テニス 練習

フットワーク

ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

存在感のある前衛がいると、相手としてはそれだけで嫌・・・ですね。

ダブルスなのに、3人くらいいるんじゃないかと思う。

それくらい前でプレーに絡めて、プレッシャーを与えることが出来るプレー、アナタは試合で実践出来ているでしょうか?

私が観るに、まだまだほとんどの方は前衛として相手のプレッシャーには成り得ていない。

もちろん、ポーチに出る!ようなプレーは大事、です。

でももっと大事なのは、その出た後、どうやって貯金を活かしていくのか。

ボールに触らなくたって、得点出来るのがテニスですからね。

 

ダブルスの試合で有効な前衛の動きは、「本当にポーチ出る!」と思わせるフェイント

 

1.まずは早めに、一発ポーチに出よう!

ダブルスの試合、早めにとにかく一回出ましょう!

それもハッキリ、相手にばれてもOK。

試合の序盤であれば、ストレートに打たれて抜かれても、怖く無いですよね。

むしろ、これで相手にしっかり「警戒された」と思って良い。

ハッキリ動いて、相手に「動ける前衛である」ことをアピールする。

これは、レベルに限らず必要なことですし、相手は嫌ですよ。

試合の序盤、最初のゲームで2回はポーチに出たい。

そしてその次からは、新しい武器「フェイント」で相手を揺さぶっていきましょう!

 

2.効果的なフェイントって、どんな動き・・・?

フェイント=相手を惑わすフェイク、ですね。

偽のプレーですが、そこにリアリティが無いと試合では効かない。

特に試合慣れしている相手なら、多少のフェイントは慣れているし、折り込み済。

だからこそ、「本当にポーチに出て来る感」が無いと、フェイントとばれてしまう。

「あ、この選手はフェイントをよく使うな」と思ったら、気にしないでクロスに踏み込んでリターン、ストローク、が飛んでくる、全くプレッシャーになりません。

では、リアリティがあるフェイントとは何でしょう?

それは、思いっきりセンターストラップ近くに近付く、その後に戻るフェイント。

結構リスキーに見えるかも知れませんが、それくらいでちょうど良いのがダブルスです。

 

3.かなり早めに動いても、問題無い

私は、かなり早く動きます。

自分の横をボールが通過したら、すぐにセンターストラップに近付く。

相手が触る瞬間、0.5秒くらい前にストレート側に少しだけ戻る。

これくらいで、実は有効なフェイントになるんです。

「え?それって、戻り切れてないんじゃ・・・」と思う方も多いと思います。

実際に、ナイスなダウンザラインのストレート、を打たれたら抜かれるでしょう。

でも、そこまでカバーするなんて無理。

そもそも、フェイントを入れなくても取れない可能性が高い、そんなショットは捨てる。

目的は、相手のストレートアタックでネットやアウトのミスを誘うこと。

多少のリスクは覚悟の上、です。

相手は前衛である自分を気にして集中力を分散してもらう、前衛の自分対相手の後衛、という構図を作ることが第一です。

この勇気・・・ありますか?

 

4.フェイントを恥ずかしい、と思うのは損ですよ

こういう話をすると、「誘うようなプレーは、挑発的だし苦手で・・・」という方がたくさんいます。

非常に、日本人らしい感覚、だと思います。

ですが・・・これって、すごく損。

テニス以外のスポーツでも、フェイントを使う競技はすごく多いし、ある意味自分を守る、必要な戦術なんです。

ダブルスのポーチは、貯金を活かしてフェイントを入れていく。

それも、リアリティを入れてしっかり早めに動いていく。

イメージしてみて下さいよ。

そんな相手、試合したいと思いますか・・・?

ちょっと「嫌な人」になるくらいの勇気、がテニス選手には必要なんです。

 

フェイントのリアリティが無い人は、すぐにばれます。

やっぱり、ストレートケアに戻るのが速い、怖いんですよね。

リスクを冒して、「相手の邪魔をする、嫌らしいプレーをする」ことに、どんどん積極的になって欲しい。

こういう駆け引きこそ、テニスの試合の醍醐味ですからね。

ぜひ、意識して練習、実践してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がります!

    サッカーのゴールキーパー、野球の内野手・・・に共通するのは、「高い守備…

  2. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる

    テニスが強くなるには攻撃力を上げないといけないんだけど、それ以上にディ…

  3. テニス 戦術

    フットワーク

    テニスの試合で、意外と「遅いボールの返球が難しい」理由5つ

    テニスの試合で、難しいこと・・・と言えば、まずコレでしょう!練…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスは、「動いているボールに対して合わせていく競技」という認識を、改めて持とう!

    色々なスポーツがある中で、テニスの難しさは何か?それは、「動い…

  5. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで

    打った後の構え直し。私は、ここにテニスの実力差って大きく出ると…

  6. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本…
  2. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?
  5. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる
PAGE TOP