テニス ストローク

サーブ

試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

サーブから崩れること、試合の中で多いはず。

「今日は試合、思ったように力出せなかったな・・・」って言うときって、実はサーブが調子悪いときがほとんどじゃないですか?

逆に調子が良いときには、サーブがリズム良く入って相手に隙を与えていないはず。

だからこそ、サーブは自分で修正していかないといけない。

しかもレベルが上になれば、ただ入れるだけではダメ、置きにいくと叩かれる。

であれば自分が置きにいくときのサーブ、の癖を把握しておくことが大事です。

 

試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

 


 

■置きにいくサーブに、危機感を持てるかどうか?

まずアナタ自身、自分のサーブに対して危機感を持っているかどうか?

置きにいくサーブ、になっているかどうかは、誰も教えてはくれない。

自分で考え、変えていくしかないのです。

だからこそ、自分を客観視して欲しい。

調子が良いとき、から自信を無くして置きにいくときに、何が変わっていくのかは要チェックです。

 

■腰が引ける、身体が開く、膝が曲がらない・・・

私がいつも考えている3つのポイントは、これです。

腰、肩の開き、膝の曲げ具合、がおかしくなっていくと良いサーブは打てない。

アナタ自身はどうですか?

どれか一つ、まずは大きく変わるところから直していきましょう。

直す、というとネガティブな感じですが、きっと調子が良いときは自然に良い形になっているはず。

緊張した場面で変わってしまう、部分は強く意識してサーブを打つだけでも、きっと確率は変わります。

 

■置きにいくサーブを卒業するには、ファーストサーブの確率アップから

シンプルに、ファーストサーブを変えていくことを私はオススメします。

セカンドサーブ、を強力にしたのがファーストサーブ、という意識が試合では大事。

確率が悪い、たまに入るファーストサーブはアナタのサーブでは無い。

しっかり振り切って安定感があるサーブ、3球に2球は確実に入るサーブをファーストサーブとして磨いていきましょう。

セカンドサーブとの差が少ないと、修正もすごく楽です。

 

サーブの修正は、ポイントを絞ってから。

頭が真っ白になる前に、自分のサーブの特徴を見直しましょう。

その為には、調子が悪かった試合の動画もぜひ観ておいてください。

何が崩れて、フォルトはどういう軌道になりやすいのか。

知っているだけ、でアナタは強くなります。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうで…

  2. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ウォーミングアップはサーブ4本のみ」さて、テニスの試合前に何を確認する?

    一般の草トーナメントや学生の大会で、試合前のウォーミングアップで一番多…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスアップは、「身体全体で勢いを付けて上げない」ように

    試合が始まる前、まずチェックするのは相手のサーブ。練習から、ま…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの評価、概念から変えていこう

    サーブの調子が、良かったり悪かったり。色々あると思いますが、こ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

    サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか?…

特集記事

  1. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  2. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要
  3. テニス ラケット

    メンタル

    「ピンチの時こそ、アグレッシブに」を、試合の基本方針に
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ…
  5. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている
PAGE TOP