テニス ストローク

リターン

テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、期待してしまうこと、ありませんか?

「無い!」と言った方、きっと素晴らしいリターンを持っていて、試合も負けたことが無い方なんじゃないでしょうか。

なかなか、そんな人はいないと思います。

ダブルフォルトは期待したいけど、あまりマナー違反な動きや挑発するような行為をしては反則になります。

今回はあくまでフェアに、「心理的な揺さぶり」を考えてみましょう。

 

テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

 


 

■サーバー側の心理になって考えてみる

初中級者の方、まだテニスの試合に出始めて間もない方は、サーブに不安を抱えている方が多い。

特にセカンドサーブは、しっかり回転をかけて振り切りたいけど、どこか置きにいくような感じになってしまいますよね。

大抵、こういう場合は上半身で調整して「入れに」くケースがほとんど。

メンタル的にもきついですし、手加減次第でダブルフォルトになってしまう要素が満載です。

 

■眼の付け所は、ファーストサーブでどんなフォルトをしたのか

ファーストサーブをどういうフォルトをしているのか、しっかり観察しましょう。

ネットしているのか、オーバーしているのかの2つで分けられますよね。

このフォルトの原因を、セカンドサーブでは調整したいと考えるのが人間の心理。

オーバーフォルトしていれば、「短く打たないと・・・」と考えますし、逆にネットにかかっているときには「大きく長く、打たないと・・・」と、頭の中で考えているはずです。

今回、突いていきたいポイントはそこです!

 

■眼の錯覚を使ってサーバーである相手を惑わす

ファーストサーブをオーバーしたので、「少し短く打つように調整しよう・・・」とサーバーが考えているのであれば、アナタのリターンのポジションを前に取るべきです。

そうすると相手は、「あれっ?こんなにリターンが近い場所にいるなら、もっと短く打たないと入らないかも・・・」という不安にかられます。

逆にネットしてセカンドサーブになった相手には、リターンの位置を下がって距離を取るのも手です。

「大きく長く打たないと・・・あれ?リターンがあんなに遠く見える、これはかなり大きく打たないと・・・」という心理になるかも知れません。

こうやってリターンの位置を変えるだけで、特にサーブが苦手な人にはかなり効果的な揺さぶりになるはずです。

 

上記で紹介したパターン、逆も実は効果的だったりします。

とにかくファーストサーブのフォルトを「どんなフォルトになっているのか?」をしっかり観察して、セカンドサーブで揺さぶりをかけると効果的です。

ただ単純に、リターンが前にいるだけでサーブが打ち辛い!という相手もいるでしょう。

今回はリターンの立場で考えてみましたが、アナタがサーブのときはどうですか?

相手の揺さぶりに、負けないように・・・。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

    ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。一番…

  2. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブを乱すヒント、を見つけるコツ

    試合で気になるのは、自分のサーブの調子。でも、それだけじゃな…

  3. テニス ボレー

    リターン

    シングルスの試合でのリターン必勝法、コレでいきましょう!

    シングルスの試合、サーブよりリターンを改善したい。もちろんサー…

  4. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  5. テニス スマッシュ

    リターン

    セカンドリターン、という発想がすごく楽にさせてくれる

    試合の中で、リターンが入らないと落ち込んでしまう。まず返したい…

  6. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

特集記事

  1. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
  2. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考え…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  5. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる
PAGE TOP