テニス ストローク

サーブ

試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

サーブから崩れること、試合の中で多いはず。

「今日は試合、思ったように力出せなかったな・・・」って言うときって、実はサーブが調子悪いときがほとんどじゃないですか?

逆に調子が良いときには、サーブがリズム良く入って相手に隙を与えていないはず。

だからこそ、サーブは自分で修正していかないといけない。

しかもレベルが上になれば、ただ入れるだけではダメ、置きにいくと叩かれる。

であれば自分が置きにいくときのサーブ、の癖を把握しておくことが大事です。

 

試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

 


 

■置きにいくサーブに、危機感を持てるかどうか?

まずアナタ自身、自分のサーブに対して危機感を持っているかどうか?

置きにいくサーブ、になっているかどうかは、誰も教えてはくれない。

自分で考え、変えていくしかないのです。

だからこそ、自分を客観視して欲しい。

調子が良いとき、から自信を無くして置きにいくときに、何が変わっていくのかは要チェックです。

 

■腰が引ける、身体が開く、膝が曲がらない・・・

私がいつも考えている3つのポイントは、これです。

腰、肩の開き、膝の曲げ具合、がおかしくなっていくと良いサーブは打てない。

アナタ自身はどうですか?

どれか一つ、まずは大きく変わるところから直していきましょう。

直す、というとネガティブな感じですが、きっと調子が良いときは自然に良い形になっているはず。

緊張した場面で変わってしまう、部分は強く意識してサーブを打つだけでも、きっと確率は変わります。

 

■置きにいくサーブを卒業するには、ファーストサーブの確率アップから

シンプルに、ファーストサーブを変えていくことを私はオススメします。

セカンドサーブ、を強力にしたのがファーストサーブ、という意識が試合では大事。

確率が悪い、たまに入るファーストサーブはアナタのサーブでは無い。

しっかり振り切って安定感があるサーブ、3球に2球は確実に入るサーブをファーストサーブとして磨いていきましょう。

セカンドサーブとの差が少ないと、修正もすごく楽です。

 

サーブの修正は、ポイントを絞ってから。

頭が真っ白になる前に、自分のサーブの特徴を見直しましょう。

その為には、調子が悪かった試合の動画もぜひ観ておいてください。

何が崩れて、フォルトはどういう軌道になりやすいのか。

知っているだけ、でアナタは強くなります。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  2. テニス サーブ
  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブは安全に、が通用するのは3回戦まで

    セカンドサーブは確率重視。実際に、コースを狙ったりするのは難し…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスで…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割
  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい
  3. ストローク

    テニスの試合で、「スライス回転がしっかりかかったボレー」を返球する為に、必要なス…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    知っておけば強くなる、スピンサーブの基本5つ
  5. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
PAGE TOP