. テニス コート

    練習メニュー

    テニス部で団体戦に挑む為に、「直前の1ヶ月間」はどんな練習が効果的?
  2. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性
  3. フットワーク

    苦しい態勢な時こそ、顔を残そう
  4. リターン

    ベテランプレイヤーに多い、アンダースピンサーブを侮ってはいけない
  5. フットワーク

    浅いと思ったら深い、深いと思ったら浅い
PAGE TOP