テニス ストローク

リターン

テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、期待してしまうこと、ありませんか?

「無い!」と言った方、きっと素晴らしいリターンを持っていて、試合も負けたことが無い方なんじゃないでしょうか。

なかなか、そんな人はいないと思います。

ダブルフォルトは期待したいけど、あまりマナー違反な動きや挑発するような行為をしては反則になります。

今回はあくまでフェアに、「心理的な揺さぶり」を考えてみましょう。

 

テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

 


 

■サーバー側の心理になって考えてみる

初中級者の方、まだテニスの試合に出始めて間もない方は、サーブに不安を抱えている方が多い。

特にセカンドサーブは、しっかり回転をかけて振り切りたいけど、どこか置きにいくような感じになってしまいますよね。

大抵、こういう場合は上半身で調整して「入れに」くケースがほとんど。

メンタル的にもきついですし、手加減次第でダブルフォルトになってしまう要素が満載です。

 

■眼の付け所は、ファーストサーブでどんなフォルトをしたのか

ファーストサーブをどういうフォルトをしているのか、しっかり観察しましょう。

ネットしているのか、オーバーしているのかの2つで分けられますよね。

このフォルトの原因を、セカンドサーブでは調整したいと考えるのが人間の心理。

オーバーフォルトしていれば、「短く打たないと・・・」と考えますし、逆にネットにかかっているときには「大きく長く、打たないと・・・」と、頭の中で考えているはずです。

今回、突いていきたいポイントはそこです!

 

■眼の錯覚を使ってサーバーである相手を惑わす

ファーストサーブをオーバーしたので、「少し短く打つように調整しよう・・・」とサーバーが考えているのであれば、アナタのリターンのポジションを前に取るべきです。

そうすると相手は、「あれっ?こんなにリターンが近い場所にいるなら、もっと短く打たないと入らないかも・・・」という不安にかられます。

逆にネットしてセカンドサーブになった相手には、リターンの位置を下がって距離を取るのも手です。

「大きく長く打たないと・・・あれ?リターンがあんなに遠く見える、これはかなり大きく打たないと・・・」という心理になるかも知れません。

こうやってリターンの位置を変えるだけで、特にサーブが苦手な人にはかなり効果的な揺さぶりになるはずです。

 

上記で紹介したパターン、逆も実は効果的だったりします。

とにかくファーストサーブのフォルトを「どんなフォルトになっているのか?」をしっかり観察して、セカンドサーブで揺さぶりをかけると効果的です。

ただ単純に、リターンが前にいるだけでサーブが打ち辛い!という相手もいるでしょう。

今回はリターンの立場で考えてみましたが、アナタがサーブのときはどうですか?

相手の揺さぶりに、負けないように・・・。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンのときにまず考えるべきこと」は、浅いサーブに備えることです

    リターンに苦手意識を持っている方。普段どういう感じでのリターン…

  3. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  4. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  5. リターン

    リターンからの攻撃力を、今すぐアップする方法

    リターンの攻撃力アップ、これは試合の結果に直結します。前に入る…

  6. テニス 準備

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番…
  2. テニス 観客

    メンタル

    団体戦で上位を目指したいなら、「準決勝以上の試合の雰囲気」を常にイメージして準備…
  3. テニス 読書

    テニス知識

    T-PRESS筆者が選ぶ「テニスの成長に大事な考え方」を学べる名著5選
  4. ストローク

    「フォアハンドストロークに悩み始めたら、一人前」だからこそ、身体全体を使った打ち…
  5. ストローク

    現代のテニス、ストロークに必要な「壁を作ってコンパクトに振り抜く」フォームを確認…
PAGE TOP