テニス ボレー

リターン

初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

目次

こういう話、みなさん考えたことありますか?

私は、ずっと考えています。

言い方は悪いですが、自分よりも実力が下の相手には絶対に負けたくないですから。

初中級の方がどういう試合をやる傾向が強いのか、を研究してみると・・・面白いですよ。

例えば、サーブなんてどうでしょうか?

初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説

1.初中級者にとって、サーブは最大の難関

まぁ、苦手な人が多いじゃないですか。

試合で緊張した場面で、サーブを打つ、入れる。

これはすごく難しい・・・から、何を考えているのか、を考えてみると面白い。

入れたい、という気持ちが強いから、コートの端からクロス=ワイド方向に打つ。

ワイド方向がサービスエリアの端、に入りそうな雰囲気があるじゃないですか、テニスは。

距離も長く取れそうに見えますしね。

それから、コートの端から打ちたい、と考えるのも初中級の方の典型的な心理です。

2.味方の足を引っ張りたくない、と考えるから・・・?

コートの端、からダブルスの試合は打つことになる。

サーブを打って、自分はこっち側の半面をしっかり守ること、を最優先に考えますからね。

だからこそ、しっかり端に立った方が自分が安心出来る。

そうなると、もうセンターにはサーブ、入らないと思って良いですよね。

こうなると、リターンはすごく楽。

クロス方向、ワイド方向のサーブだけケアして、しっかり踏み込んで攻撃出来ますから。

初中級者の方との試合は、リターンはこれだけ考えておけば良い。

そう思いませんか?

3.初中級者のあるある、を見つけることを真剣に考える

これって、実は大事なことなんです。

格下相手に確実に勝つ、ことをしっかり考えておけば、試合で勝ち抜ける。

それも、安心安全に。

アナタ自身、強くなっていく過程できっと気付いていることだと思います。

こういうノウハウ、しっかり一度まとめてみると良いと思いますよ。

力を使わないで、「あるあるの法則」を突いて、楽に勝つ。

こういう意識、が出てくればきっと上での戦いに集中出来ますからね。

今回はサーブのコースの話でしたが、まだまだ色々あるでしょう。

4.セカンドサーブは特に狙い目

話をサーブのコースに戻すと、セカンドサーブはもっと狙い目でしょう。

しっかりセンターにセカンドサーブが入る、ような人は本当に上級者のみ。

やっぱり、私でもクロス方向に打ちたくなる。

もっと言えば、あまりコースは考えない、入れば良い・・・という人が多いんじゃないでしょうか?

こういう時には、サーブはワイドに入る、またはボディくらいに来る、と考えてリターンのポジションを合わせてみましょう。

厳しいワイドも、捨てる。

甘いワイドからボディ、へのサーブを予測して回り込んでみると、きっと試合で攻勢に出れると思いますよ。

言われてみれば、これも当たり前の話かも知れません。

でも、あるあるとして整理しておくだけで、かなり試合では楽になると思います。

逆に言えば、アナタ自身は相手に「あるあるな人」だと思われないように。

どこかでしっかりコースを突いたサーブ、を打っていくことも必要でしょう。

初中級者に負けないテニスって、実はこういうノウハウを溜めて置けるかどうか、だと思います。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  3. リターン

    精度の高いストレートリターン、のコツは?

    ダブルスの試合で、勝ち上がりたいなら必要な技術。リターンでス…

  4. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「テニスのシングルスの試合」で有効なリターンからの攻撃パターン4つ

    シングルスの試合では、コートが広い分打てるコースが色々あって選ぶ楽しさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  2. メンタル

    大事な試合に、勝つ時には
  3. テニス メンタル

    戦術

    粘りが身上のシコラープレイヤーでも、試合の最初から最後まで粘っていては結果勝てな…
  4. テニス カープ

    練習メニュー

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性
  5. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない
PAGE TOP